Windows10 OneDriveがインストールできない時の対処方法

この記事では「Windows10 OneDriveがインストールできない時の対処方法」について案内しております。

 この記事で得られること
Windows10のパソコンで、OneDriveをインストールすることが出来る。

対象OSWindows10

操作案内の前に伝えておきたいこと

以前(2017年頃)は、OneDriveを再インストールするため、Microsoftのダウンロードページから、OneDriveのセットアップのアプリケーションをダウンロードしようとすると「既にインストール済み」と表示され、どこからダウンロードすればいいのか解らず困ってた人も多いかと思います。

いつからダウンロードできるようになったのか解らないですが、現在はダウンロードできるようになっています。

OneDriveを再インストールする方法は2通りあります。


1.Microsoftのダウンロードページから
MicrosoftのOneDriveのダウンロードページから、OneDriveのセットアップするアプリケーションをダウンロードしインストールします。

2.自分のパソコンから
自分のパソコンから、OneDriveのセットアップするアプリケーションを起動してインストールする方法になります。


よって、ここでは上記の2通りの方法を案内していきます。

OneDrive限らず言えることですが、セキュリティなどの観点などから、基本的には新しいバージョンをインストールするのが得策なので、出来る限り「1.Microsoftのダウンロードページから」ダウンロードしてインストールしましょう。

仮に今すぐにでもインストールする必要があり、インターネットにつながっていない時や、Microsoftから何らかしらの理由によりダウンロードできない場合は、「2.自分のパソコンから」行いましょう。

操作手順

では「Windows10 OneDriveがインストールできない時の対処方法」の操作手順に入ります。

先述した通り、2つに分けて案内していきます。

1.Microsoftのダウンロードページから
2.自分のパソコンから

1.Microsoftのダウンロードページから

MicrosoftのOneDriveのダウンロードページに行きます。

MicrosoftのOneDriveのダウンロードページに行きます。

 

・ダウンロードページに行ったら左にある「再インストールする必要がある場合、ここをクリックしてダウンロードしてください。」を左クリック。

ダウンロードページに行ったら左にある「再インストールする必要がある場合、ここをクリックしてダウンロードしてください。」を左クリック。

【ダウンロードできない場合】
何かしらの理由によりOneDriveのアプリケーションがダウンロード出来ない場合は、自分のパソコン内にあるOneDriveをセットアップするアプリケーションからインストールを行うことが出来ます。こちら(記事内に飛びます)。

 

・ダウンロードしたOneDriveのセットアップのアプリケーションが何処に保存されたかわかりやすいように、デスクトップに保存していきます。

「①デスクトップ」を左クリック→「②保存」を左クリック。

「①デスクトップ」を左クリック’「②保存」を左クリック。

 

・デスクトップに保存された「OneDrive」をダブルクリック

デスクトップに保存された「OneDrive」をダブルクリック。

 

・OneDriveのインストールが始まるので待ちます。

OneDriveのインストールが始まるので待ちます。

 

・先ほどのセットアップの画面が消えたら特にメッセージは無く、OneDriveのインストールは完了です。右下にある通知領域、もしくは、上向きの△を左クリックしアイコンがあればインストールされたことを意味します。

右下にある通知領域、もしくは、上向きの△を左クリックしアイコンがあればインストールされたことを意味します。

△内に隠れているOneDriveアイコン

デスクトップに保存されているOneDriveのセットアップのファイルは、不要であればHDD・SSDの節約のため削除しておきましょう。

 

2.自分のパソコンから

自分のパソコンからOneDriveをインストールするには、OneDriveのセットアップのアプリケーションが格納されているフォルダーを辿り、起動します。

OneDriveのセットアップのアプリケーションが格納されているフォルダーは「SysWOW64」の中に保存されており、フォルダーの場所は「C:\Windows\SysWOW64」になります。

操作方法に関しては後述でお伝えしておくので、理解できなくても、なんとく頭に入れておくと操作しやすいかと思います。

フォルダー名
SysWOW64
フォルダーの場所
C:\Windows\SysWOW64

 

では実際に操作をしていきます。

「エクスプローラー」を左クリック。

※タスクバーにエクスプローラーのアイコンが無い場合は、何でもいいのでフォルダーを開いてください。

「エクスプローラー」を左クリック。

 

・エクスプローラーを開いたら、以下のパス(Cから始まるもの)をコピペしていきます。

C:\Windows\SysWOW64

コピーし終えたら、上にあるパスを入力する場所を一度左クリックし、青く反転されたことを確認します。

エクスプローラーを開いたら、次のパス(Cから始まるもの)をコピペしていきます。「C:\Windows\SysWOW64」。コピーし終えたら、上にあるパスを入力する場所を一度左クリックし、青く反転されたことを確認します。

 

・キーボードの「Ctrl」+「V」「①右クリック」→「②貼り付け」を左クリックで貼り付けます。

キーボードの「Ctrl」+「V」か「①右クリック」’「②貼り付け」を左クリックで貼り付けます。

 

・貼り付け終わったらキーボードの「Enter」キーを押します。

貼り付け終わったらキーボードの「Enter」キーを押します。

 

・「SysWOW64」のフォルダー内を表示することが出来ました。

「SysWOW64」のフォルダー内を表示することが出来ました。

【ヒント】
フォルダーの断層が深ければ深いほど一つ一つフォルダーを開いていくのは時間が掛かり面倒なので、このパスをコピペする方法は知らない方は覚えておくと便利です。

 

・次に、この無数にあるファイルの中から「OneDrive」を探していきます。

目視で探していくのもいいですが、ここでは手っ取り早く見つける方法を案内していきます。

右上の検索ボックスに「OneDrive」と入力してキーボードのEnterキーを押してみましょう。「OneDrive」の文字をコピペでもOKです。

右上の検索ボックスに「OneDrive」と入力してキーボードのEnterキーを押してみましょう。「OneDrive」の文字をコピペでもOKです。

 

・「OneDrive」と入力するとOneDriveに関連するものが表示されるので、「OneDriveSetup」をダブルクリック

「OneDrive」と入力するとOneDriveに関連するものが表示されるので、「OneDriveSetup」をダブルクリック。

 

・「OneDriveを始める準備をしています」と表示されるので待ちます。

「OneDriveを始める準備をしています」と表示されるので待ちます。

 

・インストール完了後は、特にメッセージは表示されません。右下にある通知領域もしくは、上向きの△を左クリックしOneDriveのアイコンが表示されれば、インストールを完了したことになります。

インストール完了後は、特にメッセージは表示されません。右下にある通知領域もしくは、上向きの△を左クリックしOneDriveのアイコンが表示されれば、インストールを完了したことになります。

△の中にOneDriveのアイコンがある場合

 

「Windows10 OneDriveがインストールできない時の対処方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    隠しファイルおよび隠しフォルダーとは?

    この記事では、Windowsのパソコンに搭載されている「隠しファイル・…

  2. Windows標準搭載ツール

    コマンドプロンプトの起動方法

    この記事は「コマンドプロンプトの起動方法」についてWindows7、W…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows7 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法

    この記事では、Windows7のパソコンで消えたタスクバーを元に戻す方…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows10 現在ログインしていないユーザー名とアカウントの種類を確認

    この記事では、Windows10のパソコンで「現在ログインしていないユ…

  5. Windows標準搭載ツール

    タスクバーとは?

    この記事ではWindowsパソコンの「タスクバーとは?」についての記事…

  6. Windows標準搭載ツール

    Windows10 PoweShellをコマンドプロンプトに置き換える

    この記事では「Windows10 PoweShellをコマンドプロンプ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP