outlook.jpとoutlook.comの違い

この記事では「outlook.jpとoutlook.comの違い」と「outlookのメールアドレスを取得する際に@の後ろにあるドメインはどちらを選べばいいのか」について説明しています。先にお伝えすると、どちらを選んでも大丈夫です。詳細は記事内で説明して行きます。

 この記事で得られること
・outlook.jpとoutlook.comどちらを選べばいいのか知ることができる。

スポンサーリンク

outlook.jpとoutlook.comの違い

「outlook.jp」と「outlook.com」の違いを知るためには、まずドメイン名(.jp、.com)を理解する必要があります。

1.ドメイン名について

ブログやHPなどWebページを所持している方はご存知だと思いますが、Webページを持つためにはドメインというものが必要となってきます。

例えば、このサイトで言えばそれぞれの呼び方を以下に分けることができます。

  • アドレス名→https://pc-kaizen.com
  • ドメイン名→pc-kaizen.com
  • トップレベルドメイン名→.com

メールでは呼び方が若干違ってきますが根本的な考え方は一緒です。「outlook.jp」で言えば以下になります。

  • アドレス名→12345678@outlook.jp
  • ユーザー名→12345678
  • ドメイン名(トップレベルドメイン名)→.jp

2.「.jp」と「.com」について

このドメイン名(.jp、.com)についてですが、ドメインは以下になります。

【.jp】
国によって割り当てられており、日本であれば「jp」、アメリカであれば「us」、イギリスであれば「uk」になっております。このドメインは基本的には各国内に在住していないと取得できません。

【.com】
国問わず誰にでも取得できるドメインになります。

スポンサーリンク

outlookのメールアドレスを取得する際に@の後ろにあるドメインはどちらを選べばいいのか?

「outlook.jp」と「outlook.com」の違いは、日本に在住しているのであれば「outlook.jp」を取得でき、国問わず誰でも取得することができるのが「outlook.com」ということになります。

よって、そのドメインで取得できるかどうかの違いだけになるので、好みで選んで大丈夫です。

どうしても使いたいユーザー名が被ってしまう場合
仮にどうしても使用したいユーザー名で被ってしまった場合は、ドメイン名を「.jp」ではなくて「.com」を選ぶことにより、ユーザー名が被らず新規に作成できる場合があります。

以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^

スポンサーリンク
 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 2

OneDriveの使用容量と空き容量を確認する方法前のページ

MicrosoftのHPからMicrosoftアカウントを新規で作成する次のページ

関連記事

  1. オンラインストレージ

    オンラインストレージとは?初心者の方向け

    この記事では「オンラインストレージ」の意味について説明しております。…

  2. Windows標準搭載ツール

    仮想ドライブとは?13インチ以下のノートパソコンには必見!

    仮想ドライブとはドライブを仮想化する事を言います。仮想化と聞く…

  3. HDD・SSD

    パーティションとは?間取り図を例にして考えてみると解りやすい

    ここではPCのHDDやSSDで使われる用語「パーティショ」の意味につい…

  4. Windows標準搭載ツール

    デバイスドライバとは?初心者の方向け

    この記事では、デバイスドライバの意味について案内しております。デバイス…

  5. HDD・SSD

    初心者向け:次の空のNTFSフォルダーにマウントする意味とは?

    ここでは「ディスクの管理」から新しいボリュームを作成する際に、ドライブ…

  6. パソコン用語一覧

    クリップボードとは?コピーした内容を一時的に保存すること

    パソコンやスマートフォンで頻繁に使用されている「クリップボード」につい…

コメント

  1. 関係ないことなのですが、CHAT gpt のアカウント作成で二つ以上のタブを使うことで電話番号認証をパスできます
    これって、記事になります?

      • パソ子
      • 2023年 12月 19日

      わざわざ教えて頂きありがとうございます。
      調べて記事になりそうであればさせて頂きますね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

カテゴリー

PAGE TOP