Windows8/8.1 イベントビューアーの3つの起動方法

Windows8/8.1のパソコンで、イベントビューアーの起動方法について3つに分けて案内しています。

 以下の方を対象としております
・イベントビューアーの起動方法について知りたい

対象OSWindows8/8.1

操作案内の前に伝えておきたいこと

イベントビューアーとはパソコンに何らかしらの問題があったときに、イベントビューアー(ログ)を見ることで原因を突き止めることができる場合がある、Windowsパソコンに標準で搭載されている機能になります。

【イベントビューアー】
Windows8/8.1 イベントビューアーの画面

ここではこのイベントビューアーの起動方法について案内していきます。

操作手順

では「Windows8/8.1 イベントビューアーの3つの起動方法」の操作手順に入りたいと思います。操作時間が短い順になっています。

1.コマンド入力
2.検索から
3.コントロールパネルから

1.コマンド入力

・左下にある「①スタート」ボタンを右クリック「②ファイル名を指定して実行」を左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを右クリック→「②ファイル名を指定して実行」を左クリックします。

 

・ボックスの中に「①eventvwr」と入力「②OK」ボタンを左クリックします。

ボックスの中に「①eventvwr」と入力→「②OK」ボタンを左クリックします。

 

・コマンド入力で、イベントビューアーを起動することができました。

コマンド入力で、イベントビューアーを起動することができました。

 

2.検索から

「カーソル」を画面の1番右上に持っていきます

「カーソル」を画面の1番右上に持っていきます。

 

・チャームが表示されるので「検索」を左クリックします。

チャームが表示されるので「検索」を左クリックします。

 

・検索ボックスに「①イベントビューアー」と入力「②イベントログの表示」を左クリックします。

検索ボックスに「①イベントビューアー」と入力→「②イベントログの表示」を左クリックします。

 

・検索から、イベントビューアーを起動することができました。

検索から、イベントビューアーを起動することができました。

 

3.コントロールパネルから

・左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②コントロールパネル」を左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②コントロールパネル」を左クリックします。

 

・右上にある表示方法が「①カテゴリ」になっていることを確認「②システムとセキュリティ」を左クリックします。

右上にある表示方法が「①カテゴリ」になっていることを確認→「②システムとセキュリティ」を左クリックします。

 

・下にスクロールしていき「イベントログの表示」を左クリックします。

下にスクロールしていき「イベントログの表示」を左クリックします。

 

・コントロールパネルから、イベントビューアーを起動する事ができました。

コントロールパネルから、イベントビューアーを起動する事ができました。

「Windows8/8.1 イベントビューアーの4つの起動方法」については以上になります。

参考になれば幸いです^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows10 イベントビューアーの4つの起動方法前のページ

Windows7 イベントビューアーの3つの起動方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法

    この記事ではWindows10のパソコンで、言語バー(IMEパッド)が…

  2. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 ごみ箱やコンピューターのアイコンが消えた時の対処方法

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンでデスクトップにあるご…

  3. Windows7

    Windows7 言語バー(IMEパッド)が消えた時の対処方法

    この記事ではWindows7のパソコンで、言語バー(IMEパッド)が消…

  4. Windows7

    Windows7 コマンドプロンプトの起動方法

    ここでは「Windows7 コマンドプロンプトの起動方法」の案内になり…

  5. Windows10

    Windows10 デスクトップアイコンを非表示にする方法

    この記事ではWindows10のパソコンで、デスクトップアイコンを非表…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP