Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全に削除する方法

この記事では、Windows10のパソコンで「エクスプローラーのOneDriveを完全に削除する方法」について案内しております。

 この記事で得られること
Windows10のパソコンで、エクスプローラーの左に表示されているOneDriveを完全に削除する方法を知ることが出来る。

対象OSWindows10

操作案内の前に伝えておきたいこと

エクスプローラーにあるOneDriveは以下の事を言います。

Windows10 エクスプローラーにあるOneDrive

 

操作の案内の前に2つ伝えておきたいことがあります。

1.エクスプローラーからOneDriveを消す方法は2つある
2.レジストリを編集する

1.エクスプローラーからOneDriveを消す方法は2つある

エクスプローラーからOneDriveを消す方法は以下の2通りがあります。

1.OneDriveを隠す(表示させない)
2.OneDriveを完全に削除する

「1.OneDriveを隠す(表示させない)」と「2.OneDriveを完全に削除する」の違いについては、以下になり、どちらもレジストリを変更します。

レジストリについてよくわからない方は下記を参照してください。

【レジストリについて】
「レジストリとは一体なんなのか?」

 

1.OneDriveを隠す(表示させない)
OneDriveのレジストリ情報が残る。

2.OneDriveを完全に削除する
OneDriveのレジストリ情報を全て削除するので、スッキリする。

 

レジストリ情報のデータが残ったとしてもデータの使用量は微々たるものですが、どうせなら「2.OneDriveを完全に削除する」のOneDriveのレジストリ情報を削除したほうが個人的にはいいかなと思います。

どちらも「レジストリエディタ―」を起動して、手間に関しては大差ないです。

それでも「1.OneDriveを隠す(表示させない)」方法で行いたい方は下記を参照して下さい。

【OneDriveを隠す(表示させない)方法】
「Windows10 エクスプローラーのOneDriveを隠す(表示させない)方法」

 

2.レジストリを編集する

「レジストリエディター」を起動してレジストリを編集して行きます。

誤って他のレジストリ情報を消してしまったり、変更してしまうと、デスクトップの表示方法がおかしくなったり、インターネットに繋がらなくなってしまったり、最悪の場合はパソコンが起動できなくなったりします。

レジストリの編集自体は難しい作業では無いですが、不安な方は、何らかしらの不具合が起きた時の対策として、パソコンを以前の状態に戻せるよう「復元ポイントの手動作成」と、「レジストリのバックアップ」を取っておくことをおすすめします。

【復元ポイントの手動作成の方法】
「Windows10 システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する」
【レジストリのバックアップ方法】
「超簡単!Windows10 レジストリのバックアップと復元方法」

操作手順

では「Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全に削除する方法」の操作手順に入ります。

まずは「レジストリエディター」を起動します。

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②ファイル名を指定して実行」を左クリック。

左下にある「①スタート」ボタンを右クリック’「②ファイル名を指定して実行」を左クリック。

 

・ボックスの中に「①regedit」と入力「②OK」ボタンを左クリック。

regeditはコピペでOKです。

ボックスの中に「①regedit」と入力’「②OK」ボタンを左クリック。

【ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合】
ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は「はい」を左クリック。
Windows10 ユーザーアカウント制御の画面が表示された場合は「はい」を左クリック。

 

・「レジストリエディタ―」が起動します。

「レジストリエディタ―」が起動します。

 

・以下のパスをコピペします。1個ずつ行います。

①HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}
②HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432Node\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}

 

・ここでは上の「HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}」で案内していきます。もう1つもこれから案内する手順でコピペし、削除してください。

「①上のボックスの何もないところ」を左クリック→「②表示されている文字を消す」

「①上のボックスの何もないところ」を左クリック’「②表示されている文字を消す」。

 

・文字が消され空白になっている事を確認し、HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}をコピーする。

キーボードの「Ctrl+v」か「①何もないところ」で右クリック「②貼り付け」

文字が消され空白になっている事を確認し、HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}をコピーする。 キーボードの「Ctrl+v」か「①何もないところ」で右クリック’「②貼り付け」。

 

・貼り付け後、キーボードのEnterキーを押す

貼り付け後、キーボードのEnterキーを押す。

 

・画面が切り替わり、さきほど貼り付けた「パスのフォルダー」が青くなっている事を確認

画面が切り替わり、さきほど貼り付けた「パスのフォルダー」が青くなっている事を確認。

 

・これだと見にくいので下にスクロールしていきます。

これだと見にくいので下にスクロールしていきます。

 

・見えやすい位置になったら「①HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}」を右クリック「②削除」を左クリック。

見えやすい位置になったら「①HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}」を右クリック’「②削除」を左クリック。

 

・「このキーとそのサブキーをすべて完全に削除しますか?」と聞かれるので「はい」を左クリック。

「このキーとそのサブキーをすべて完全に削除しますか?」と聞かれるので「はい」を左クリック。

 

・「HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}」が消えたことを確認できました。

「HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}」が消えたことを確認できました。

 

先ほど紹介したもう1つのキーも、同じ要領で削除していきます。

HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432Node\CLSID\{018D5C66-4533-4307-9B53-224DE2ED1FE6}

2つのレジストリキー(フォルダー)を削除し終えたら、パソコンを再起動してましょう。エクスプローラーからOneDriveが消えているはずです。

 

「Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全に削除する方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows コマンドプロンプトの起動方法

    この記事は「コマンドプロンプトの起動方法」についてWindows7、W…

  2. Windows標準搭載ツール

    デスクトップのショートカットアイコンが消えた時にチェックしておきたい8つの事

    この記事では、Windowsのパソコンで「デスクトップのショートカット…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows10 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法

    この記事では、Windows10のパソコンでタスクバーが消えた時に、サ…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows10 パソコンからMicrosoftアカウントを作成する

    この記事では「Windows10 パソコンからMicrosoftアカウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP