Windows8/8.1 タスクスケジューラの2つの起動方法

Windows8/8.1のパソコンで、タスクスケジューラの3つの起動方法について案内しております。

 以下の方を対象としております
・タスクスケジューラの起動方法を知りたい

対象OSWindows8/8.1

操作案内の前に伝えておきたいこと

タスクスケジューラとは、Windowsパソコンに標準搭載されている「時間を指定してプログラムを起動することができる」のが主な機能になります。

【タスクスケジューラ】

Windows8/8.1 タスクスケジューラの画面

このタスクスケジューラの起動方法を案内していきます。

操作手順

では「Windows8/8.1 タスクスケジューラの3つの起動方法」の操作手順に入りたいと思います。

1.ファイル名を指定して実行から
2.検索から

1.ファイル名を指定して実行から

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②ファイル名を指定して実行」を左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを右クリック→「②ファイル名を指定して実行」を左クリックします。

 

「①taskschd.msc」と入力「②OK」ボタンを左クリックします。

「①taskschd.msc」と入力→「②OK」ボタンを左クリックします。

 

・ファイル名を指定して実行から、タスクスケジューラを起動することができました。

ファイル名を指定して実行から、タスクスケジューラを起動することができました。

 

2.検索から

「カーソル」を右上に持っていきます

「カーソル」を右上に持っていきます。

 

「検索」を左クリックします。

「検索」を左クリックします。

 

・検索ボックスの中に「①タスクスケジューラ」と入力「②タスクのスケジューラ」を左クリックします。

検索ボックスの中に「①タスクスケジューラ」と入力→「②タスクのスケジューラ」を左クリックします。

 

・検索から、タスクスケジューラを起動することができました。

検索から、タスクスケジューラを起動することができました。

以上になります。

参考になれば幸いです^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows10 タスクスケジューラの3つの起動方法前のページ

Windows7 タスクスケジューラの3つの起動方法次のページ

関連記事

  1. chkdsk(チェックディスク)

    chkdsk(チェックディスク)機能を使ってHDDのエラーをチェックして修復する

    パソコンが重い、または遅い場合、chkdsk(チェックディスク)でHD…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows10 USBセレクティブサスペンドを無効にする

    この記事ではWindows10のパソコンで、「USBセレクティブサスペ…

  3. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計に日付を表示させる方法

    Windows8/8.1のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計に…

  4. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 USBセレクティブサスペンドを無効にする

    この記事ではWindows8/8.1のパソコンで、「USBセレクティブ…

  5. Windows7

    Windows7 タスクバーにあるアイコンのサイズを小さく変更する方法

    Windows7のパソコンで、タスクバーにあるアイコンのサイズを小さく…

  6. Windows10

    Windows10 拡張子を表示させる方法

    Windows10のパソコンで、拡張子を表示させる方法を案内しておりま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP