Windows8/8.1 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法

この記事ではWindows8/8.1のパソコンで消えたタスクバーをサクッと元に戻す操作の案内をしております。時間短縮のため、スタートボタンからではなくタスクバーを右クリックで設定する案内になります。

対象OSWindows8/8.1


この記事で得られること
Windows8/8.1のパソコンで、消えたタスクバーをサクッと元に戻して、正常のパソコンの状態に戻すことが出来る。

 

操作案内の前に伝えておきたいこと

操作案内に入る前に1つだけ伝えておきたいことがあります。

 

タスクバーが上下左右、どこにあるのか確認しておく

この記事では、時間短縮のためスタートメニューからの案内はしておらず、「タスクバーを右クリック」して設定をしていきます。

そのため、タスクバーの位置を確認しておく必要があります。

人によってはタスクバーが隠れている設定をしている場合があると思うので、上下左右どこにタスクバーがあるのか確認しておいてください。

タスクバーが隠れているが隠れている場合があるので、上下左右確認してみる。

 
ポイント
タスクバーが見当たらない場合は、エクスプローラーが正常に動作していない事が考えられます。その場合は「こちら」をクリックしてください(記事内の操作案内に飛びます)。

 

Windows8/8.1 カーソルを画面の端に持って行かないとタスクバーが表示されない場合

タスクバーの設定で隠れている事が考えられます。

設定から「タスクバーを自動的に隠す」のチェックを外すことで、カーソルを持っていかなくてもタスクバーが常駐されるようになります。

 

・カーソルをタスクバーに持っていきます(ここでは下に持っていきます)。

カーソルをタスクバーに持っていく。

 

・タスクバーが表示されたら「タスクバーの上で右クリック」

タスクバーの上で「右クリック」。

 

・項目が出てくるので「プロパティ」を左クリック。

「プロパティ」を左クリック。

 

「タスクバーを自動的に隠す」にチェックが入ってるので、左クリックでチェックを外します。

「タスクバーを自動的に隠す」のチェックを左クリックで外す。

 

「タスクバーを自動的に隠す」のチェックが外れたことを確認し「適用」ボタンを左クリック。

「タスクバーを自動的に隠す」のチェックが外れたことを確認し「適用」ボタンを左クリック。

 

「ok」ボタンや左上にある「×」ボタンでプロパティの画面は閉じてもらって大丈夫です。

消えたタスクバーが元に戻っているのか確認してみましょう。

 

Windows8/8.1 カーソルを画面の端に持って行ってもタスクバーが表示されない場合

デスクトップ画面の、上下左右にカーソルを持っていってもタスクバーが表示されない場合は、「エクスプローラー(explorer.exe)」が正常に起動していないか、元々起動していないかどちらかが考えられます。

「エクスプローラー」とはデスクトップを表示したり、フォルダの中身を表示したり、タスクバーを表示したりといった機能を持っています。

何かしらの原因でこの「エクスプローラー」に不具合が起きている事が考えられます。

 

タスクマネージャーから「エクスプローラー」の再起動をしても駄目だったり「エクスプローラー」が見つからない場合は、「エクスプローラー」を新しく起動してみましょう。

 

エクスプローラーを再起動してみる

まずは「エクスプローラー(explorer.exe)」を再起動してみましょう。

 

・キーボードの左下にある「Ctrl」+「Alt」を押しながら右側にある「Delete」を押します。

 
ポイント
一気に同時に押すと失敗する場合があるので、順番に押して行ってみましょう。

 

画面が切り替わるので「タスクマネージャー」を左クリック。

画面が切り替わるので「タスクマネージャー」を左クリック。

 

・タスクマネージャーが起動したらタブが「プロセス」になっていることを確認し、この中から「エクスプローラー」を探します。
左上のタブが「プロセス」になっていることを確認する。

 
ポイント
「エクスプローラー」が見当たらない場合は左上にある「名前」を左クリックする事により、名前順に並べられるので簡単に調べることが出来ます。

左上にある「名前」を左クリックする事により名前順になるので、「エクスプローラー」が探しやすくなる。

それでも、エクスプローラーが見当たらない場合は「こちら」をクリックしてください(記事内に飛びます)。

 

「エクスプローラーを右クリック」

「エクスプローラー」を右クリック。

 

・右クリック後「再起動」を左クリック。

項目の中から「再起動」を左クリック。

 

消えたタスクバーが元に戻っているのか確認してみましょう。

 

エクスプローラーを新しく起動してみる

エクスプローラーが見当たらなかったり、再起動しても駄目な場合はエクスプローラーを新しく起動してみることにより消えたタスクバーが元に戻ることがあります。

 

「エクスプローラーを右クリック」。 「エクスプローラー」を右クリック。

 

・項目の中から「タスクの終了」を左クリック。

 
ポイント
デスクトップにあるアイコンなどは消えて壁紙だけになったり、壁紙も無くデスクトップが真っ暗になったりする事もありますが、操作は出来るのでご安心を。

「タスクの終了」を左クリック。

 

・左上にある「ファイル」を左クリック後「新しいタスクの実行」を左クリック。

左上にある「ファイル」を左クリック後「新しいタスクの実行」を左クリック。

 

「explorer.exe」とボックスの中に入力し「OK」ボタンを左クリック。

ボックスの中に「explorer.exe」と入力し「OK」ボタンを左クリック。

 

消えたタスクバーが元に戻ったか確認してみましょう。

 

パソコンを再起動する

パソコンを再起動する事により設定がリセットされるので、消えたタスクバーが元に戻る場合があります。

 

タスクバーが隠れていて見当たる場合

  1. 左下にある「スタートボタンを右クリック」
  2. 「シャットダウンまたはサインアウト」にカーソルを持っていき「シャットダウン」を左クリック。

 

タスクバーが見当たらない場合

  1. キーボードの左下にある「Ctrl」+「Alt」を押しながら右にある「Delete」を押す
  2. 画面が切り替わるので「タスクマネージャー」を左クリック。

 

 

「Windows8/8.1 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows パソコンからMicrosoftアカウントを作成する

    この記事では、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows7 デスクトップのアイコンのサイズを小さくしたり大きくする

    この記事では、Windows7のパソコンで、デスクトップのアイコンのサ…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 パソコンのスペック(基本情報)の確認方法と見方

    この記事は「Windows8/8.1 パソコンのスペック(基本情報)の…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows7 スタートメニューにあるアイコンを変更しカスタマイズする

    この記事ではWindows7のパソコンでスタートメニューにあるアイコン…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows8/8.1 メモ帳の起動の仕方

    ここでは、Windows8/8.1のパソコンで、3つの方法で「メモ帳の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP