Windows10 タッチパッドを有効・無効に設定する方法

Windows10のノートパソコンで「①タッチパッドの有効・無効の設定方法」と、「②マウスを接続時はタッチパッドを無効にしマウスを使用していない時はタッチパッドを有効にする方法」の2つを案内しております。マウスを使用している状態でタイピングするとカーソルが動いてしまったり、誤ってクリックしてしまう場合があるので、タッチパッドを無効にすることにより改善できます。

 以下の方を対象としています
・タッチパッドの無効と有効の設定方法を知りたい
・マウスを使用している時はタッチパッドを無効にして、マウスを使用していない時はタッチパッドを有効にしたい

対象OSWindows10

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、内容が変更されることがありますがその際はご了承ください。

操作の案内の前に伝えておきたい事

Windows10のパソコンではアカウントが2つあります。

  • Microsoftアカウント
  • ローカルアカウント

そして「Microsoftアカウント」と「ローカルアカウント」には更に「管理者」と「標準ユーザー」の2つがあり、タッチパッドの有効・無効の設定を行う際は、管理者でログインする必要があります。標準ユーザーでログインして設定の変更を行おうとすると、管理者のパスワードが要求されます。

【ユーザーアカウント制御の画面】
Windows10 ユーザーアカウント制御の画面

標準ユーザーで管理者のパスワードを入力すれば設定の変更を行うことはできますが、例えばタッチパッドを有効にした後に無効にする場合は、その度に「ユーザーアカウント制御の画面」が表示され管理者のパスワードを入力しなければならず、かなり面倒くさいです。

回避策としては、管理者でログインすれば「ユーザーアカウント制御の画面」は表示されないので、管理者でログインすることをおすすめします。

操作手順

では「Windows10 タッチパッドを有効・無効に設定する方法」の案内に入りたいと思います。

1.タッチパッドの有効・無効の設定方法
2.マウスの接続時のみタッチパッドを無効にしたい場合

1.タッチパッドの有効・無効の設定方法

・左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②設定」を左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②設定」を左クリックします。

 

・「Windowsの設定」の画面になるので「デバイス」を左クリックします。

「Windowsの設定」の画面になるので「デバイス」を左クリックします。

 

・左の項目にある「タッチパッド」を左クリックします。

左の項目にある「タッチパッド」を左クリックします。

 

・「タッチパッド」のところで有効・無効の設定をすることができます。

「タッチパッド」のところで有効・無効の設定をすることができます。

 

・ここでは現在、タッチパッドが有効になっているので無効にしたいと思います。

「タッチパッド」の下にある切り替えスイッチを左クリック長押しで掴み左に移動→マウスから手を離します

「タッチパッド」の下にある切り替えスイッチを左クリック長押しで掴み左に移動→マウスから手を離します。

【ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合】

先述しましたが、標準ユーザーでタッチパッドの有効・無効の設定の変更を行うと「ユーザーアカウント制御の画面」が表示されるので、「①パスワードを入力」「②はい」を左クリックします。

標準ユーザーでタッチパッドの有効・無効の設定の変更を行うと「ユーザーアカウント制御の画面」が表示されるので、「①パスワードを入力」→「②はい」を左クリックします。

 

・タッチパッドを有効(オン)→無効(オフ)にすることができました。

タッチパッドを有効(オン)→無効(オフ)にすることができました。

タッチパッドを無効(オフ)→有効(オン)にしたい場合は、スイッチを右に切り替えてください。

2.マウスの接続時のみタッチパッドを無効にしたい場合

マウスを使用したりタッチパッドを使用したりと頻繁に切り替えることが多い場合は、マウスの接続時のみタッチパッドを無効に設定すると、便利なのでおすすめです。

無線マウスで受信機をパソコンに接続している場合

無線マウスで受信機(レシーバー)をパソコンに接続して使用している方限定で、全ての無線マウスで検証はできないので定かではないですが、無線マウスの電源を切っても私の環境ではタッチパッドが動いてしまい、受信機(レシーバー)を差し込み口から抜かないと意味がありませんでした。

無線マウスで受信機をパソコンに接続している場合の画像

 

では案内に入ります。

・タッチパッドを「①オン」であることを確認「②マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを左クリックで外します

タッチパッドを「①オン」であることを確認→「②マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを左クリックで外します。

 

・「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックが外れていることを確認し、無線マウスの電源を切った時にタッチパッドが動作して、無線マウスの電源を入れたときはタッチパッドが動作しないか確かめてみてください。

「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックが外れていることを確認し、無線マウスの電源を切った時にタッチパッドが動作して、無線マウスの電源を入れたときはタッチパッドが動作しないか確かめてみてください。

上記のことを行ってもダメな場合は、パソコンから受信機(レシーバー)を取り外して確かめてみてください。

 

「Windows10 タッチパッドを有効・無効に設定する方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となるといいですね^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. USBメモリー

    Windows7 USBメモリの正しい取り外し方

    この記事ではWindows7のパソコンで、USBメモリが壊れないように…

  2. OS・バージョン確認

    Windows10 OSのバージョン番号を確認する方法

    Windows10のパソコンで、OSのバージョン番号を確認する方法につ…

  3. Windows10

    Windows10 デバイスマネージャーからBluetoothドライバを再インストール

    この記事では、Windows10のパソコンで「デバイスマネージャーから…

  4. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 Bluetoothマウスをペアリングで接続し設定をする

    この記事では、Windows8/8.1のノートパソコンで、Blueto…

  5. Windows10

    Windows10 ファイルやフォルダーを簡単に隠す方法

    この記事ではWindows10のパソコンで、ファイルやフォルダーを簡単…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP