ユーザーアカウント制御(UAC)とは?

ここではユーザーアカウント制御(UAC)の意味について、初心者の方にも理解できるようにかみ砕いて説明しております。「セキュリティの機能と言う事はなんとなく分かるけど、そもそもここでいうセキュリティと言うのは何のこと?」と疑問をお持ちの方にも役に立つかと思います。

 以下の方を対象としております
・ユーザーアカウント制御について初心者にでもわかるように説明して欲しい

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

※操作についての案内は、Windows7、Windows8/8.1、Windows10になりますが、ユーザーアカウント制御についてはどのOSでも意味は一緒なので参考にしてみて下さい。

1.ユーザーアカウント制御(UAC)の機能について

ユーザーアカウント制御とは、User Account Control(UAC)と呼ばれることもあり、Window Vista以降に搭載されたセキュリティ機能の一つです。

ユーザーアカウント制御のセキュリティ機能とは、アプリケーションのインストールなどをしようとした時に、下図のように本当にインストールするかどうか確認画面として表示される事を言います。

Windowsでのユーザーアカウント制御(UAC)の画面

このユーザーアカウント制御の画面は、アプリケーションをインストールする事も含め、以下の動作を行うと確認として表示されます。

  • アプリケーションをインストールするとき
  • ドライバーをインストールするとき
  • パソコンの設定を変更するとき

そして、ユーザーアカウント制御の機能があることによって、操作ミスや、ウイルスなどの悪意のあるプログラムを実行する事を防ぐことが出来ます。

2.ウイルス対策にもなる

例えば、バックグラウンドで動いているプログラム(目視では確認できない裏で動いているプログラム)があり、何かしらの原因によってこのプログラムがウイルスに感染させようとアプリケーションをパソコンにインストールさせようとした時に、ユーザーアカウント制御が有効になっている場合は、ユーザーアカウント制御の確認画面が表示されるので見覚えのないアプリケーションをインストールするかどうか選択することが出来ます。

一方、ユーザーアカウント制御が無効になっている場合は、ユーザーアカウント制御の確認画面が表示されないので、知らず知らずの内に、勝手に悪意のあるプログラムが動作してアプリケーションをインストールする危険性があります。

このようにユーザーアカウント制御は、許可なくパソコンの設定を変更したり、勝手にプログラムをインストールしたりする事が出来ないような役割があります。

 ユーザーアカウント制御を有効にしたい場合は?
初期設定ではユーザーアカウント制御は有効になっています。

2.4つのセキュリティレベルがある

ユーザーアカウント制御(UAC)のセキュリティには4つのレベルがあり、数字が大きくなるにつれてセキュリティが強力になります。そして、初期設定では「レベル③」もしくは「レベル④」に設定されています。

ユーザーアカウント制御(UAC)のセキュリティには4つのレベルがあり、数字が大きくなるにつれてセキュリティが強力になります。そして、初期設定では「レベル③」に設定されています。
※画面はWindows10になり、Windows Vistaではセキュリティレベルは2つになります。

各レベルの違いについては以下になります。

レベル④ レベル③ レベル② レベル①
アプリケーションやドライバーのインストール時 ×
選択するまで他の作業を行えないようにする × ×
パソコンの設定を変更しようとした時 × × ×

※〇がユーザーアカウント制御の画面が表示され、Xは表示されません。

セキュリティレベルを変更したいのであれば、「①バー」を左クリック長押しで掴み上下してマウスから手を離す→「②OK」ボタンを左クリックして行うことが出来ます。

セキュリティレベルを変更したいのであれば、「①バー」を左クリック長押しで掴み上下してマウスから手を離す→「②OK」ボタンを左クリックして行うことが出来ます。

 どのセキュリティレベルにすればいいのか?
よくわからない方は、初期設定である「レベル③」もしくは「レベル④」に設定しておけば問題無いです。

3.ユーザーアカウント制御(UAC)を無効にしていいのか?

ユーザーアカウント制御を無効にしたい主な理由は2つあるかと思います。

1.毎回確認する画面が表示されるので面倒くさい
2.アプリケーションがインストールできない

1.毎回確認する画面が表示されるので面倒くさい
アプリケーションなどをインストールするときなどに、ユーザーアカウント制御の画面が表示されて毎回確認するのが面倒くさいので無効にしたいと思う方もいるかも知れませんが、セキュリティの面から言うと先述した通り絶対におすすめ出来ません。
ただし、特定のアプリケーションに対してユーザーアカウント制御の画面を表示させない方法はあります。初心者の方には難しいかも知れませんが下記の記事を参考にしてみて下さい。(別サイトに飛びます)
「UACプロンプトを表示させずに管理者権限でアプリを起動する」

2.アプリケーションがインストールできない
まれにユーザーアカウント制御(UAC)によってアプリケーションがインストールできない事があり、特に古いアプリケーションに多いように思われます。このような場合は、一度、ユーザーアカウント制御を無効にすることでインストールする事が出来ます。

ただし一時的に無効にした後は、必ず元の設定に戻しておきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?最後にユーザーアカウント制御(UAC)についてのポイントをまとめてみます。

1.ユーザーアカウント制御は以下のパソコンを守るセキュリティ機能であり、以下の3つで表示される。
①アプリケーションをインストールするとき
②ドライバーをインストールするとき
③パソコンの設定を変更するとき

2.初期設定ではユーザーアカウント制御は有効になっており、レベル3もしくはレベル④になっておりどちらかであれば問題なし。

3.ユーザーアカウント制御を一時的に無効にした場合は、必ずレベル3かレベル4に戻す。

ユーザーアカウント制御(UAC)とは、一言で言うと「パソコンを守るセキュリティ機能」と言う事になります。

 

他のパソコン用語について知りたい方は、下記を参照してください。

「パソコン用語集 初心者の方向け」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    タスクバーとは?

    この記事ではWindowsパソコンの「タスクバーとは?」について説明し…

  2. Windows Update・更新プログラム

    Windows Updateの更新プログラムとは?

    この記事では、Windowsのパソコンで、Windows Update…

  3. Windows標準搭載ツール

    タスクトレイとは?

    この記事では、Windowsのパソコンでの「タスクトレイ」の意味につい…

  4. コンピュータウイルス

    【第一章】コンピュータウイルスとは?

    パソコンがコンピュータウイルスによって調子がおかしくなり、起動できなか…

  5. Windows標準搭載ツール

    トラブルシューティングツールとは?

    トラブルシューティングツールとは、何かパソコンに問題があった時に、手軽…

  6. Windows標準搭載ツール

    初心者でも理解できるファイルシステムとは?

    この記事では、USBメモリーやHDD・SSDなどの記憶装置を、パソコン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP