Windows10 マウスポインタ―の画像を変更する方法

Windows10のパソコンで、マウスポインタ―の画像を変更する方法を案内しております。ここでは動くアニメーションキャラクターである「カービィ」を例に説明していきます。

 マウスポインタ―の画像を変更するときのポイント!
・素材となる画像の拡張子は「.ani」と「.cur」しか使用することができない
・意外と使いづらい (笑)

対象OSWindows10

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、操作手順が変更されることがありますがその際はご了承ください。

操作の案内の前に伝えておきたいこと

操作の案内の前に2つ伝えておきたいことがあります。

1.動くアニメーションについて
2.マウスポインタ―に使用できる画像について

1.動くアニメーションについて

通常のマウスポインタ―から例えば下記のように、動くアニメーションに画像を変更することができます。

※デスクトップの様子を専用ソフトで撮影したのですが、撮影した動画を見るとなぜかカービーちゃんが動いてくれなかったので、iPhoneで直に撮りました。動画が荒くなっておりますがご了承ください。カービィちゃんカワユス( ´艸`)

 

2.マウスポインタ―に使用できる画像について

マウスポインタ―の画像を変更する際には、元となる画像が必要となり、パソコンのどの種類のファイルにも必ず「拡張子」というものが付いています。ただし、全てのファイルが開けるというわけではないです。

拡張子とは、画像ファイルで言えば「png」や「jpeg」などの事を言います。

代表的な拡張子は以下になります。全て拡張子の前に「.」が付きます。

ファイルの種類 拡張子
音声 mp3、mpg、wav
画像 png、jpeg、jpg
動画 mp4、mpeg、mov、wmv
アプリケーション exe

マウスポインタ―の画像を変更する際は、拡張子が「.ani」または「.cur」の2つしか使用することができず、「.jpg」「.jpeg」などの画像は使用することができません。

「.ani」と「.cur」について
●「.ani」→Windowsのパソコンで使用する動くアニメーションの画像ファイル
●「.cur」→動かない単なる画像ファイル

ここではこの「星のカービィ」を例にダウンロードして、実際に反映させるまでの流れを案内していきます。

操作手順

では「Windows10 マウスポインタ―の画像を変更する方法」について案内に入りたいと思います。

1.マウスポインタ―の好みの画像をダウンロードする方法
2.通常のマウスポインタから好みの画像に変更する方法
3.最後に

1.マウスポインタ―の好みの画像をダウンロードする方法

マウスポインタ―の画像は「ニコニコ静画」からダウンロードしていきます。

「カービィ」を左クリックします。

「カービィ」を左クリックします。

 

・「http」から始まるURLをコピーします。

「①URL」を左クリック長押しして行き、背景が青く反転されたら右クリック「②コピー」を左クリックします。

※ダウンロードする際は、お礼として作者にコメントを残しておきましょう。

「①URL」を左クリック長押しして行き、背景が青く反転されたら右クリック→「②コピー」を左クリックします。

 

・次に「新しいタブ」を開いていきます。

※ここではGoogle Chromeのブラウザーを例にしていきます。

Webブラウザーの上にある「+」ボタンを左クリックします。

Webブラウザーの上にある「+」ボタンを左クリックします。

 

・先ほどコピーしたアドレスを貼り付けます。

上にある「①カッコ内」を右クリック「②貼り付け」を左クリックします。

上にある「①カッコ内」を右クリック→「②貼り付け」を左クリックします。

 

・アドレスを貼り付け後、キーボードの「Enterキー」を押します

アドレスを貼り付け後、キーボードの「Enterキー」を押します。

 

・下にある「ダウンロード」を左クリックします。ダウンロードに少し時間が掛かるので待ちます。

下にある「ダウンロード」を左クリックします。ダウンロードに少し時間が掛かるので待ちます。

 

・どこに保存するか聞かれるので、ここではわかりやすいように「デスクトップ」に保存してみたいと思います。

左の項目の「①デスクトップ」を左クリック→「②保存」を左クリックします。

左の項目の「①デスクトップ」を左クリック→「②保存」を左クリックします。

どこに保存するかの画面が表示されない場合

・環境によっては「ダウンロード」ボタンを押した後に、画面に何も表示されない場合があります。そのような場合には、左下にある「カービィ.zip」を左クリックします。

環境によっては「ダウンロード」ボタンを押した後に、画面に何も表示されない場合があります。そのような場合には、左下にある「カービィ.zip」を左クリックします。

・後でマウスポインタ―の画像を変更する際に、わかりやすいようにデスクトップに保存しておきます。

「カービィ」のフォルダーを左クリック長押しで掴む→デスクトップに持って行き「デスクトップへコピー」の文字が表示されたらマウスから手を離します

「カービィ」のフォルダーを左クリック長押しで掴む→デスクトップに持って行き「デスクトップへコピー」の文字が表示されたらマウスから手を離します。

・デスクトップに「カービィ」のフォルダーを保存することができました。

デスクトップに「カービィ」のフォルダーを保存することができました。

 

・デスクトップに保存された「Zipファイル」をダブルクリックします。

デスクトップに保存された「Zipファイル」をダブルクリックします。

 

・「Zipファイル」の中から「カービィ」のフォルダーを取り出します。ここでもわかりやすいように、デスクトップに保存してみたいと思います。

「カービィ」のフォルダーを左クリックで選択して背景が青く反転されたことを確認し、左クリック長押しでフォルダーを掴みデスクトップに持って行き、「デスクトップへコピー」と表示されたらマウスから手を離します

「カービィ」のフォルダーを左クリックで選択して背景が青く反転されたことを確認し、左クリック長押しでフォルダーを掴みデスクトップに持って行き、「デスクトップへコピー」と表示されたらマウスから手を離します。

 

・デスクトップに「カービィ」のフォルダーを保存することができました。

デスクトップに「カービィ」のフォルダーを保存することができました。

これで画像は準備できたので、次にこのカービィの画像を使いマウスポインタ―のを変更していきます。そのままお進みください。

 

2.通常のマウスポインターから好みの画像に変更する方法

さきほどダウンロードした、マウスポインタ―の「カービィ」の画像を変更する手順に入ります。

・左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②設定」のアイコンを左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②設定」のアイコンを左クリックします。

 

「デバイス」を左クリックします。

「デバイス」を左クリックします。

 

・左の項目にある「マウス」を左クリックします。

左の項目にある「マウス」を左クリックします。

 

「その他のマウスオプション」を左クリックします。

「その他のマウスオプション」を左クリックします。

 

・上のタブにある「ポインター」を左クリックします。

上のタブにある「ポインター」を左クリックします。

後でまた元に画像を戻すことも考えて現在選択しているデザインは覚えておこう

ここで一つ伝えておきたいことがあり、現在選択されている「デザイン」は覚えておきましょう。マウスポインタ―の画像を変更した後に、やっぱり通常のマウスポインタ―の画像がいいと思い元に戻す場合、どのデザインを選んでいたのか分からなくなるケースがあるからです。具体的に説明していきます。
・「デザイン」にある「文字」を左クリックすると、「現在選択されている項目」が下に青く表示されます。

「デザイン」にある「文字」を左クリックすると、「現在選択されている項目」が下に青く表示されます。

・そして、選んだデザインが「カスタマイズ」に反映されています。

そして、選んだデザインが「カスタマイズ」に反映されています。

・次に、各項目(通常の選択やヘルプの選択)のマウスポインタ―を「①カスタマイズ」から変更していきますが、万が一変更した画像を元に戻したい場合は、変更する前の設定を「②デザイン」から自分で選ばなければなりません。

次に、各項目(通常の選択やヘルプの選択)のマウスポインタ―を「①カスタマイズ」から変更していきますが、万が一変更した画像を元に戻したい場合は、変更する前の設定を「②デザイン」から自分で選ばなければなりません。

・デザインは似たり寄ったりの項目が多いので、覚えきれないことがあるからです。

デザインは似たり寄ったりの項目が多いので、覚えきれないことがあるからです。

・万が一元に戻したい場合は、一つ一つ確認してもいいですが面倒くさい方もいると思うので、現在選択している「デザイン」は覚えておく事をおすすめします。

※初期設定では「Windows標準(システム設定)」となっています。

初期設定では「Windows標準(システム設定)」となっています。

 

・話が逸れましたが、さきほどダウンロードした「カービィ」のマウスポインタ―の画像に変更していきたいと思います。

まずは最初に、1番上にある「①通常の選択」を左クリックし背景が青く反転されたことを確認「②参照」ボタンを左クリックします。

1番上にある「①通常の選択」を左クリックし背景が青く反転されたことを確認→「②参照」ボタンを左クリックします。

 

・さきほどカービィの画像をダウンロードしたデスクトップの場所を開きます。

左の項目にある「デスクトップ」を左クリックします。

左の項目にある「デスクトップ」を左クリックします。

 

「①カービィ」のフォルダーを左クリック→「②開く」を左クリックします。

「①カービィ」のフォルダーを左クリック→「②開く」を左クリックします。

 

「①通常の選択」を左クリックで選択→「②アイコン画像」を確認「③開く」を左クリックします。

「①通常の選択」を左クリックで選択→「②アイコン画像」を確認→「③開く」を左クリックします。

パッと見てカービィのアイコンが確認できない場合がある

・カービィのアイコンが他のアプリケーションで開くように設定されている場合は、下図のような状態になっており、パッと見てもわからないことがあります。

カービィのアイコンが他のアプリケーションで開くように設定されている場合は、下図のような状態になっており、パッと見てもわからないことがあります。

・このような場合は、残念ながら元に戻すことは出来ないので、「①ファイル」を一つ一つ左クリックしていき、左下の「②プレビュー」で確認しましょう。

このような場合は、残念ながら元に戻すことは出来ないので、「①ファイル」を一つ一つ左クリックしていき、左下の「②プレビュー」で確認しましょう。

 

「①通常の選択」が選択されたことを確認→右上で動いている「②マウスポインタ―の画像」を確認することができます。

「①通常の選択」が選択されたことを確認→右上で動いている「②マウスポインタ―の画像」を確認することができます。

 

・マウスポインタ―の画像を一気に変更するのは出来ないので、「ヘルプの選択」や「バックグラウンドで作業中」などの他の項目も変更したいのであれば、ここまでの操作手順を繰り返していきます。

マウスポインタ―の画像を一気に変更するのは出来ないので、「ヘルプの選択」や「バックグラウンドで作業中」などの他の項目も変更したいのであれば、ここまでの操作手順を繰り返していきます。

※操作手順に戻りたい方はこちらをクリックしてください。

 

・マウスポインタ―の画像をカービィに変更したので、この変更した内容を保存しておく場合は、「名前を付けて保存」を左クリックします。

名前を付けて保存する理由
変更内容は保存しておくことをおすすめします。変更内容を保存していないと、他の画像を選びまたカービィの画像に戻そうと思った場合に、再度、一つ一つ設定をしなければならないので面倒くさいためです。

マウスポインタ―の画像をカービィに変更したので、この変更した内容を保存しておく場合は、「名前を付けて保存」を左クリックします。

 

・現在表示されている名前をキーボードの「Delete」もしくは「BackSpace」で消します。

現在表示されている名前をキーボードの「Delete」もしくは「BackSpace」で消します。

 

・ここでは「①カービィ」と入力「②OK」ボタンを左クリックします。

ここでは「①カービィ」と入力→「②OK」ボタンを左クリックします。

 

・念のため変更した内容が保存されているか確認してみましょう。

デザインにある「①文字」を左クリック→一覧の中から「②カービィ」を確認することができました。

デザインにある「①文字」を左クリック→一覧の中から「②カービィ」を確認することができました。

 

・マウスポインタ―を好みの画像に変更し終えたら、右下にある「①適用」ボタンを左クリックし、「マウスのプロパティ」の画面はそのままにして色々操作してみましょう。特に問題なければ「②OK」ボタンを左クリックして完了です。

マウスポインタ―を好みの画像に変更し終えたら、右下にある「①適用」ボタンを左クリックし、「マウスのプロパティ」の画面はそのままにして色々操作してみましょう。特に問題なければ「②OK」ボタンを左クリックして完了です。

 

3.最後に

最後に、重要なことを伝えておきます。デスクトップに保存したカービィのフォルダーの中にある画像ファイルは、削除してしまうと変更前の状態に戻ってしまいます。

よって、提案になりますがマウスポインタ―の画像が格納されている「Cursors」というフォルダーに保存しておくことをおすすめします。「デスクトップにあった方がいいんです!」と言う方は、ここで終了なのでお疲れさまでした^^

「Cursors」のフォルダーにダウンロードした画像を保存する場合は、このままお進みください。


「Cursors」のフォルダーは以下のパスをコピペしてください。

C:\Windows\Cursors

・コピーし終えたら「エクスプローラー」を左クリックします。

コピーし終えたら「エクスプローラー」を左クリックします。

 

・上のバーにある文字を消していきます。

上のバーにある文字を左クリック→背景が青く反転されたことを確認→キーボードの「BackSpace」キーを押します

上のバーにある文字を左クリック→背景が青く反転されたことを確認→キーボードの「BackSpace」キーを押します。

 

・先ほどの「パス」をコピーします。

「①バー」を右クリック「②貼り付け」を左クリックします。

「①バー」を右クリック→「②貼り付け」を左クリックします。

 

・貼り付け後、キーボードの「Enter」キーを押します。

貼り付け後、キーボードの「Enter」キーを押します。

 

・この「Cursors」のフォルダーの中にカービィのフォルダーを追加します。

この「Cursors」のフォルダーの中にカービィのフォルダーを追加します。

 

カービィのフォルダーを左クリック長押しで掴み、フォルダーに持って行き「Cursorsへコピー」と表示されたらマウスから手を離します

カービィのフォルダーを左クリック長押しで掴み、フォルダーに持って行き「Cursorsへコピー」と表示されたらマウスから手を離します。

 

・「このフォルダーへコピーするには管理者の権限が必要です」と表示されるので、「続行」を左クリックします。

「このフォルダーへコピーするには管理者の権限が必要です」と表示されるので、「続行」を左クリックします。

管理者権限の画面が表示された場合
・管理者の「①ユーザー名」が表示→「②表示されている管理者の「パスワード」を入力「③はい」を左クリックします。
管理者の「①ユーザー名」が表示→「②表示されている管理者の「パスワード」を入力→「③はい」を左クリックします。

 

・コピーのロード画面が終わると、カービィのフォルダーが「Cursors」のフォルダーの中に保存することができます。

コピーのロード画面が終わると、カービィのフォルダーが「Cursors」のフォルダーの中に保存することができます。

「Windows10 マウスポインタ―の画像を変更する方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^お疲れさまでした!


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 デバイスマネージャーのショートカットを簡単に作成する

    この記事では、Windows7のパソコンで初心者の方にも簡単にできる「…

  2. Windows10

    Windows10 タスクバーを表示・非表示にする方法

    Windows10のパソコンで、タスクバーを「表示」または「非表示」に…

  3. Windows7

    Windows7 デスクトップのアイコンが固定されて動かない時の対処方法

    この記事では、Windows7のパソコンで、デスクトップのアイコンが固…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法

    この記事ではWindowsのパソコンで、言語バー(IMEパッド)が消え…

  5. Windows10

    Windows10 現在ログインしていないユーザー名とアカウントの種類を確認

    この記事では、Windows10のパソコンで「現在ログインしていないユ…

  6. Windows7

    超簡単!Windows7 タスクバーの位置を固定・移動する

    この記事ではWindows7のパソコンでタスクバーの位置を固定する方法…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP