Windows 不要なプログラム(アプリケーション)を削除する

この記事では「Windows 不要なプログラム(アプリケーション)を削除する」の案内をしております。

 

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10


パソコンは、使えば使うほどHDD・SSDの空き容量は減っていき、HDD・SSDの空き容量が減ってくると、パフォーマンスが落ちパソコンが重くなる原因になります。

パフォーマンスが落ちる目安は、空き容量が大体20~30%が目安となっており30%は確保したいところです。

特に、システムが入っているCドライブの空き容量が、20%を超えてきたあたりからパソコンが重いと体感できる程になります。

不要なプログラムを削除してHDD・SSDの空き容量を増やしてパソコンを高速化してみましょう。

 

Windows 不要なプログラム(アプリケーション)の削除についてはOS毎に案内しております。


 

スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. chkdsk(チェックディスク)

    chkdsk(チェックディスク)機能を使ってHDDのエラーをチェックして修復する

    パソコンが重い、または遅い場合、chkdsk(チェックディスク)でHD…

  2. スタートアップ

    Windows10 スタートアップに登録されているアプリを削除する

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップに登録され…

  3. 視覚効果

    Windows10 視覚効果の設定の仕方

    この記事は、Windows10の視覚効果の設定の案内になります。…

  4. 仮想メモリ(ページファイル)

    Windows7 仮想メモリ(ページファイル)を正しく設定してパソコンを最適化する

    仮想メモリ(ページングファイル)を最適な数値に設定することによって、パ…

  5. システムの復元

    Windowsの復元ポイントが自動作成されるタイミングは1日1回?

    この記事では、「システムの復元」や「シャドウコピー」を行う際に必要とな…

  6. スタートアップ

    Windows10 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップ(自動起動…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP