Windows11 タスクバーに隠れているアイコンを全て表示する方法

Windows11のPCで、タスクバー上にある上向きの矢印の中に隠れているアイコンを全て表示させる方法を案内しています。ここでは以下の3つに分けて説明していきます。「1.タスクバー上で行う方法」「2.設定から行う方法」「3.タスクバー上に表示した不要なアプリについて」。

 以下の方が対象
・タスクバーに隠れているアイコンをデスクトップ上に表示して、アプリの状態をすぐに把握したい

対象OSWindows11

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、内容が変更されることがありますがその際はご了承ください。

スポンサーリンク

操作の案内の前に伝えておきたい事

画面右下にある上向き矢印の中に隠れているアイコンとは、下図のことを言います。上向き「↑」をクリックすると隠れているアプリが表示されます。

画面右下にある上向き矢印の中に隠れているアプリとは、下図のことを言います。上向き「↑」をクリックすると隠れているアプリが表示されます。

そして、この隠れている部分の事を「タスクバーコーナーのオーバフロー」と言います。

隠れているアイコンを全て表示させると、下図のようになります。

アイコンが隠れている状態
Windows11 アプリが隠れている状態

アイコンを表示させた状態
Windows11 アプリを表示させた状態

ここではこのようにタスクバーに隠れているアイコンを全て表示させる方法を案内していきます。

スポンサーリンク

Windows11 タスクバーに隠れているアイコンを全て表示する方法の操作手順

では操作手順に入りたいと思います。

タスクバーに隠れているアイコンを全て表示する方法は、以下の2つがあり、「1.タスクバー上で行う方法」の方が簡単かと思います。

1.タスクバー上で行う方法
2.設定から行う方法
3.タスクバー上に表示した不要なアプリについて

1.タスクバー上で行う方法

上向きの「①↑」をクリック「②アプリ」を左クリック長押しでタスクバー上に持っていきます。

❶上向きの「①↑」をクリック→「②アプリ」を左クリック長押しでタスクバー上に持っていきます。

 

アイコンをタスクバー上に表示することができました。

➋アプリをタスクバー上に表示することができました。

 

この操作を繰り返して、全てのアイコンをタスクバー上に持っていきます。

全てのアイコンをタスクバー上に表示することができたら、上向きの矢印は消えます。

❸この操作を繰り返して、全てのアプリをタスクバー上に持っていきます。 全てのアプリをタスクバー上に表示することができたら、上向きの矢印は消えます。

PC再起動後も設定は維持される?
PCを再起動しても、タスクバーに表示された全てのアイコンは隠れずに表示されます。

 

2.設定から行う方法

タスクバーの「①何もないところ」を右クリック「②タスクバーの設定」を左クリックします。

❶タスクバーの「①何もないところ」を右クリック→「②タスクバーの設定」を左クリックします。

 

下にスクロールしていき「タスクバーコーナーのオーバーフロー」をクリックします。

➋下にスクロールしていき「タスクバーコーナーのオーバーフロー」をクリックします。

 

すると上向き矢印の中に隠れているアプリのアイコンが表示されます。

❸すると上向き矢印の中に隠れているアプリが表示されます。

 

「オフ」になっていると隠れて、「オン」になっているとタスクバー上に表示されるので、「ボタン」をクリックして全てのアプリを「オン」にします。

❹「オフ」になっていると隠れて、「オン」になっているとタスクバー上に表示されるので、「ボタン」をクリックして全てのアプリを「オン」にします。

 

全てのアプリを「オン」にしました。

❺全てのアプリを「オン」にしました。

 

全てのアプリを「オン」にできたら、タスクバーの画面右下にある「通知領域」を確認して、アプリのアイコンが全て表示されているかどうか確認してください。

❻全てのアプリを「オン」にできたら、タスクバーの画面右下にある「通知領域」を確認して、アプリが全て表示されているかどうか確認してください。

PC再起動後も設定は維持される?
PCを再起動しても、タスクバーに表示された全てのアイコンは維持されます。

 

3.タスクバー上に表示した不要なアプリについて

不要なアプリのアイコンがある場合は、「①アプリ」を右クリック「②アイコンを非表示」を左クリックして、非表示にすることができます。

不要なアプリがある場合は、「①アプリ」を右クリック→「②アイコンを非表示」を左クリックして、非表示にすることができます。

ただし、上記の方法はあくまで一例で、アプリによっては各アプリの設定から「表示させない」設定を行う必要があったり、アンインストールする必要があったり、非表示してもPCを再起動すると再度、タスクバーに表示されてしまうこともあります。

わからないアプリはそのままにしておこう
わからないアプリに関しては、最悪な事も考えて、むやみに非表示にしたりアンインストールしたりするのはやめておきましょう。

以上になります。

関連記事

「Windows11 タスクバーの検索、タスクビュー、ウィジェット、チャットを削除する」

「Windows11 タスクバーにある固定キー機能を非表示にする方法」

「Windows11 タスクバーを好みの色に変更する方法」

スポンサーリンク
 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows11 タスクバーにある固定キー機能を非表示にする方法前のページ

Windows11 タスクバーにTeamsのアイコンを追加する方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 コントロールパネルをタスクバーに追加する

    Windows10のパソコンで、コントロールパネルをタスクバーに追加す…

  2. Windows7

    Windows7 タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

    この記事では、Windows7のパソコンでタスクバーを隠す方法と、小さ…

  3. Windows11

    Windows11 サブモニター(ディスプレイ)を縦・横に表示する方法

    Windows11のPCで、サブモニター(ディスプレイ)を縦・横に表示…

  4. Windows10

    Windows10 最近使ったもの(ジャンプリスト)を表示させる方法

    Windows10のパソコンで、タスクバーやスタートメニューのアイコン…

  5. Windows10

    Windows10 タスクバーの通知領域にある時計の曜日を非表示にする

    Windows10のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計の曜日を…

  6. Windows7

    Windows7 タスクバーにあるアイコンをショートカットキーで起動する

    Windows7のパソコンで、タスクバーに登録してあるアプリケーション…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

カテゴリー

PAGE TOP