Windows 不要なプログラム(アプリケーション)を削除する

この記事では「Windows 不要なプログラム(アプリケーション)を削除する」の案内をしております。

 

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10


パソコンは、使えば使うほどHDD・SSDの空き容量は減っていき、HDD・SSDの空き容量が減ってくると、パフォーマンスが落ちパソコンが重くなる原因になります。

パフォーマンスが落ちる目安は、空き容量が大体20~30%が目安となっており30%は確保したいところです。

特に、システムが入っているCドライブの空き容量が、20%を超えてきたあたりからパソコンが重いと体感できる程になります。

不要なプログラムを削除してHDD・SSDの空き容量を増やしてパソコンを高速化してみましょう。

 

Windows 不要なプログラム(アプリケーション)の削除についてはOS毎に案内しております。


 

スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. superfetch

    Windows8/8.1 superfetchを無効に設定する方法

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンに搭載されている「su…

  2. システムの復元

    Windows10 システムの復元ポイントの容量を減らす方法

    この記事では、Windows10のパソコンで、システムの復元ポイントの…

  3. スタートアップ

    Windows7 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップにアプリケー…

  4. スタートアップ

    Windows7 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップのフォルダの…

  5. タスクマネージャー

    パソコンが重いときはタスクマネージャーで状況を確認

    ここでは「パソコンが重いときはタスクマネージャーで状況を確認」について…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows8/8.1 現在ログインしているアカウントがM…
  2. Windows10 OneDriveに関する情報を根こそぎ削…
  3. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全…
  4. Windows10 更新プログラム(1803)適用後の言語バ…
  5. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを隠す…

カテゴリー

PAGE TOP