Windows10 ディスククリーンアップのやり方の手順

この記事は「Windows10 ディスククリーンアップのやり方の手順」について案内しております。

ディスククリーンアップの行為は、HDDに負担がかかります。特に、HDDの調子が悪いパソコンは、誤作動の原因となるので念を押して行った方が確実です。

ディスククリーンアップをする際は、以下の3つの注意点を守ってください。

 

  1. ディスククリーンアップを行う際は、全てのアプリケーションを終了させる。
  2. ディスククリーンアップ中は、パソコンを触らない。
  3. ディスククリーンアップ中は電源を切らない(ノートパソコンの場合はバッテリーの残量を確認)。

 

注意事項の詳細について知りたい方はこちらを参照してみてください。

ディスククリーンアップとシステムファイルのクリーンアップ機能を使ってHDDの空き容量を増やす

 

では案内に入りたいと思います。


 

・タスクバーにある「エクスプローラー」を左クリック。

エクスプローラーを左クリック

 

・エクスプローラーの画面が開くので左の項目にある「PC」左クリック。

左のメニューの「PC」を左クリック

 

・右側にドライブが出てきます。

ドライブが右に表示されます

 

・ここでディスククリーンアップしたい「HDD・SSD」を右クリック。

ここでは「Cドライブ」を選択してみたいと思います。

ディスククリーンアップしたいドライブを右クリック

 

・右クリック後、項目が出るので「プロパティ」を左クリック。

プロパティを左クリック

 

・指定したHDD・SSDのプロパティの画面が開くので、「ディスククリーンアップ」を左クリック。

ディスククリーンアップを左クリック

 

・読み込みが終わると、ディスククリーンアップの画面が表示されます。

Windowes10のディスククリーンアップの画面

 

・削除したいファイルを、右のチェックボックスに左クリックで「チェック」を入れます。

どのファイルを削除していいのかわからない方はこちらを参照してください。

「ディスククリーンアップとシステムファイルのクリーンアップの項目一覧の詳細」
削除したいファイルにチェックを入れる

 

・必要な項目にチェックを入れ「OK」ボタンを左クリック。

①ディスククリーンアップでどのぐらい空き容量を増やすことが出来るのか、合計が表示されます。

チェックした後に空き容量がどれぐらい確保できるのか表示される。確認したら下にあるOKボタンを左クリック。

 

・これらのファイルを削除しますか?と聞かれるので「ファイルの削除」を左クリック。

これらのファイルを完全に削除しますか?と聞かれるので「ファイルの削除」を左クリック

 

・削除が終わるまで待ちます。

削除が終わるまで待つ

 

・終わったら先ほどのCドライブのプロパティの画面になるので、使用容量と空き容量を確認してみましょう。

ディスククリーンアップが終わったらドライブのプロパティの画面に戻るので、使用領域と空き領域を確認してみる。

 

「Windows10 ディスククリーンアップのやり方の手順」については以上になります。

参考になれば幸いです。


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows10 HDD(ハードディスク)の容量の確認の仕方前のページ

Windows10 不要なプログラム(アプリケーション)の削除次のページ

関連記事

  1. OneDrive

    Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全に削除する方法

    この記事では、Windows10のパソコンで「エクスプローラーのOne…

  2. Windows10

    Windows10 GeForce ExperienceでNVIDIA(GeForce)ドライバーを…

    Windows10のパソコンで、GeForce Experienceで…

  3. Windows10

    Windows10 レジストリエディターの開き方

    Windows10のパソコンで、レジストリエディタ―の開き方を案内して…

  4. Windows10

    Windows10 PCのメールアプリにGmailを設定する

    Windows10のパソコンに標準搭載されている「メールアプリ」にGm…

  5. Windows10

    Windows10 メールアプリに登録されているメールアドレスを確認する

    最初からインストールされているWindows10パソコンのメールアプリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP