MBR形式とGPT形式の違い(パーティション)

この記事は「MBR形式とGPT形式の違い(パーティション)」の案内になります。

 以下の方を対象としています
・MBRとGPTの違いを知りたい
・MBRとGPTどちらを選べばいいのか知りたい

対象OSWindowsXP、Windows Vista、Windows7、Windows8/8.1、Windows10

ディスクの初期化の画面

HDD・SSDを増設したときや、その後に「ディスク管理」の画面を開くと、下記のような画面が出てきて「MBR」と「GPT」どちらかを選ばなければなりません。

これはいわゆる初期化(フォーマット)する前に、パーティションの形式をどうするのか決めないとパソコンがHDD・SSDを認識しないため、このような画面が出てきます。

HDDなどを増設するとMBRとGPTどちらかを選ぶ画面が出てくる

そもそもMBRとGPTとは何なのか簡単に説明していき、MBRとGPTの違いについては最後の方で述べたいと思います。

パーティションについてよくわからない方は、下記の記事を参照してください。

MBR形式とは

MBR形式とは(Master Boot Record)の略で、マスターブートレコードと読みます。

古くからあるパーティション形式で、XP以前のOSでも使用することが可能です。ただし、HDDの容量は2TBまでと上限があります。

GPT形式とは

GPT形式とは(Globally Unique IDentifier Partition Table)の略で、ガイドパーティションテーブルと読みます。

新しいパーティション形式で、Windowsが正式にGPTに対応したのはWindows Vista以降となるので、XPを含め以前のOSでは使用することが出来ません。加えて64bitの環境が必要となってきます。

HDDの容量の上限は、8.5ZBとなります。※1

※1 1ZBは1TBの10億倍なので、85億TBとなります(笑)。宇宙ですね。

MBRとGPTの違い

MBRとGPTの主な違いについては以下になります。

MBR

  1. 2TB以下
  2. 最大4個までパーティションを分けれる
  3. 32bit環境まで
  4. どのマザーボードでも使用可能

 

GPT

  1. 2TB以上(最大8.5ZB) ※1
  2. 最大128個までパーティションを分けれる
  3. 64bit環境が必要
  4. マザーボードがUEFIに対応している必要がある ※2

※1 Windows XP以前のOSでは、2TBを超えるハードディスクは4Kセクタに対応していなければ使用する事が出来ない。

※2 UEFIとは、Intel 6シリーズのマザーボードから導入されたチップセットです。

MBRとGPTどちらを選べばいいのか?

MBRとGPTの違いを踏まえて結局のところどちらを選ぶかになってきますが、上記のMBRとGPTの違いで書いたように、環境によって変わってくるという事になります。

2TB以上のHDDで4個以上のパーティション(拡張パーティションを含めない)を作成したいのであれば、GPT、それ以外はMBRでいいと思います。

 

「MBR形式とGPT形式の違い(パーティション)」については以上になります。

参考になればよかで~す^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 グラフィックボードとディスプレイの確認方法

    Windows7では現在使用しているグラフィックボード(ビデオカード)…

  2. パソコンパーツ・周辺機器

    メモリーとは?

    メモリーとはRAM(Random Access Memory)の略で日…

  3. HDD・SSD

    Windows7 ハードディスクの容量の確認の仕方

    ・左下にある「スタート」ボタンを左クリック…

  4. USBメモリー

    2017年 USBメモリー特集!おもしろいものやかわいいものなど紹介!

    2017年1月に調べたamazonから販売されている 食品サ…

  5. Windows7

    Windows7 Bluetoothマウスをペアリングで接続し設定をする

    この記事では、Windows7のノートパソコンで、Bluetoothマ…

  6. HDD・SSD

    Windows HDD・SSDの容量の確認の仕方

    Windows HDD(ハードディスク)の容量の確認の仕方については、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP