Windws7 USBメモリの使用容量と空き容量を確認する

この記事では、Windows7のパソコンで、USBメモリの使用容量と空き容量を確認する方法を案内しております。

 こんな方におすすめ!
・USBメモリの空き容量と使用容量をどこから確認すればいいのかわからない

対象OSWindows7

操作手順

さっそく「Windows7 USBメモリの使用容量と空き容量を確認する」の操作手順に入りたいと思います。

USBメモリの使用容量と空き容量を調べるには「エクスプローラー」か確認する事が出来ます。

・タスクバーにある「エクスプローラー」を左クリック。

※エクスプローラーのアイコンが見当たらない場合は、どれでもいいのでフォルダーを開いてください。

タスクバーにある「エクスプローラー」を左クリック。

 

・「コンピューター」の中にある「リムーバブルディスク」を左クリックし、背景が青く反転された事を確認します。

※「リムーバブルディスク」の名前は環境によっては「USBメモリ」や「プライベート用」など名前が違う場合があります。

「コンピューター」の中にある「リムーバルディスク」を左クリックし、背景が青く反転された事を確認します。

 

「①リムーバブルディスク」を右クリック「②プロパティ」を左クリック。

「①リムーバルディスク」を右クリック→「②プロパティ」を左クリック。

 

・USBメモリのプロパティの画面になり、ここから「使用領域」と「空き領域」を確認する事が出来ます。

USBメモリのプロパティの画面になり、ここから「使用領域」と「空き領域」を確認する事が出来ます。

 

・ここで紹介しているUSBメモリは、フォーマットをしておりデータは入れていないのですが、使用領域が44.5MBとなっています。

ここで紹介しているUSBメモリは、フォーマットをしておりデータは入れていないのですが、使用領域が44.5MBとなっています。

なぜデータは保存されていないのに、44.5MBを使用しているかというと、「ファイルシステム」があるからです。

USBメモリは、箱みたいに区切られており、データはそこに保存されます。ファイルシステムは、それぞれの箱の中にどのようなデータがあるのか管理しており、USBメモリ問わず、記憶装置(HDD・SSD)には必ず必要となってきます。

以上の事からデータが無いのに使用領域が使用されているのは、このファイルシステム分の容量が加算されているからです。

ファイルシステムの詳細について知りたい方は、下記を参照してください。

 

・ちなみに「容量」とはUSBメモリに保存できる最大容量を意味します。

ちなみに「容量」とはUSBメモリに保存できる最大容量を意味します。

関連記事

「アロケーションユニットサイズの意味を深く理解する」

「MFTとは?Master File Table(マスターファイルテーブル)」

「MBR形式とGPT形式の違い(パーティション)」

 

「Windws10 USBメモリの使用容量と空き容量を確認する」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日になりますように^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows7 USBメモリの正しい取り外し方前のページ

Windows7 USBメモリをフォーマットをして使用できるようにする次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する

    この記事では以下の3つの事を案内しております。 Window…

  2. USBメモリー

    Windows7 USBメモリの正しい取り外し方

    この記事ではWindows7のパソコンで、USBメモリが壊れないように…

  3. Windows7

    Windows7 パソコンのスペック(基本情報)の確認方法と見方

    ここでは「Windows7 パソコンのスペック(基本情報)の確認方法と…

  4. Windows7

    Windows7 USBメモリをフォーマットをして使用できるようにする

    この記事では、Windows7のパソコンで、USBメモリをフォーマット…

  5. タッチパッド

    Windows タッチパッドを有効・無効に設定する方法

    Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、「①タッチパ…

  6. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 グラフィックボードとディスプレイの確認方法

    windows8/8.1ではグラフィックボード(ビデオカード)およびデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP