MBR形式とGPT形式の違い(パーティション)

Translate:
スポンサーリンク

この記事は「MBR形式とGPT形式の違い(パーティション)」の案内になります。

対象OSWindowsXP、Windows Vista、Windows7、Windows8/8.1、Windows10


この記事で得られること

MBR形式とGPT形式の違いを知り、パーティションの形式を選択する際に、どちらを選べばいいか判断できる。

HDD・SSDを増設したときや、その後に「ディスク管理」の画面を開くと、下記のような画面が出てきて「MBR」と「GPT」どちらかを選ばなければなりません。

これはいわゆる初期化(フォーマット)する前に、パーティションの形式をどうするのか決めないとパソコンがHDD・SSDを認識しないため、このような画面が出てきます。

HDDなどを増設するとMBRとGPTどちらかを選ぶ画面が出てくる

そもそもMBRとGPTとは何なのか簡単に説明していきます。MBRとGPTの違いについては最後の方で述べたいと思います。

MBRとGPTはパーティション形式の事を指します。

パーティションについての詳細を知りたい方はこちら

「パーティションとは?間取り図を例にして考えてみると解りやすい」

MBR形式とは

MBR形式とは(Master Boot Record)の略で、マスターブートレコードと読みます。

古くからあるパーティション形式で、XP以前のOSでも使用することが可能です。ただし、HDDの容量は2TBまでと上限があります。

GPT形式とは

GPT形式とは(Globally Unique IDentifier Partition Table)の略で、ガイドパーティションテーブルと読みます。

新しいパーティション形式で、Windowsが正式にGPTに対応したのはWindows Vista以降となるので、XPを含め以前のOSでは使用することが出来ません。加えて64bitの環境が必要となってきます。

HDDの容量の上限は、8.5ZBとなります。※1

※1 1ZBは1TBの10億倍なので、85億TBとなります(笑)。宇宙ですね。

MBRとGPTの違い

MBRとGPTの主な違いについては以下になります。

MBR

  1. 2TB以下
  2. 最大4個までパーティションを分けれる
  3. 32bit環境まで
  4. どのマザーボードでも使用可能

GPT

  1. 2TB以上(最大8.5ZB) ※1
  2. 最大128個までパーティションを分けれる
  3. 64bit環境が必要
  4. マザーボードがUEFIに対応している必要がある ※2

※1 Windows XP以前のOSでは、2TBを超えるハードディスクは4Kセクタに対応していなければ使用する事が出来ない。

※2 UEFIとは、Intel 6シリーズのマザーボードから導入されたチップセットです。

MBRとGPTの違いを踏まえて結局のところどちらを選ぶかになってきますが、上記のMBRとGPTの違いで書いたように、環境によって変わってくるという事になります。

2TB以上のHDDで4個以上のパーティション(拡張パーティションを含めない)を作成したいのであれば、GPTでそれ以外はMBRでいいと思います。

「MBR形式とGPT形式の違い(パーティション)」については以上になります。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です