Windows10 タスクバーの通知領域にある時計に秒数を表示する

Windows10のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計に秒数を表示する方法を案内しております。時計に秒数を表示させるには、レジストリの操作が必要となっていきます。初心者の方にもできるように一つ一つかみ砕いて案内しているので、ご安心ください。

 以下の方を対象としております
・タスクバーの通知領域にある時計に秒数を表示したい

対象OSWindows10

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、内容が変更されることがありますがその際はご了承ください。

操作の案内の前に伝えておきたい事

操作案内の前に2つ伝えておきたいことがあります。

1.タスクバーの通知領域にある時計の秒数について
2.レジストリ操作を行う

1.タスクバーの通知領域にある時計の秒数について

時計の秒数が非表示の状態と、表示した状態の違いは以下になります。

【秒数が非表示】
Windows10 秒数が非表示

 

【秒数を表示】
Windows10 秒数を表示

 

2.レジストリ操作を行う

レジストリに関してよくわからない方は、下記の記事をなんとなくでいいので頭に入れておくとイメージしやすいかも知れません。

 

レジストリの操作は、誤ってデータを消してしまうと以下のようなことが起こりえます。

  • パソコンが重くなった
  • デスクトップの表示がおかしい
  • パソコンが起動しない

ご自身の判断に委ねますが、何のためレジストリのバックアップを取っておくことをおすすめします。何かパソコンに不具合が起きた場合は、バックアップのレジストリファイルを復元する事により、パソコンを元の状態に戻すことが出来ます。

【レジストリのバックアップ方法】
「超簡単!Windows10 レジストリのバックアップと復元方法」

そして、レジストリの操作は、自己責任で行ってください。

レジストリの操作は一見、難しいように聞こえますが、手順を一つ一つ踏んでいけば決して難しくはないです。初心者の方にもわかるようにかみ砕いて案内しておりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

操作手順

では「Windows10 タスクバーの通知領域にある時計に秒数を表示する方法」の案内に入りたいと思います。

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②ファイル名を指定して実行」を左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを右クリック→「②ファイル名を指定して実行」を左クリックします。

 

・ボックスの中に「regedit」と入力「OK」ボタンを左クリックします。

ボックスの中に「regedit」と入力→「OK」ボタンを左クリックします。

 

【ユーザーアカウント制御の画面が表示される場合】

・ユーザーアカウント制御が表示された場合は、「はい」を左クリックしてください。

ユーザーアカウント制御が表示された場合は、「はい」を左クリックしてください。

 

・レジストリエディタ―の画面が表示されます。

レジストリエディタ―の画面が表示されます。

 

・ここからレジストリの操作を行っていきます。誤ってデータを削除してしまったなど無いように、一つ一つかみ砕いて説明していくので、しつこいように感じられる方もいるとは思いますがご了承ください。

以下のパスをコピーします。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced

 

・パスをコピーし終えたら、上部にある「文字」を左クリック後、文字を削除できる状態にして、キーボードの「Back Space」キーを押し全て削除します。

パスをコピーし終えたら、上部にある「文字」を左クリック後、文字を削除できる状態にして、キーボードの「Back Space」キーを押し全て削除します。

 

全ての文字が消されたことを確認します

全ての文字が消されたことを確認します。

 

・先ほどコピーしたパスを貼り付け後、キーボードの「Enterキー」を押します

先ほどコピーしたパスを貼り付け後、キーボードの「Enterキー」を押します。

 

・ズラリと下に、レジストリの情報が表示されます。念のために、現在開いてある場所に間違いがないか確認します。

さきほど入力した上にあるパスの「①」と「②」、左側に表示されている「①」と「②」が一緒の文字なのかを確認します。

さきほど入力した上にあるパスの「①」と「②」、左側に表示されている「①」と「②」が一緒の文字なのかを確認します。

 

・「レジストリの値」を追加していきます。

「Advanced」の文字を左クリックして背景が青く反転されたことを確認します。

「Advanced」の文字を左クリックして背景が青く反転されたことを確認します。

 

「①Advanced」を右クリック「②新規」にカーソルを合わせる「DWORD(32ビット)値」を左クリックします。

「①Advanced」を右クリック→「②新規」にカーソルを合わせる→「DWORD(32ビット)値」を左クリックします。

 

・次に、タスクバーの通知領域にある時計に秒数を表示させる名前を指定します。以下の名前をコピーして下さい。

ShowSecondsInSystemClock

 

・さきほど追加した「新しい値#1」の名前を「ShowSecondsInSystemClock」に変更します。

「新しい値#1」を右クリック「②名前の変更」を左クリックします。

「新しい値#1」を右クリック→「②名前の変更」を左クリックします。

 

・背景が青く反転されていることを確認し、「新しい値#1」をキーボードの「BackSpace」キーで文字を消します

背景が青く反転されていることを確認し、「新しい値#1」をキーボードの「BackSpace」キーで文字を消します。

 

「ShowSecondsInSystemClock」を貼り付けキーボードのEnterキーを押します

「ShowSecondsInSystemClock」を貼り付けキーボードのEnterキーを押します。

 

「ShowSecondsInSystemClock」が追加されたことを確認します。

「ShowSecondsInSystemClock」が追加されたことを確認します。

 

・最後に、レジストリの「値」を変更します。

「ShowSecondsInSystemClock」を左クリックし、背景が青く反転されたことを確認します。

「ShowSecondsInSystemClock」を左クリックし、背景が青く反転されたことを確認します。

 

「①ShowSecondsInSystemClock」を右クリック「②修正」を左クリックします。

「①ShowSecondsInSystemClock」を右クリック→「②修正」を左クリックします。

 

「数字」を消します

「数字」を消します。

 

・数字の「1」を入力「OK」を左クリックします。

※半角英数字で入力してください。

数字の「1」を入力→「OK」を左クリックします。

【表記について】

・表記にある「16進数」と「10進数」はどちらを選んでも大丈夫です。

表記にある「16進数」と「10進数」はどちらを選んでも大丈夫です。

 

・これで作業は終わりなので、パソコンを再起動します。保存していないデータは失われるので保存をし、パソコンを再起動後、画面の右下にあるタスクバーの時計に「秒数」が表示されたことを確認してください。

パソコンを再起動後、画面の右下にあるタスクバーの時計に、「秒数」が表示されたことを確認してください。

その他のタスクバーについて何か困ったことがあったり、カスタマイズの方法について知りたい方は下記を参考にしてみて下さい。

「Windows10 タスクバーの通知領域にある時計に秒数を表示する方法」については以上になります。

参考になれば幸いです^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 10

Windows10 タスクバーの通知領域に時計を表示する方法前のページ

Windows10 タスクバーにあるアイコンのサイズを大きく変更する方法次のページ

関連記事

  1. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 タスクスケジューラの2つの起動方法

    Windows8/8.1のパソコンで、タスクスケジューラの3つの起動方…

  2. Windows7

    Windows7 ごみ箱やコンピューターのアイコンが消えた時の対処方法

    この記事では、Windows7のパソコンでデスクトップにあるごみ箱やコ…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows スクリーンショットの撮り方

    Windows8/8.1、Windows10のパソコンでスクリーンショ…

  4. Windows10

    Windows10 システムファイルのクリーンアップのやり方の手順

    この記事は「Windows10 システムファイルのクリーンアップのやり…

  5. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 USBメモリをフォーマットをして使用できるようにする

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンで、USBメモリをフォ…

コメント

    • sbw
    • 2020年 10月 19日

    これ以上ないほど丁寧な説明で、パソコンに詳しくない私でも無事に秒数表示を設定することができました。大変、助かりました。感謝しています。

      • パソ子
      • 2020年 10月 23日

      こちらこそありがとうございました!
      そういって頂けてこちらもうれしいです。

    • ポッキー
    • 2020年 12月 19日

    解りやすく丁寧な解説をありがとうございます。
    他の記事も拝見させていただき、勉強したいと思います。

      • パソ子
      • 2020年 12月 21日

      こちらこそありがとうございました!

    • よーすけ
    • 2021年 8月 22日

    レジストリエディタのパス?はコピペできることを初めて知りました。勉強になりました。というか目から鱗です。

    ※いままでずっとググった結果をレジストリエディタで値を反映するときは、左ペインのツリービューをHKEY_CURRENT_USERの~、Softwareの~とたどっていて「めんどいな~~」と思いつつも、そ~ゆ~もんだからってずっと同じようにしてきました。これからはコピペ一発?ですね。ありがとうございます!

      • パソ子
      • 2021年 10月 10日

      お返事遅くなり申し訳ないです。
      私も最初の頃はお恥ずかしい話ですが、毎回パスを手動で入力していました。
      確かなのですが、Windows XPなど古いOSではパスのコピーと貼り付けは出来なく、出来ないものだと思い込んでいたからかも知れません。

      こちらこそわざわざ書き込んでいただきありがとうございました!

    • jazzwalker
    • 2021年 10月 07日

    良い記事だと思います。ありがとうございました。

    さて、Windows11ではどうなんでしょうか?
    通知領域には、秒まで出したいです。出来たら記事にして頂けると有り難いです。

      • パソ子
      • 2021年 10月 10日

      Windows11はまだ持っていないのですが、そろそろ買おうと思ってます。
      貴重なご意見ありがとうございます!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP