Windows8/8.1 視覚効果の設定の仕方


・左下にある「スタート」ボタンを右クリックし、「システム」を左クリックWindows8 視覚効果の設定の仕方1 スタートボタンを右クリックしてシステムを選択

・システムの画面が開くので「システムの詳細設定」を左クリック

Windows8 視覚効果の設定の仕方2 システムの画面が開くので左側にあるシステムの詳細をクリック

・システムのプロパティの画面が開くのでパフォーマンスの中にある「設定」を左クリック

Windows8 視覚効果の設定の仕方3 システムのプロパティの画面が開くのでパフォーマンスの中にある設定をクリック

・パフォーマンスオプションの画面が開くので上のタブが視覚効果になっていることを確認し、「パフォーマンスを優先する」にチェックを入れて、下にある「適用ボタン」を押し最後に「OK」ボタンを押します。

Windows8 視覚効果の設定の仕方4 パフォーマンスオプションの画面が開くのでパフォーマンスを優先にするにチェックを入れて適用ボタンをクリック

これでパソコンの動作が軽くなるようであれば、視覚効果が原因だったことがわかります。人によってはパソコンの画面の全体のデザインだったり、視覚にまつわる部分が少し物足りない感じがする場合は、「カスタム」にチェックを入れて、カスタムのすぐ下にある項目をチェックを外したり入れたりしてみて、自分なりの最適な環境になるように試してみましょう。

設定はすぐ元に戻せるので、色々試すのもいいと思います。

Windows8 視覚効果の設定の仕方5 パフォーマンスのオプションの画面でデザインが気に入らない様であればカスタムを選択

※視覚効果の項目一覧の詳細について知り方は「視覚効果の項目一覧」を参照してください。

 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows7 タスクマネージャーのパフォーマンス画面を徹底的に追及する前のページ

Windows8/8.1 chkdsk(チェックディスク)機能の使い方とログの確認方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップにアプリケ…

  2. Windows10

    Windows10 システムの復元ポイントを自動作成する方法

    この記事では、Windows10のパソコンで、復元ポイントを「自動作成…

  3. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 パソコン起動後に拡大鏡を常に起動するように設定する

    Windows8/8.1のパソコンを起動した時に、常に拡大鏡を起動する…

  4. Windows10

    Windows10 セーフモードの起動方法

    この記事では「Windows10 セーフモードの起動方法」についての案…

  5. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 仮想メモリ(ページファイリング)を正しく設定してパソコンを最適化する

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンで仮想メモリ(ページフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP