Windows10 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする

この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップ(自動起動)されるアプリケーションを停止にする方法を案内しております。

スタートアップは別の呼び方で「自動起動」あるいは「常駐ソフト」と言ったりしますが、ここでは「スタートアップ」と表現させていただきます。意味は同じです。

 この記事で得られること
Windows10のパソコンで、スタートアップに登録されているアプリケーションを停止する事により、パソコンの起動時間の短縮をすることが出来る。

対象OSWindows10

操作の案内の前に伝えておきたいこと

スタートアップに登録されているアプリケーションを停止するには、「タスクマネージャー」から行うことが出来ますが、あくまで「停止(無効)」であって、スタートアップにあるアプリケーションのデータはそのまま残り、削除されません。

【タスクマネージャーのスタートアップに登録されているアプリケーション画面】

Windows10 タスクマネージャーのスタートアップに登録されているアプリケーション画面

 

スタートアップに登録されているアプリケーションを完全に削除したいのであれば、タスクマネージャーのスタートアップから「停止」するのではなく、レジストリエディターからレジストリを削除します。

【レジストエディターの画面】

Windows10 レジストエディターの画面

 

よって、以下に該当する方はスタートアップからアプリケーションを「削除」することをおすすめします。

  • 停止にするのであれば、一層のこと、スタートアップの項目から削除してスッキリさせたい
  • 「Program」という謎のアプリケーションを削除したい
  • スタートアップに見つからないアプリケーションを削除したい

スタートアップから完全に削除したい場合は、以下の記事を参照してください。
「Windows10 スタートアップに登録されているアプリを削除する」

以上を踏まえて、この記事では、スタートアップの項目を「停止(無効)」する案内になります。

操作手順

では「Windows10 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする」の案内に入ります。

まずは「タスクマネージャー」を開きます。

 

・タスクバーの何もないところに「①カーソル」を持っていき右クリック「②タスクマネージャー」を左クリック。

タスクバーに「①カーソル」を持っていき右クリック→「②タスクマネージャー」を左クリック。

 

・タスクマネージャーが開くので上のタブの「スタートアップ」を左クリック。

タスクマネージャーが開くので上のタブの「スタートアップ」を左クリック。

 

・スタートアップに登録されている「アプリケーション」が表示されます。

スタートアップに登録されている「アプリケーション」が表示されます。

 

ここで、スタートアップの各項目について簡単に説明させていただきます。


【スタートアップの各項目の説明】

Windows10 スタートアップの各項目の説明

※文字をクリックすると内容を確認することが出来ます。

①前回のBIOS起動時間

前回パソコンを起動し、BIOS(HDDやマウスなどの機器が使用できるように設定を読み込む)が起動した時間が表示されます。しかし、何故、わざわざタスクマネージャの項目に「パソコンの起動時間」ではなく「BIOSの起動時間」が表示されているのか理解が出来ません。

パソコンを起動した後の大まかな流れは以下になります。

パソコンの電源をON→BIOSが起動→OS(システムを読み込む)が起動→ログイン画面→デスクトップ画面

スタートアップに登録されているアプリケーションを読み込むタイミングは「BIOSが起動」した時ではなく、「OS(システムを読み込む)が起動」した時になるので、理にかなっておりません。このような理由から、「パソコンの起動時間」の意味なのか?もしくは「BIOSの起動時間」の意味なのか?申し訳ないですが、解らないです。

②名前

各アプリケーション(プログラム)の名前が表示されます。

③発行元

各アプリケーションの会社名が表示されます。

④状態

スタートアップに登録されているアプリケーションの有効と無効を確認することが出来ます。

➄スタートアップへの負荷

パソコン起動時に自動的に立ち上がってくるアプリケーションが、どの程度、起動時間に影響を及ぼしているのか確認することができます。

「高」「中」「低」と区分され、負荷が高ければ高いほど、パソコンの起動時間が遅くなります。

「なし」になっている場合は、パソコンの起動時間に影響を及ぼさないとは言い切れませんが、ほとんど影響はないでしょう。


・停止したい「①アプリケーション」を右クリック「②無効化」を左クリック。

スタートアップを停止したい「①アプリケーション」を右クリック→「②無効化」を左クリック。

【何のアプリケーションかわからない場合】
名前だけ見ても何のアプリケーションかわからない方もいるかと思います。こういった場合は、「①アプリケーション」を右クリック「②オンライン検索」を左クリックすると、自動的にWebページが開くので確認してみましょう。
何のアプリケーションかわからない場合は、「①アプリケーション」を右クリック→「②オンライン検索」を左クリックすると、自動的にWebページが開くので確認してみましょう。

 

・停止したいアプリケーションが、有効から「無効」に変更されたことを確認して終了です。

停止したいアプリケーションが、有効から「無効」に変更されたことを確認して終了です。

 

他にもアプリケーションを停止したいのであれば、ここまでの工程を繰り返します。

 

「Windows10 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. パソコンが重い・遅い

    HDD増設後のパソコン側の詳細な設定(パーティション作成)

    この記事は「HDD増設後のパソコン側の詳細な設定(パーティション作成)…

  2. Windows10

    Windows10 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップのフォルダ…

  3. Windows10

    Windows10 システムの復元ポイントを確認する

    この記事では「Windows10 システムの復元ポイントを確認する」に…

  4. Windows10

    Windows10 仮想メモリ(ページファイル)を正しく設定してパソコンを最適化する

    この記事ではWindows10のパソコンで、仮想メモリ(ページファイル…

  5. Windows10

    Windows10 Microsoftアカウントからローカルアカウントに切り替える

    この記事ではWindows10のパソコンで、Microsoftのアカウ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP