Windows10 ファイルシステムの確認方法

HDD・SSD・USBメモリーを使用する際に、フォーマットをした後に、必ず設定する必要があるファイルシステム。この記事では、Windows10のパソコンで「ファイルシステムの確認方法」について案内しております。

対象OSWindows10

 この記事で得られること
Windows10のパソコンに接続されている、HDD・SSD・USBメモリーなどの記憶装置のファイルシステムの種類を確認することが出来る。

操作の案内の前に伝えておきたい事

フォーマットをした後に、ファイルシステムを設定しないとHDD・SSD・USBメモリーを使用することが出来ません。

Windowsのファイルシステムには、FAT32、exFAT、NTFSなどの種類があります。

ファイルシステムについてイマイチよくわからない方や、各種類の特徴などについて知りたい方は、下記の記事を参照してください。

操作手順

では「Windows10 ファイルシステムの確認方法」の案内に入りたいと思います。

Windows10でファイルシステムの確認をする方法は、いくつかありますがここでは、以下の2種類の方法を紹介します。

1.ディスクの管理から
2.エクスプローラーから

1.ディスクの管理から

・左下にある「スタート」ボタンを右クリック。

左下にあるスタートボタンを右クリック

 

・項目が出てくるので「ディスクの管理」を左クリック。

ディスクの管理を左クリック

 

・ディスクの管理が開き「ファイルシステム」の項目から確認することが出来ます。

ちなみに、USBメモリ等の外部憶装置などのファイルシステムも確認することが出来ます。

ディスクの管理からファイルシステムを確認する事ができる

 

2.エクスプローラーから

エクスプローラーを開くには2つの方法があります。

・左下にある「スタート」ボタンを右クリック。

スタートボタンを右クリック

 

・項目の中から「エクスプローラー」を左クリック。

エクスプローラーを左クリック

 

・もしくは、タスクバーにある「エクスプローラー」を左クリック。

もしくは、タスクバーのエクスプローラーのアイコンを左クリック

 

・エクスプローラーの画面が立ち上がるので、左の項目から「PC」を左クリック。

左の項目の「PC」を左クリック

 

「デバイスとドライブの画面になります。

デバイスとドライブの画面になる

 

・ファイルシステムを確認したい記憶装置を選びます。ここではDドライブを選択したいと思います。「Dドライブ」を右クリック。

ファイルシステムを確認したい記憶装置を右クリック

 

・右クリック後、項目が出てくるので「プロパティ」を左クリック。

項目の中からプロパティを左クリック

 

・プロパティの画面が立ち上がり「ファイルシステム」の項目で確認することが出来ます。ここではNTFSとなっております。

ファイルシステムの項目から確認することが出来る

関連記事

「フォーマットをする意味とは?」

「アロケーションユニットサイズの意味を深く理解する」

「MFTとは?Master File Table(マスターファイルテーブル)」

「MBR形式とGPT形式の違い(パーティション)」

「chkdsk(チェックディスク)機能を使ってHDDのエラーをチェックして修復する」

 

「Windows10 ファイルシステムの確認方法」については以上になります。

参考なれば幸いです。


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows タスクバーにあるアイコンを変更する

    この記事ではWindows7、Windows8/8.1、Windows…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンでタスクバーを隠す方法…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows10 パソコンからMicrosoftアカウントを作成する

    この記事では「Windows10 パソコンからMicrosoftアカウ…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

    この記事では、Windowsのパソコンで「タスクバーを隠す方法」と「小…

  5. システムの復元

    Windows10 システムの復元ポイントを自動作成する方法

    この記事では、Windows10のパソコンで、復元ポイントを「自動作成…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP