Windows11 スクリーンセーバーをオン・オフに設定する

Windows11のPCで、スクリーンセーバーをオン、またはオフに設定する方法を案内しています。スクリーンセーバーの種類についても軽く触れています。

 以下の方を対象としております
・スクリーンセーバーをオンまたはオフに設定したい

対象OSWindows11

※Windows Updateの最新の更新プログラムにより内容が変更する事がありますが、その際はご了承ください。

操作案内の前に伝えておきたいこと

スクリーンセーバーとは下記のように、指定した時間になると起動してきます。

スクリーンセーバーは全部で6種類あり、この動画は「3Dテキスト」と言うものを選んでいます。

ここではこのスクリーンセーバーのオン、またはオフに設定する方法を案内していきます。

写真や画像をスライドショーとして設定したい場合
写真や画像をスクリーンセーバーのスライドショーとして設定したい場合は、下記の記事を参考にしてください。
「Windows11 スクリーンセーバーで写真や画像のスライドショーを設定する方法」

Windows11 スクリーンセーバーをオン・オフに設定する方法の操作手順

では操作手順に入りたいと思います。

1.スクリーンセーバーの設定を開く
2.スクリーンセーバーの基本的な設定
3.スクリーンセーバーの種類について

1.スクリーンセーバーの設定を開く

「①スタート」ボタンを右クリック「②設定」を左クリックします。

❶「①スタート」ボタンを右クリック→「②設定」を左クリックします。

 

左にある「個人用設定」をクリックします。

➋左にある「個人用設定」をクリックします。

 

下にスクロールしていき「ロック画面」をクリックします。

❸下にスクロールしていき「ロック画面」をクリックします。

 

次の画面でも下にスクロールしていき「スクリーンセーバー」をクリックします。

❹次の画面でも下にスクロールしていき「スクリーンセーバー」をクリックします。

 

2.スクリーンセーバーの基本的な設定

この画面からスクリーンセーバーのオン・オフの設定を行っていきます。

スクリーンセーバーをオフにしたい場合は、「①なし」をクリック→「②OK」ボタンをクリックして完了です。

❶スクリーンセーバーをオフにしたい場合は、「①なし」をクリック→「②OK」ボタンをクリックして完了です。

 

スクリーンセーバーをオンに設定したい場合は、「3Dテキスト」など「なし」以外を選択します。

➋スクリーンセーバーをオンに設定したい場合は、「3Dテキスト」など「なし」以外を選択します。

 

表示されているスクリーンセーバーの種類を選択したら、「プレビュー」ボタンをクリックすると現在のスクリーンセーバーの状態を確認する事が出来ます。

❸表示されているスクリーンセーバーの種類を選択したら、「プレビュー」ボタンをクリックすると現在のスクリーンセーバーの状態を確認する事が出来ます。

 

その他にも、「①待ち時間」「②再開時にログオン画面に戻る」と言った項目があります。

❹その他にも、「①待ち時間」や「②再開時にログオン画面に戻る」と言った項目があります。

待ち時間について
待ち時間について
待ち時間は、スクリーンセーバーになるまでの時間を指定する事が出来ます。
最短は1分でそれ以上時間を短くしたいのであれば、ショートカットアイコンを作成してクリックするとスクリーンセーバーがすぐに起動出来たり、その作成したショートカットアイコンをショートカットキーに割り当てて、すぐに起動することもできます。
「Windows11 スクリーンセーバーのショートカットを作成する方法」

再開時にログオン画面に戻るについて
再開時にログオン画面に戻るについて
「再開時にログオン画面に戻る」にチェックが入っていると、PCを再度、触るときにスクリーンセーバーが解除され、その際にログオン画面に戻る事が出来ます。
PC立ち上げ時にログオンパスワードを設定しているのであれば、スクリーンセーバー解除後、パスワードを入力しないとログオンできません。よって、人が多い場所ではセキュリティの観点からもログオンパスワードを設定した居る場合は、チェックを入れることをおすすめします。

 

よければ最後に「OK」ボタンまたは「適用」ボタンをクリックして完了です。

❺よければ最後に「OK」ボタンまたは「適用」ボタンをクリックして完了です。

これでスクリーンセーバーがオンに設定されたので、指定した時間まで待ってみて起動するかどうか確認してみましょう。

 

3.スクリーンセーバーの種類について

最後にスクリーンセーバーの種類について説明して行きます。

スクリーンセーバーの種類は以下の6つがあります。

❶スクリーンセーバーの種類は以下の6つがあります。

  1. 3Dテキスト
  2. バブル
  3. ブランク
  4. ラインアート
  5. リボン
  6. 写真

 

そして、「3Dテキスト」では表示されているテキストの色や大きさなどを変更出来たりすることができます。

このようにカスタマイズできるのは「3Dテキスト」「写真」のみになります。

❷カスタマイズできるのは「3Dテキスト」と「写真」のみになります。

具体的に見てみましょう。

3Dテキストの場合

「①3Dテキスト」をクリック→「②設定」をクリックします。

❶「①3Dテキスト」をクリック→「②設定」をクリックします。

 

すると設定の一覧が表示されます。

項目が多いので一例として、「Windows」というテキストを変更する事が出来ます。「離席中」や「すぐに戻ります」と表示させると、会社などでは相手に伝わるのでいいかもしれません。

❷項目が多いので一例として、「Windows」というテキストを変更する事が出来ます。

 

テキストではなく時刻を表示したい場合は、「時刻」を選択します。

❸テキストではなく時刻を表示したい場合は、「時刻」を選択します。

 

その他にもテキストの回転方法を変更出来たり、色やテキストの文字の大きさを変更したりすることが出来ます。

よければ右にある「OK」ボタンをクリックします。

❹よければ右にある「OK」ボタンをクリックします。

写真について
写真については冒頭でも説明しましたが、下記の記事を参考にしてください。写真や画像をスクリーンセーバーのスライドショーとして設定する場合は、前もって専用のフォルダーを用意し、そのフォルダーの中に写真や画像を収めておく必要があります。
「Windows11 スクリーンセーバーで写真や画像のスライドショーを設定する方法」

最後に下にある「OK」ボタンをクリックして完了です。

❸最後に下にある「OK」ボタンをクリックして完了です。

お疲れさまでした!

関連記事

「Windows11 スクリーンセーバーのショートカットを作成する方法」

 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows11 スクリーンセーバーで写真や画像のスライドショーを設定する方法前のページ

Windows10 モニター(ディスプレイ)の解像度を確認する方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 スクリーンセーバーを時計表示に設定する方法

    Windows10のパソコンで、スクリーンセーバーを時計表示に設定する…

  2. Windows11

    Windows11 スクリーンセーバーで写真や画像のスライドショーを設定する方法

    Windows11のPCで、スクリーンセーバーで写真や画像をスライドシ…

  3. Windows10

    Windows10 パソコンの言語を英語化する方法

    Windows10のパソコンで、スタートメニューや設定画面などの言語を…

  4. Windows11

    Windows11 MAC(物理)アドレスの確認方法

    Windows11のPCで、MAC(物理)アドレスの確認方法について案…

  5. Windows11

    Windows11 システムの復元を行う方法

    Windows11のPCで、システムの復元を行う方法を案内しています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP