Windows10 ローカルアカウントを新規で作成する

この記事では、Windows10のパソコンでローカルアカウントを新規で作成する方法を案内しております。

対象OSWindows10

 この記事で得られること
Windows10のパソコンで、ローカルアカウントを新規で作成する方法を知ることができる。

操作の案内の前に伝えておきたい事

操作の案内の前に2つ伝えておきたいことがあります。

  1. アカウントの種類について
  2. ローカルアカウントを新規で作成するには管理者でサインインする必要がある

1.アカウントの種類について

パソコンにサインインする際に必ずアカウントが必要となってきます。そして、Windows10のパソコンには、アカウントが2種類あります。

  1. ローカルアカウント
  2. Microsoftアカウント

この記事では「1.ローカルアカウント」の作成方法を案内してるので、「2.Microsoftアカウント」の作成方法を知りたい方は下記を参照してください。

【Microsoftアカウントの作成方法】
「Windows10 パソコンからMicrosoftアカウントを作成する」

 

2.ローカルアカウントを新規で作成するには管理者でサインインする必要がある

先ほど、アカウントには「1.ローカルアカウント」と「2.Microsoftアカウント」の2種類があるとお伝えしましたが、「ローカルアカウント」にはさらに細分化され「標準ユーザー」と「管理者」があります。

パソコンに何か重要な変更(アプリケーションのインストールなど)を加えるときは、「標準ユーザー」では管理者のパスワードを要求されたり、管理者でしか行えないことがあります。

そして、Windows10のパソコンでは、標準ユーザーでサインインしてローカルアカウントを新規で作成しようとすると、「家族とその他のユーザー」の項目がなく、作成する事が出来ません。

【管理者でサインインした場合】
管理者でサインインした場合

 

【標準ユーザーでサインインした場合】
標準ユーザーでサインインした場合

以上のことから、管理者でサインインする必要があります。

現在ログインしているアカウントが管理者なのかどうか確認したい方は、下記を参照してください。

【管理者の確認方法】
「Windows10 現在ログインしているユーザー名と管理者なのかどうか確認する」

操作手順

では「Windows10 ローカルアカウントを新規で作成する」案内に入ります。

新規で作成した時点でのアカウントは「標準ユーザー」となっているので、「管理者」に変更する案内もしております。

1.ローカルアカウントを新規で作成する
2.作成したアカウントを標準ユーザーから管理者に変更する

1.ローカルアカウントを新規で作成する

・左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②設定」のアイコンを左クリック。

左下にある「①スタート」ボタンを左クリック’「②設定」のアイコンを左クリック。

 

「アカウント」を左クリック。

「アカウント」を左クリック。

 

・左の項目にある「家族とその他のユーザー」を左クリック。

左の項目にある「家族とその他のユーザー」を左クリック。

 

「その他のユーザーをこのPCに追加」を左クリック。

「その他のユーザーをこのPCに追加」を左クリック。

 

「このユーザーのサインイン情報がありません」を左クリック。

「このユーザーのサインイン情報がありません」を左クリック。

 

「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」を左クリック。

「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」を左クリック。

 

「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

【パスワードを設定しないようにする場合】
パスワードを設定しないようにする場合は、空欄にして「次へ」を左クリックします。
パスワードを設定しないようにする場合は、空欄にして「次へ」を左クリックします。
ただし、パスワードを設定しないのはおすすめしません。確かにパスワードを省略することで、毎回パソコンを起動したときにスキップできるので楽ですが、セキュリティの面から言うとかなり危険です。
仮にあなたのパソコンがハッキングされた場合、サインイン画面でパスワードを入力しないとパソコンにアクセスできないので、「パスワード=ブロックできる」というメリットがあります。ハッカーからしたら、パスワードを知らない限りパソコンにサインインできないので、パスワードを設定することを強くおすすめします。

 

・パスワードを入力し終えると「パスワードを忘れた場合」の画面が表示されるので、質問と答えを入力します

パスワードを入力し終えると「パスワードを忘れた場合」の画面が表示されるので、質問と答えを入力します。

【パスワードの質問と答えについて】
質問と答えは一致する必要がなく、覚えておけば大丈夫です。パスワードを忘れた時に必要となってくるので、必ずメモしておきましょう。
そして、質問と答えは3か所に入力する必要があります。入力しないと「このフィールドは必須です」と表示されます。
質問と答えは一致する必要がなく、覚えておけば大丈夫です。パスワードを忘れた時に必要となってくるので、必ずメモしておきましょう。 そして、質問と答えは3か所に入力する必要があります。入力しないと「このフィールドは必須です」と表示されます。

 

・入力し終えたら「次へ」を左クリック。

入力し終えたら「次へ」を左クリック。

 

・先ほどの「家族とその他のユーザー」の画面に戻るので、新規で作成したローカルアカウントが追加されたかどうか確認してみましょう。

先ほどの「家族とその他のユーザー」の画面に戻るので、新規で作成したローカルアカウントが追加されたかどうか確認してみましょう。

 

2.作成したアカウントを標準ユーザーから管理者に変更する

新規で作成したローカルアカウントは「標準ユーザー」となっているので、「管理者」に変更した場合は、以下の操作手順に従ってください。

・先ほど作成した「①アカウント」を左クリック→「②アカウントの種類を変更」を左クリック。

先ほど作成した「①アカウント」を左クリック’「②アカウントの種類を変更」を左クリック。

 

「①標準ユーザー」を左クリック。

「①標準ユーザー」を左クリック。

 

「①管理者」を左クリックで選択→「②OK」を左クリック。

「①管理者」を左クリックで選択’「②OK」を左クリック。

 

「管理者」の文字が表示されたら完了です!

「管理者」の文字が表示されたら完了です!

【管理者と標準ユーザーの違い】
管理者と標準ユーザーの違いは「管理者」の名前の有無になります。
管理者と標準ユーザーの違いは「管理者」の名前の有無になります。

 

「Windows10 ローカルアカウントを新規で作成する」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows7 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

    この記事では、Windows7のパソコンで特定のフォルダーをタスクバー…

  2. Windows標準搭載ツール

    高速スタートアップとは?メリットとデメリットなど

    この記事では、Windows8から導入された高速スタートアップの意味に…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows パソコンのビット数を確認する方法

    この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Window…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

    この記事では、Windowsのパソコンで「タスクバーを隠す方法」と「小…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows7 タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

    この記事では、Windows7のパソコンでタスクバーを隠す方法と、小さ…

  6. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 現在ログインしているユーザー名と管理者なのかどうか確認する

    Windows8/8.1のパソコンで、現在ログインしているユーザー名(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP