Windows11 タスクバーに固定キー機能を表示させる方法

Windows11のPCで、タスクバーに固定キー機能を表示させる方法を案内しています、固定キー機能を使用する場合は、タスクバーに表示させておき有効にすると、押したキーが黒く塗りつぶされて状態を把握できるので便利です。

 以下の方が対象
・タスクバーに固定キー機能を表示させてパッと見て状態を確認したい
・固定キー機能が有効なのか無効なのかすぐに確認したい

対象OSWindows11

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、内容が変更されることがありますがその際はご了承ください。

操作の案内の前に伝えておきたい事

初期設定では、Shiftキーを5回連続で押すと、固定キー機能がタスクバーに表示されていますが、Windows Updateなど、何らかしらの原因によって非表示になる事があります。

固定キー機能をタスクバーに表示させる事により、現在、有効になっているのか?または、固定キー機能の、どのキーがロックされているのか?の状態を把握する事が出来ます。

固定キー機能のロックできるキーは、全部で以下の4つがあります。

  1. Shiftキー
  2. Ctrlキー
  3. Windowsロゴキー
  4. Altキー

固定キー機能のロックできるキーは全部で4つあります。Shiftキー、Ctrlキー、Windowsロゴキー、Altキー

そしてロックしたキーは黒く塗りつぶされ、タスクバーに表示させる事が出来ます。

Shiftキーの場合
Shiftキーの場合

Ctrlキーの場合
Ctrlキーの場合

ここではこのように、固定キー機能をタスクバーに表示させる方法を案内して行きます。

Windows11 タスクバーに固定キー機能を表示させる方法

では操作手順に入りたいと思います。

始めにタスクバー上に固定キー機能があるかどうか確認して、見当たらないのであれば「設定」の方から操作を行っていきます。

1.タスクバー上に固定キー機能があるか確認
2.設定から行う

1.タスクバー上に固定キー機能があるか確認

まず初めに、タスクバーの右下にある「通知領域」に固定キー機能がないか確認します。

キーボードの「Shift」を5回連続して固定キー機能を有効にします。

❶キーボードの「Shift」を5回連続して固定キー機能を有効にします。

 

固定キー機能が有効になると、画面右下の通知領域に「固定キー機能」が表示されます。

➋固定キー機能が有効になると、画面右下の通知領域に「固定キー機能」が表示されます。

 

固定キー機能が見当たらない場合は、有効になっている状態で、上向きの「↑」をクリックして中にないか確認してみてください。

❸固定キー機能が見当たらない場合は、有効になっている状態で、上向きの「↑」をクリックして中にないか確認してみてください。

 

タスクバー上に表示させたい場合は、有効になっている状態で、左クリック長押しで掴みタスクバー上でマウスから手を放します。

❹タスクバー上に表示させたい場合は、有効になっている状態で、左クリック長押しで掴みタスクバー上でマウスから手を放します。

 

タスクバー上に「固定キー機能」を表示させることができました。

❺タスクバー上に「固定キー機能」を表示させることができました。

 

2.設定から行う

タスクバー上に「固定キー機能」がない場合は、「設定」から操作を行っていきます。

タスクバーにある「①スタート」ボタンをクリック「②設定」アイコンをクリックします。

❶タスクバーにある「①スタート」ボタンをクリック→「②設定」アイコンをクリックします。

設定のアイコンが無い場合
「①スタート」ボタンを右クリック「②設定」を左クリックします。

 

左の項目にある「アクセシビリティ」をクリックします。

➋左の項目にある「アクセシビリティ」をクリックします。

 

下にスクロールしていき「キーボード」をクリックします。

❸下にスクロールしていき「キーボード」をクリックします。

 

右側にある「固定キー機能」の「ボタン」をクリックして、「オフ」から「オン」に切り替えます。

❹右側にある「固定キー機能」の「ボタン」をクリックして、「オフ」から「オン」に切り替えます。

 

オンにしたら次に「固定キー機能」をクリックします。

❺オンにしたら次に「固定キー機能」をクリックします。

 

「タスクバーに固定キー機能のアイコンを表示する」の「ボタン」をクリックし、「オフ」から「オン」に切り替えます。

❻「タスクバーに固定キー機能のアイコンを表示する」の「ボタン」をクリックし、「オフ」から「オン」に切り替えます。

これでタスクバーに「固定キー機能」を表示させることができました。「固定キー機能」が見当たらない場合は無効になっている可能性があるので、Shiftキーを5回連続で押し、有効にして確認してください。

 

冒頭でもお伝えしましたが、この操作を行ってもタスクバー上に見当たらない場合は、上向きの「↑」をクリックしてこの中に無いか確認してください。

❼冒頭でもお伝えしましたが、この操作を行ってもタスクバー上に見当たらない場合は、上向きの「↑」をクリックしてこの中に無いか確認してください。

 

この中にあれば「固定キー機能」のアイコンを左クリック長押しで掴み、タスクバー上でマウスから手を離せば、タスクバーで表示させることができます。

❽この中にあれば「固定キー機能」のアイコンを左クリック長押しで掴み、タスクバー上でマウスから手を離せば、タスクバーで表示させることができます。

以上になります。

 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows11 固定キー機能を解除する・無効化する前のページ

Windows11 タスクバーにある固定キー機能を非表示にする方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 最近使ったもの(ジャンプリスト)を表示させる方法

    Windows10のパソコンで、タスクバーやスタートメニューのアイコン…

  2. USBメモリー

    Windows10 USBメモリやSDカードの自動再生を無効にする方法

    Windows10のパソコンで、USBメモリやSDカードをパソコンに差…

  3. Windows7

    Windows7 スクリーンキーボード(ソフトウェアキーボード)の出し方

    Windows7のパソコンで、スクリーンキーボード(ソフトウェアキーボ…

  4. Windows7

    Windows7 タスクバーにあるアイコンをショートカットキーで起動する

    Windows7のパソコンで、タスクバーに登録してあるアプリケーション…

  5. USBメモリー

    Windows USBメモリの正しい取り外し方

    この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Window…

  6. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 グラフィックボードとディスプレイの確認方法

    windows8/8.1ではグラフィックボード(ビデオカード)およびデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP