Windows8/8.1 タスクバーを表示・非表示にする方法

Windows8/8.1のパソコンで、タスクバーを「表示」または「非表示」にする方法を案内していきます。タスクバーが隠れない時や隠したいときは一度、タスクバーの設定を見直してみましょう。

 以下の方を対象としています
・消えたタスクバーを元に戻したい
・画面をフルスクリーンで使いたいためタスクバーを隠したい

対象OSWindows8/8.1

操作の案内の前に伝えておきたい事

「タスクバーが表示されている状態」と「タスクバーが非表示の状態」のデスクトップの画面は以下になります。

【タスクバーが表示されている状態】
Windows8/8.1 タスクバーが表示されている状態

【タスクバーが非表示の状態】
Windows8/8.1 タスクバーが非表示の状態

このタスクバーの「表示」または「非表示」の仕方について案内していきます。

操作手順

では「Windows8/8.1 タスクバーを表示・非表示にする方法」の案内に入りたいと思います。

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②コントロールパネル」を左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを右クリック→「②コントロールパネル」を左クリックします。

 

・右上にある「表示方法」が「①カテゴリ」になっていることを確認「②デスクトップのカスタマイズ」を左クリックしします。

右上にある「表示方法」が「①カテゴリ」になっていることを確認→「②デスクトップのカスタマイズ」を左クリックしします。

 

「タスクバーとナビケーション」を左クリックします。

「タスクバーとナビケーション」を左クリックします。

 

・「タスクバーとナビケーションのプロパティ」の画面になるので、上のタブが「タスクバー」になっていることを確認します。

「タスクバーとナビケーションのプロパティ」の画面になるので、上のタブが「タスクバー」になっていることを確認します。

 

・「タスクバーを自動的に隠す」のチェックを入れるか入れないかを選択します。

  • タスクバーを表示したいのであればチェックを外す
  • タスクバーを非表示にしたいのであればチェックを入れる

「タスクバーを自動的に隠す」のチェックを入れるか入れないかを選択します。

 

・ここではタスクバーを非表示にしたいと思います。

「①タスクバーを自動的に隠す」に左クリックでチェックを入れる「②適用」ボタンを左クリックして終了です。

「①タスクバーを自動的に隠す」に左クリックでチェックを入れる→「②適用」ボタンを左クリックして終了です。

タスクバーが表示または非表示に設定されたか確認してください。

 

「Windows8/8.1 タスクバーを表示・非表示にする方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows10 タスクバーを表示・非表示にする方法前のページ

Windows7 タスクバーを表示・非表示にする方法次のページ

関連記事

  1. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 タッチパッドを有効・無効に設定する方法

    Windows8/8.1のノートパソコンで「①タッチパッドの有効・無効…

  2. Windows標準搭載ツール

    拡張子とは?初心者の方にわかりやすく説明

    ここでは「拡張子」の意味について、初心者の方にも理解できるように専門用…

  3. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 パソコン起動後に拡大鏡を常に起動するように設定する

    Windows8/8.1のパソコンを起動した時に、常に拡大鏡を起動する…

  4. Windows10

    Windows10 拡張子の関連付けを行う方法

    Windows10のパソコンで、特定のファイルの拡張子を関連付けして、…

  5. Windows7

    Windows7 タスクバーにあるアイコンのサイズを大きく変更する方法

    Windows7のパソコンで、タスクバーにあるアイコンのサイズを大きく…

  6. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する

    この記事では「Windows8/8.1 システムの保護を有効にし復元ポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP