Windows11 タスクバーを好みの色に変更する方法

Windows11のPCで、タスクバーを好みの色に変更する方法を案内しています。タスクバーの色を変更するとスタートメニューの色も変更されます。少しややこしい部分がありますが、初心者の方にもわかるように説明して行きます。

 以下の方が対象
・タスクバーの色を変更したい
・タスクバーの色をオシャレにしたい

対象OSWindows11

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、内容が変更されることがありますがその際はご了承ください。

操作の案内の前に伝えておきたい事

タスクバーの色を変更すると以下のようになります。

変更前
Windows11 タスクバーの色の変更前

変更後
Windows11 タスクバーの色の変更後

さらに、アプリがアクティブになっている時の下に表示される「アンダーバー」や「通知アイコン」の色も変更されます。

アンダーバー
Windows11 タスクバーの色を変更するとタスクバーのアプリにあるアンダーバーも変更される

通知アイコン
Windows11 タスクバーの色を変更すると「通知アイコン」も変更される

その他にも例えば「ウィンドウの枠線」の色を変更出来たり、タスクバーの関連するものも変更できます。詳細については操作手順の方で案内していきます。

Windows11 タスクバーを好みの色に変更する方法の操作手順

では操作手順に入りたいと思います。

画面下にある「①スタート」ボタンをクリック「②設定」のアイコンをクリックします。

❶画面下にある「①スタート」ボタンをクリック→「②設定」のアイコンをクリックします。

設定のアイコンがない場合
①スタートボタンを右クリック「②設定」のアイコンを左クリックします。
設定のアイコンがない場合は、①スタートボタンを右クリック→「②設定」のアイコンを左クリックします。

 

左の項目にある「個人用設定」をクリックします。

➋左の項目にある「個人用設定」をクリックします。

 

下にスクロールしていき「色」をクリックします。

❸下にスクロールしていき「色」をクリックします。

 

この画面からタスクバーの色の変更を行っていきます。

❹この画面からタスクバーの色の変更を行っていきます。

 

タスクバーの色を変更するにはまず「モードを選ぶ」を「ダーク」もしくは「カスタム」に変更する必要があります。

※「ライト」を選ぶとタスクバーの色を変更することはできません。

❺タスクバーの色を変更するにはまず「モードを選ぶ」を「ダーク」もしくは「カスタム」に変更する必要があります。

 

「ダークモード」と「カスタム」の違いは以下になります。

ダークモードについて

ダークモードを選択すると、タスクバーの他にウィンドウが全て黒くなります。

エクスプローラー(フォルダー)
ダークモード エクスプローラー(フォルダー)

ChromeのWebブラウザ
ダークモード ChromeのWebブラウザ

 

カスタムについて

カスタムでは「ライト」と「ダーク」を以下の項目から選ぶことができます。

カスタムでは「ライト」と「ダーク」を以下の項目から選ぶことができます。

①既定のWindowsモードを選択してください
この項目は「スタートメニュー」と「タスクバー」に関連するものです。「ダーク」を選択してください。色が黒くなりますが後で色の変更を行えます。

②既定のアプリモードを選択します
この項目は「エクスプローラー(フォルダー)」や「アプリ(Webブラウザなど)」のウィンドウに関連するものです。例えばウィンドウは「ライト」にしてタスクバーやスタートメニューの色だけ変更したい場合は、「ライト」を選びます。

 

ここまでの情報をまとめると、タスクバーの色を変更するには以下のように設定します。

❼ここまでの情報をまとめると、タスクバーの色を変更するには以下のように設定します。

①モードを選ぶ→ダークかカスタム

②既定のWindowsモードを選択してください→ダーク

③既定のアプリモードを選択します→ライトかダーク

 

次に下にスクロールしていき「スタートとタスクバーにアクセントカラーを表示する」にある「ボタン」をクリックしてオンにします。

❽次に下にスクロールしていき「スタートとタスクバーにアクセントカラーを表示する」にある「ボタン」をクリックしてオンにします。

 

すると上にある「カラーパレット」で選択した色が反映されるので、変更したい色を選択します。

❾すると上にある「カラーパレット」で選択した色が反映されるので、変更したい色を選択します。

好みの色が無い場合は自分で作成することも可能
・変更したい色がない場合は、「ユーザー設定の色」にある「色の表示」をクリックします。
変更したい色がない場合は、「ユーザー設定の色」にある「色の表示」をクリックします。
・するとカラーを変更できる画面が表示されるので、ここから好みの色を作成することができます。
するとカラーを変更できる画面が表示されるので、ここから好みの色を作成することができます。

 

「タイトルバーとウィンドウ枠線にアクセントカラーを付ける」にあるボタンをクリックしてオンにすると、「ウィンドウの枠線」と「タイトルバー」の色を設定した色に変更することができます。

❿「タイトルバーとウィンドウ枠線にアクセントカラーを付ける」にあるボタンをクリックしてオンにすると、「ウィンドウの枠線」と「タイトルバー」の色を設定した色に変更することができます。

ウィンドウの枠線
ウィンドウの枠線の色も変更できる

Chormeのタイトルバー
Chormeのタイトルバーの色も変更できる

 

最後に「透明効果」について説明していきます。

上にスクロールして戻り、「透明効果」をクリックしてオンにすると、タスクバーとスタートメニューが若干透けます。

⓫上にスクロールして戻り、「透明効果」をクリックしてオンにすると、タスクバーとスタートメニューが若干透けます。

透明化することにより壁紙の色によって、タスクバーの色合いが変わってきます。

例えば背景が白であれば、透明効果をオンにすることにより若干白っぽくなり、オシャレな感じになります。

画像ではあまり違いが分かりづらいと思うので、自分で変更してみて確認してください。

透明効果オフの状態
透明効果オフの状態

透明効果オンの状態
透明効果オンの状態

以上になります。

関連記事

「Windows11 タスクバーのタスクビュー、ウィジェット、チャットを削除する」

「Windows11 タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する」

 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows11 パソコンの起動音を鳴らす方法前のページ

Windows10 タスクバーを2段3段にするまたは1段に戻す方法次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 コントロールパネルをタスクバーに追加する

    Windows7のパソコンで、コントロールパネルをタスクバーに追加する…

  2. Windows10

    Windows10 タスクバーの通知領域の時計を非表示にする方法

    Windows10のパソコンで、タスクバーの通知領域の時計を非表示にす…

  3. Windows11

    Windows11 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

    Windows11のPCで、よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方…

  4. Windows11

    Windows11 スクリーンセーバーのショートカットを作成する方法

    Windows11のPCで、デスクトップにスクリーンセーバーのショート…

  5. Windows10

    Windows10 タスクバーにある検索ボックスを非表示に設定する

    Windows10のパソコンで、タスクバーにある検索ボックスを非表示に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP