Windows10 エクスプローラーのOneDriveを隠す(表示させない)方法

この記事では、Windows10のパソコンで「エクスプローラーのOneDriveを隠す(表示させない)方法」について案内しております。

 この記事で得られること
Windows10のパソコンで、エクスプローラーの左に表示されているOneDriveを隠す方法を知ることが出来る。

対象OSWindows10

操作案内の前に伝えておきたいこと

操作案内に入る前に2つ伝えておきたいことがあります。

1.エクスプローラーからOneDriveを削除するのではなくあくまで隠すと言うこと
2.レジストリエディターからOneDriveのレジストリ情報を書き換える

1.エクスプローラーからOneDriveを削除するのではなくあくまで隠すと言うこと

OneDriveを削除(アンインストール)しても、なぜかエクスプローラーに残ってしまうOneDrive。

Windows10 エクスプローラーにOneDriveが残っている状態

このエクスプローラーに残ってしまっているOneDriveを消す方法は2つあります。

1.OneDriveを隠す
2.OneDriveを完全に削除する

ここでの案内は、エクスプローラーにある「2.OneDriveを削除する」のでは無く、あくまで「1.OneDriveを隠す」方法の案内になります。

よって、OneDriveをエクスプローラーから完全に削除したいのであれば下記を参照してください。

「Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全に削除する方法」

 

2.レジストリエディターからOneDriveのレジストリ情報を書き換える

レジストリについて解らない方は下記を参照してください。

【レジストリについて】
「レジストリとは一体なんなのか?」

レジストリの情報を書き換えるので、操作を誤ってしまうと、パソコンに不具合が起きたり最悪の場合は、パソコンが起動できなくなったりしまう恐れがあります。

このような事態に陥った際に、パソコンを以前の状況に戻せる「復元ポイントを手動で作成してシステムの復元を行う」、そして、システムの復元がうまいかなかった場合は「レジストリのバックアップ(現在のパソコンの情報を保存する)」を取ることをおすすめします。

操作自体はどちらも簡単で時間が掛かることは無いですが、面倒くさい方は、「復元ポイント」もしくは「レジストリのバックアップ」どちらかでもとっておきましょう。

【復元ポイントを手動で作成する】
「Windows10 システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する」
【レジストリのバックアップ】
「Windows10 レジストリのバックアップと復元方法」

操作手順

では「Windows10 エクスプローラーのOneDriveを隠す(表示させない)方法」の案内に入ります。

まずはレジストリエディターを開きます。

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②ファイル名を指定して実行」を左クリック。

左下にある「①スタート」ボタンを右クリック’「②ファイル名を指定して実行」を左クリック。

 

・「名前」のところに「①regedit」と入力「②次へ」を左クリック。

regeditをコピペでも大丈夫です。

「名前」のところに「①regedit」と入力’「②次へ」を左クリック。

【ユーザーアカウント制御】
ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」を左クリックします。
ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら「はい」を左クリックします。

 

・「レジストリエディタ―」が開きます。

※しつこいようですがレジストリは誤って削除してしまったり、変更するとパソコンに不具合が起きる恐れがあるので、操作の方は慎重に行っていきましょう。操作方法は簡単なのでゆっくり行えば大丈夫です。

「レジストリエディタ―」が開きます。

 

・以下のキーをコピーします。

HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}

「表示されている文字を一度消す」

「表示されている文字を一度消す」。

 

・先ほどコピーしたキーをキーボードの「Ctrl」+「V」か、「①右クリック」「②貼り付け」で貼り付けをする。

先ほどコピーしたHKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}のキーをキーボードの「Ctrl」+「V」か、「①右クリック」’「②貼り付け」で貼り付けをする。

 

・貼り付け後、キーボードの「Enterキー」を押す。

貼り付け後、キーボードの「Enterキー」を押す。

 

・すると下図のように表示されるので「{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}」のフォルダー内が右に表示されている事を確認します。

すると下図のように表示されるので「{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}」のフォルダー内が右に表示されている事を確認します。

 

「System.IsPinnedToNameSpaceTree」をダブルクリック

「System.IsPinnedToNameSpaceTree」をダブルクリック。

 

・「値のデータ」を「1から0に変更」します。

「値のデータ」を「1から0に変更」します。

 

「①0に変更」「②OK」ボタンを左クリック。

「①0に変更」’「②OK」ボタンを左クリック。

 

・データの値が「0」になっている事を確認すれば完了です。

データの値が「0」になっている事を確認すれば完了です。

 

・エクスプローラーを開いて「OneDrive」のアイコンが表示されていない事を確認してみましょう。

エクスプローラーを開いて「OneDrive」のアイコンが表示されていない事を確認してみましょう。

【OneDriveが表示されてしまっている場合】
OneDriveが表示されてしまっている場合は、一度エクスプローラーを閉じて再度開いてみてください。それでも表示される場合は、パソコンを再起動してみてください。

 

「Windows10 エクスプローラーのOneDriveを隠す(表示させない)方法」については以上になります。

参考になれば幸いです^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows7 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法

    この記事ではWindows7のパソコンで、言語バー(IMEパッド)が消…

  2. Windows標準搭載ツール

    超簡単!Windows7 IMEパッドの出し方

    この記事ではWindows7のパソコンで、IMEパッドの出し方について…

  3. Windows標準搭載ツール

    漢字の読み方がわからない時などにはIMEパッドで手書きで調べる

    この記事では、漢字の読み方がわからない時などには、Windowsのパソ…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 ハイブリッドスリープの確認方法と設定の仕方

    この記事では「Windows8/8.1 スリープ(スタンバイ)状態の確…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows10 OneDriveがインストールできない時の対処方法

    この記事では「Windows10 OneDriveがインストールできな…

  6. Windows標準搭載ツール

    Windows パソコンからMicrosoftアカウントを作成する

    この記事では、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP