低スペックの重いパソコンでは視覚効果の設定を見直してみる

 

ここでは「視覚効果の設定」について案内しています。

 

視覚効果というのは言葉の通り視覚にまつわる事です。

例えば背景を変えたり見栄えをよくしたりする事ができますが、見栄えが良くなると当然パソコンには負担が掛かってしまいます。

もし、パソコンが重かったり遅いようであれば設定の変更をすると以外と改善される場合があり、特に低スペックのパソコンを使っている方にはおすすめです。

ただし、微々たるものなので過度な期待はしないほうがいいです。

視覚効果の設定の仕方

「視覚効果の設定の仕方」についてはOSのバージョンごとに案内してます。

・Windows7
「Windows7 視覚効果の設定の仕方」

・Windows8/8.1
「Windows8/8.1 視覚効果の設定の仕方 」

・Windows10
「Windows10 視覚効果の設定の仕方」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

パソコンが重いときはタスクマネージャーで状況を確認前のページ

視覚効果の項目一覧次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップ(自動起動)…

  2. Windows7

    Windows7 ファイルやフォルダーを簡単に隠す方法

    この記事では、Windows7のパソコンでファイルやフォルダーを簡単に…

  3. Windows標準搭載ツール

    シャットダウンと休止状態とスタンバイ(スリープ)状態の違いとメリットデメリット

    この記事ではWindowsのパソコンで、シャットダウンと休止状態とスタ…

  4. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法

    この記事ではWindows8/8.1のパソコンで隠しファイル・フォルダ…

  5. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 仮想メモリ(ページファイリング)を正しく設定してパソコンを最適化する

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンで仮想メモリ(ページフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP