Windows11 アバスト(無料アンチウイルスソフト)をアンインストールする

この記事ではWindows11のPCで、無料アンチウイルスソフトのアバストをアンインストールする方法を案内しています。始めに勝手にインストールされる理由、アンインストール方法、最後に何かしらの原因でアバストがアンインストールできない時の対処方法について案内していきます。

 以下の方を対象としています
・なぜ勝手にインストールされてしまったのか?
・アンインストール方法について
・アンインストールできない時の対処方法について

対象OSWindows11

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、内容が変更されることがあります。そして、この記事では自動広告が表示されているため、意図しないアバストの広告が表示される事がありますがご了承くださいませ。

※この記事はアマゾンアソシエイトプログラムに参加しています。

スポンサーリンク

なぜ知らぬ間にインストールされたのか?

アバストがなぜ勝手にインストールされるかと言うと、他のソフトをインストールすると、小さい文字で「アバストをインストールする」にチェックが入っていたりよく読まずに「同意」のボタンを押してしまい、知らず知らずの内にインストールされてしまう事が原因です。

しかし現在は違うソフトになっているようです。

私も少し前に試してみようと思い「CCleaner」と言うソフトをインストールした際に、アバストのダウンロードを促す画面が表示された事は記憶にあります。

2023年11月現在は「AVG」と言うアンチセキュリティソフトのダウンロードを促す画面が表示されるようになっているようです。「AVG」はアバストの子会社であるため、自社の製品を広めたいという観点からは理にはかなっています。

ちなみにWindows10のPCやこのPC含めて3台で試してみましたが、全て「AVG」のソフトをダウンロードを促す画面でした。

【CCleaner初回起動時の画面】
CCleaner初回起動時の画面

なぜ「AVG」に変更されているのか

この辺は分からない部分があるのですが、推測すると以下のような事が考えられます。

  • AVGはアバストの子会社で自社の製品であるため
  • ある一定期間でAVGやアバストなどに自動的に変更している
  • 更新プログラムのバージョン違い

少し話がずれましたが、アバスト限らず海外の無料アンチウイルスソフトは法律ギリギリな事を行っている事が多いので「アバストのアンチウイルスソフトがそもそもウイルスじゃん」と言う声が多かったのも事実です。

しかし、アンチウイルスソフトで有名な「Norton」に2022年11月に吸収合併されてからは、上図のようにアバストをインストールする際は分かりやすくなったのも事実で、昔みたいに「法には触れていないから大丈夫」ではなく「ユーザーに寄り添う」と言う方針は少しは改善されて来ている感じもします。

スポンサーリンク

Windows11 アバストをアンインストールする方法

では操作手順に入りたいと思います。

1.「①スタート」ボタンを右クリック→「②設定」を左クリックします。

「①スタート」ボタンを右クリック→「②設定」を左クリックします。

 

2.左側にある「アプリ」をクリックします。

左側にある「アプリ」をクリックします。

 

3.右側にある「アプリと機能」をクリックします。

右側にある「アプリと機能」をクリックします。

 

4.下にスクロールすると現在PCにインストールされている「アプリの一覧」が表示されます。

下にスクロールすると現在PCにインストールされている「アプリの一覧」が表示されます。

 

5.123、ABC、あいうえお順になっているのでこの中からアバストを探します。

「Avast Free Antivirus」の右側にある「①…」をクリック→「②アンインストール」をクリックします。

「Avast Free Antivirus」の右側にある「①…」をクリック→「②アンインストール」をクリックします。

 

6.「このアプリとその関連情報がアンインストールされます。」と表示されるので「アンインストール」ボタンをクリックします。

「アンインストール」ボタンをクリックします。

ユーザーアカウント制御が表示された場合

ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は、管理者のログインパスワードを入力してください。

「①管理者の名前」を確認→「②管理者のパスワード」を入力→「③はい」をクリックします。

「①管理者の名前」を確認→「②管理者のパスワード」を入力→「③はい」をクリックします。

※管理者のログインパスワードを設定していない場合は、「②」は空欄のまま「③はい」をクリックします。

 

7.するとアバストのセットアップ画面が表示されるので「アンインストール」をクリックします。

※この画面はバージョンによって異なる場合があるので画面の指示に従ってください。

「アンインストール」をクリックします。

 

8.すると「アバストをアンインストールしようとしました。これは正当な操作である可能性がありますが、マルウェア攻撃により引き起こされた場合もあります。この操作を許可すると、システムは保護されません」とメッセージが表示されます。

一見脅しのようなメッセージですが、無視して「はい」ボタンをクリックします。

「はい」ボタンをクリックします。

 

9.「製品をアンインストール中」と出るので待ちます。

※アンケートが表示されることもありますが、答えても答えなくてもどちらでも大丈夫です。

「製品をアンインストール中」と出るので待ちます。

 

10.「製品は正常にアンインストールされました」と表示されるので、保存していないデータは保存して「コンピューターを再起動する」をクリックします。

保存していないデータは保存して「コンピューターを再起動する」をクリックして、アバストのアンインストールは完了です。

コンピューター再起動後、アバストのアンインストールは終わりになります。

アバストをアンインストールした後はアンチウイルスソフトが無くなるけど大丈夫?

基本的には大丈夫です。

一瞬だったのでスクリーンショットを撮れませんでしたが、アバストをアンインストールした後に画面右下にポップアップ通知として「Microsoft Defenderを有効にする」などのメッセージが表示されるはずです。

Windows11では、Microsoft Defender(旧Windows Defender)と言うのは、最初からインストールされているアンチウイルスソフトで評価もそこそこ高いソフトで、アンチウイルスソフトが入っていない場合や今回のようにアンインストールした場合は、自動的Microsoft Defenderが有効になります。

仮に有効になっているかどうか心配であればすぐに確認できるので、下記の手順で確認してみて下さい。

1.下にある「①スタート」ボタンをクリック→「②設定」をクリックします。

下にある「①スタート」ボタンをクリック→「②設定」をクリックします。

 

2.次に左側にある「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

左側にある「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。

 

3.右側に表示された「Windowsセキュリティ」をクリックします。

右側に表示された「Windowsセキュリティ」をクリックします。

 

4.「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。

「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。

 

5.「Windowsセキュリティ」が開くので左側にある「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

左側にある「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

 

6.この画面からMicrosoft Defenderが有効になっているのかどうか確認する事が出来ます。

【アバストの場合】
アバストの場合は「Avast Antivirusは有効になっています」と表示され、各項目は「処置は不要です」となっています。
アバストの場合は「Avast Antivirusは有効になっています」と表示され、各項目は「処置は不要です」となっています。
【Microsoft Defenderが有効の場合】
Microsoft Defenderの場合は、「クリックスキャン」ボタンなど「各項目の状態の説明」があったりします。
Microsoft Defenderの場合は、「クリックスキャン」ボタンなど「各項目の状態の説明」があったりします。

Microsoft Defender(旧Windows Defender)だけで大丈夫なの?

説明した通り、Windows11では最初からインストールされている「Microsoft Defender(旧Windows Defender)」と言うセキュリティソフトがインストールされており、アバストや他のセキュリティソフトが削除されたら自動的にこのMicrosoft Defenderの機能が有効になるので、ユーザーが特にセキュリティに関して気にする必要はありません。

しかし、Microsoft Defenderは月によってはウイルスの検出率が高かったり低かったりする場合があります。そして、セキュリティを高く保ちたいのであれば有料のセキュリティソフトは入れるべきだと私は考えています。

アバストをアンインストールできない時の対処方法

ハッキリとした理由は分かりませんが環境によってはアバストをアンインストールできない事もあります。アンインストールできない場合は、アバストの公式での案内があるのでそちらの手順に沿ってアンインストールしてみて下さい。

「Windows からアバストをアンインストールできない場合に行うこと」

以上になります。

関連記事

「ウィルスが見つかりました、ウイルスが検出されました」の消し方

スポンサーリンク
 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows11 デバイスマネージャーを3秒で開く方法前のページ

ESET 残りのデバイスの台数(ライセンス数)を確認する方法次のページ

関連記事

  1. Windows11

    Windows11 PINコードを変更する方法

    Windows11のPCで、PINコードを変更する方法を案内していきま…

  2. Windows11

    Windows11 ローカルアカウントを作成・追加する方法

    Windows11のPCで、ローカルアカウントを作成・追加する方法を案…

  3. Windows11

    Windows11 ローカルアカウント(ユーザー名)の名前を変更する方法

    Windows11のPCで、ローカルアカウント(ユーザー名)の名前を変…

  4. Windows11

    Windows11 PINコードを削除/解除する方法

    Windows11のPCで、設定したPINコードを削除/解除する方法を…

  5. Windows11

    Windows10 サブモニター(ディスプレイ)を縦・横に表示する方法

    Windows10のPCで、サブモニターの画面を縦に表示したり、横に表…

  6. Windows11

    Windows11 アカウントのプロフィール画像を元に戻す方法

    Windiws11のPCで、アカウントのプロフィール画像を人型であるデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

カテゴリー

PAGE TOP