Windows11 タスクバーにTeamsのアイコンを追加する方法

Windows11のPCで、タスクバーにTeamsのアイコンを追加させる方法を案内しています。Teamsのアイコンは「タスクバー」と画面右下にある「通知領域」の2つの場所に追加する事が出来ます。詳細については記事内で説明していきます。

 以下の方を対象としております
・Teamsのアプリをよく使用するのでタスクバーに追加したい

対象OSWindows11

※Windows Updateの最新の更新プログラムにより内容が変更する事がありますが、その際はご了承ください。

スポンサーリンク

操作案内の前に伝えておきたいこと

タスクバーにTeamsのアイコンを追加するには、「タスクバー」と「通知領域」に表示させる方法があります。

タスクバーにあるTeams
Windows11 タスクバーにあるTeams

通知領域にあるTeams
Windows11 通知領域にあるTeams

タスクバーがいっぱいの場合や、少しでもタスクバーの領域を節約したい場合は「通知領域」にTeamsアイコンを追加しておくのもいいかと思います。

ここではこの2つの追加方法について説明していきます。

スポンサーリンク

Windows11 タスクバーにTeamsのアイコンを追加する方法の操作手順

では操作手順に入りたいと思います。

1.タスクバーにTeamsのアイコンを追加する
2.通知領域にTeamsのアイコンを追加する

1.タスクバーにTeamsのアイコンを追加する

タスクバーにある「①スタート」ボタンをクリック「②すべてのアプリ」をクリックします。

❶タスクバーにある「①スタート」ボタンをクリック→「②すべてのアプリ」をクリックします。

 

下にスクロールしていき「①Microsoft Teams」を右クリック「②詳細」にカーソルを持っていく「③タスクバーにピン留めする」を左クリックします。

➋下にスクロールしていき「①Microsoft Teams」を右クリック→「②詳細」にカーソルを持っていく→「③タスクバーにピン留めする」を左クリックします。

 

これで「Teams」のアイコンをタスクバーに追加する事が出来ました。

❸これで「Teams」のアイコンをタスクバーに追加する事が出来ました。

 

移動したい場合は、「Teames」のアイコンを左クリック長押しで掴み移動したい場所まで持っていき、マウスから手を放します。

❹移動したい場合は、「Teames」のアイコンを左クリック長押しで掴み移動したい場所まで持っていき、マウスから手を放します。

 

「Teams」のアイコンを移動する事が出来ました。

❺「Teams」のアイコンを移動する事が出来ました。

 

アイコンを削除したい場合は、「①Teams」のアイコンを右クリック「②タスクバーからピン留めを外す」を左クリックして行う事が出来ます。

❻アイコンを削除したい場合は、「①Teams」のアイコンを右クリック→「②タスクバーからピン留めを外す」を左クリックして行う事が出来ます。

Windowsの標準アイコンより左には移動する事が出来ない

Windows標準アイコンとは、左から、スタートボタン、検索、タスクビュー、チャットのアイコンになります。

❶Windows標準アイコンとは、左から、スタートボタン、検索、タスクビュー、チャットのアイコンになります。

この「Windows標準アイコン」より左に、Teamsのアイコン含め全てのアイコンはこれ以上移動することはできません。

➋この「Windows標準アイコン」より左に、Teamsのアイコン含め全てのアイコンはこれ以上移動することはできません。

どうしても左に寄せたい場合は、スタートボタン以外を削除するのも一つの手です。

Windows標準アイコンを削除すると、スタートボタンの隣まで移動できるようになります。

❸Windows標準アイコンを削除すると、スタートボタンの隣まで移動できるようになります。

削除方法については下記の記事を参考にしてみてください。

「Windows11 タスクバーのタスクビュー、ウィジェット、チャットを削除する」

 

2.通知領域にTeamsのアイコンを追加する

タスクバーの「①何もないところ」を右クリック「②タスクバーの設定」を左クリックします。

❶タスクバーの「①何もないところ」を右クリック→「②タスクバーの設定」を左クリックします。

 

下にスクロールしていき「タスクバーコーナーのオーバーフロー」をクリックします。

➋下にスクロールしていき「タスクバーコーナーのオーバーフロー」をクリックします。

 

するとアプリが下に表示されるので、「Microsoft Teams」にある「ボタン」をクリックして「オン」に切り替えます。

❸するとアプリが下に表示されるので、「Microsoft Teams」にある「ボタン」をクリックして「オン」に切り替えます。

 

画面右下にある「通知領域」に「Teams」のアイコンを追加する事が出来ました。

❹画面右下にある「通知領域」に「Teams」のアイコンを追加する事が出来ました。

 

上向きの矢印の中に格納したい場合は、「Teams」のアイコンを左クリック長押しで掴み、上向きの「↑」まで持って行き、マウスから手を放します。

❺上向きの矢印の中に格納したい場合は、「Teams」のアイコンを左クリック長押しで掴み、上向きの「↑」まで持って行き、マウスから手を放します。

 

上向きの「↑」をクリックすると、「Teams」のアイコンが格納されている事が確認できます。

❻上向きの「↑」をクリックすると、「Teams」のアイコンが格納されている事が確認できます。

以上になります。

関連記事

「Windows11 タスクバーに固定キー機能を表示させる方法」

「Windows11 タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する」

「Windows11 タスクバーを好みの色に変更する方法」

スポンサーリンク
 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows11 タスクバーに隠れているアイコンを全て表示する方法前のページ

Windows11 タスクバーにChromeアイコンを追加する方法次のページ

関連記事

  1. Windows11

    Windows11 スクリーンセーバーで写真や画像のスライドショーを設定する方法

    Windows11のPCで、スクリーンセーバーで写真や画像をスライドシ…

  2. Windows11

    Windows11 タスクバーに隠れているアイコンを全て表示する方法

    Windows11のPCで、タスクバー上にある上向きの矢印の中に隠れて…

  3. Windows10

    Windows10 タスクバーにあるアイコンのサイズを小さく変更する方法

    Windows10のパソコンで、タスクバーにあるアイコンのサイズを小さ…

  4. Windows11

    Windows11 スクリーンセーバーになるまでの時間を変更し設定をする

    Windows11のPCで、スクリーンセーバーになるまでの時間を変更し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

カテゴリー

PAGE TOP