Windows10 PoweShellをコマンドプロンプトに置き換える

この記事では「Windows10 PoweShellをコマンドプロンプトに置き換える」について案内しております。

 

2017年4月11日のWindows 10 Creators Updateにより、スタートメニューを右クリック(クイックアクセスメニュー)の表示内容が変更されました。

変更に伴い、今までスタートメニューを右クリックすると、

 

  • コマンドプロンプト
  • コマンドプロンプト(管理者)

 

がありましたが、コマンドプロンプトからPoweShellに切り替わっております。

Windows PoweShellからコマンドプロンプトに置き換わっている

 

このWindows PowerShellをコマンドプロンプトに置き換える方法を説明していきたいと思います。


簡易案内

スタートボタン→右クリック→設定→個人用設定→タスクバー→コマンドプロンプトをWindows PoweShellに置き換えるをオフ

 

 

・右下にある「スタート」ボタンを右クリック。

スタートボタンを右クリック

 

・クイックアクセスメニューの画面が現れるので「設定」を左クリック。

設定を左クリック

 

・Windows設定の画面が開くので「個人用設定」を左クリック。

個人設定用を左クリック

 

・左の項目にある「タスクバー」を左クリック。

タスクバーを左クリック

 

・タスクバーの画面に切り替わるので、赤く囲われている箇所を左クリック長押しでオンから「オフ」にする。

コマンドプロンプトをWindows Power Shellに置き換えるの項目をオフにする

 

「オフの状態」になったことを確認し、不必要であれば開いている画面を閉じます。

オフになったことを確認

 

・コマンドプロンプトに置き換えられているか確認してみましょう。

左下にある「スタート」ボタンを右クリック。

スタートボタンを右クリック

 

・クイックアクセスメニューが表示され、Windows Poweshellからコマンドプロンプトに切り替わっていることが確認できました。

クイックメニューでWindows PoweShellからコマンドプロンプトに置き換わったことを確認

 

「Windows10 PoweShellをコマンドプロンプトに置き換える」については以上になります。

参考になれば幸いです。


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows10 プロダクトキーでライセンス認証をする前のページ

Windows コマンドプロンプトの起動方法次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 パソコン起動後に表示される拡大鏡を解除(オフ)する

    Windows7のパソコンを起動すると、勝手に起動してくる拡大鏡を起動…

  2. Windows7

    Windows7 デスクトップの壁紙(背景)の変え方の設定方法

    この記事では、Windows7のパソコンでデスクトップの壁紙(背景)の…

  3. Windows10

    Windows10 不要なプログラム(アプリケーション)の削除

    この記事では「Windows10 不要なプログラム(アプリケーション)…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows ごみ箱やコンピューターのアイコンが消えた時の対処方法

    この記事では、パソコンにインストールしているアプリケーション(プログラ…

  5. Windows標準搭載ツール

    PCのアイドル状態とは待機状態の事です。はい終わり!

    この記事では、Windowsのパソコンで「アイドル状態とは一体何なのか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP