Windows8/8.1 特定の拡張子のみのファイルを検索する方法

Windows8/8.1のパソコンで、テキストファイルである「txt」や、画像ファイルである「png」「jpeg」などの特定の拡張子を、エクスプローラーから検索する方法を案内しております。

 以下の方を対象としております
・指定した拡張子のみのファイルを検索したい

対象OSWindows8/8.1

操作案内の前に伝えておきたいこと

ファイルを検索する際に、一つの方法手段として拡張子を手掛かりに検索する方法があり、拡張子のファイルを検索するには「エクスプローラー」の検索機能を使用します。

【エクスプローラーの画面】

Windows8/8.1 エクスプローラーの検索画面

このエクスプローラーの検索機能を使い、拡張子を手掛かりにファイルを検索する方法を案内していきます。

操作手順

では「Windows8/8.1 特定の拡張子のみのファイルを検索する方法」の操作手順に入りたいと思います。

ここではテキストファイルである「txt」の拡張子を検索していきたいと思います。検索したい拡張子に置き換えてみてください。

1.エクスプローラーでの基本的な検索の仕方
2.拡張子ファイルの検索の仕方

1.エクスプローラーでの基本的な検索の仕方

・タスクバーにある「エクスプローラー」を左クリックします。

※エクスプローラーが見当たらない場合は、なんでもいいのでフォルダーを開いてください。

タスクバーにある「エクスプローラー」を左クリックします。

 

・拡張子のファイルを検索するには、右上にある「検索ボックス」に拡張子を入力していきます。

拡張子のファイルを検索するには、右上にある「検索ボックス」に拡張子を入力していきます。

 

・左の項目から選択する場所を選びます。ここでは「PC(パソコン全体)を選んでみたいと思います。

「PC」を左クリックします。

「PC」を左クリックします。

 検索するときのポイント
●ファイルが何処にあるのかわからない場合は「PC」を選択しますが、「PC」を選ぶとパソコン全体を検索するのでファイルの数が多ければ多いほど、時間がかかることがあります。
●時間短縮のため、できる限り検索する場所(Cドライブ、ピクチャ、デスクトップ)は絞っておきましょう。
●低スペックのパソコンでは、ファイルの数が多いと固まってしまう場合があります。

 

・検索ボックスに「①拡張子」を入力緑色の「②バー」が右いっぱいになるまで待機します。

検索ボックスに「①拡張子」を入力→緑色の「②バー」が右いっぱいになるまで待機します。

 

・下に「①検索結果」が表示される→左下に「②ファイルの数」が表示されます。

下に「①検索結果」が表示される→左下に「②ファイルの数」が表示されます。

この状態で拡張子のファイルを検索しようとするとかなり見づらいと思うので、検索方法を色々試してみましょう。そのままお進みください。

 

2.拡張子ファイルの検索の仕方

初期設定では検索結果のファイルが見づらく、環境によっては膨大なファイルの中から拡張子のファイルを検索することになるので、表示方法を切り替えたり、ファイル名を指定したり、拡張子を指定したりして検索してみましょう。

ここでは以下の3つの方法を説明していきます。

①検索結果の表示方法を切り替える
②覚えているファイル名を入力する
③ファイルの作成日やサイズなどから検索する

①検索結果の表示方法を切り替える

初期設定では検索結果が見づらいので、見やすい表示方法に切り替えてみましょう。

・上にある「表示」を左クリックします。

上にある「表示」を左クリックします。

 

・ここでは「詳細」で表示させてみたいと思います。

「詳細」を左クリックします。

「詳細」を左クリックします。

 

「詳細」に切り替えることができました。

「詳細」に切り替えることができました。

 

・他にも検索結果の表示方法は色々あるので切り替えたい場合は、さきほどの上にある項目から選んでみてください。

他にも検索結果の表示方法は色々あるので切り替えたい場合は、さきほどの上にある項目から選んでみてください。

②覚えているファイル名を入力する

・例えば「テスト」というテキストファイルを検索したい場合に、「テスト txt」と入力します。ファイル名の全てを思い出せない場合でも、「テ txt」などの一文字でもいいので入力して検索してみてください。

上にある「①表示」を左クリック→「②ファイル名拡張子」に左クリックでチェックを入れます(初期設定ではチェックが入っておりません)。

上にある「①表示」を左クリック→「②ファイル名拡張子」に左クリックでチェックを入れます(初期設定ではチェックが入っておりません)。

 

・試しに「テtxt」と入力してみます。

左の項目の「①PC」を左クリック→「②テtxt」を入力します。

左の項目の「①PC」を左クリック→「②テtxt」を入力します。

 

・「テスト」のファイルが見つかり、586件あった「txt」のファイルが21個に絞れたことを確認できます。

「テスト」のファイルが見つかり、586件あった「txt」のファイルが21個に絞れたことを確認できます。

このように「PC」全体からファイルを検索するときは、ファイル名の一部でもいいので入力して、極力絞っていくと探しやすいです。

 

③ファイルの作成日やサイズなどから検索する

まずは「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。

・上にある「①表示」を左クリック→「②ファイル名拡張子」に左クリックでチェックを入れます

上にある「①表示」を左クリック→「②ファイル名拡張子」に左クリックでチェックを入れます。

 

・左の項目にある「①PC」を左クリック→「②拡張子」を入力します。

左の項目にある「①PC」を左クリック→「②拡張子」を入力します。

 

・検索が終わったら「表示」を左クリックします。

検索が終わったら「表示」を左クリックします。

 

「①現在のビュー」を左クリック→「②並べ替え」を左クリックすると、下に項目が表示されてくるので、この中から選んでいきます。

「①現在のビュー」を左クリック→「②並べ替え」を左クリックすると、下に項目が表示されてくるので、この中から選んでいきます。

「サイズ」や「作成日時」などの各情報から、検索してみましょう。

 

・最後に、「ファイル名拡張子」のチェックは、人によっては煩わしかったりすることもあると思うので、不要であればチェックを外しておきましょう。

最後に、「ファイル名拡張子」のチェックは、人によっては煩わしかったりすることもあると思うので、不要であればチェックを外しておきましょう。

「Windows8/8.1 特定の拡張子のみのファイルを検索する方法」については以上になります。

参考になれば幸いです^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows タスクスケジューラの起動方法前のページ

Windows7 特定の拡張子のみのファイルを検索する方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 マウスポインタ―(カーソル)のサイズを大きく変更する

    この記事ではWindows10のパソコンで、マウスポインタ―のサイズを…

  2. Windows7

    Windows7 タスクバーの通知領域の時計を非表示にする方法

    Windows7のパソコンで、タスクバーの通知領域の時計を非表示にする…

  3. Windows7

    Windows7 ユーザーアカウント制御(UAC)を一時的に無効にする

    Windows7のパソコンで、ユーザーアカウント制御(UAC)を一時的…

  4. Windows10

    Windows10 USBメモリをフォーマットをして使用できるようにする

    この記事では、Windows10のパソコンで、USBメモリをフォーマッ…

  5. Windows10

    Windows10 Windowsの設定を開く方法

    Windows10のパソコンで、「Windowsの設定」を開く方法を案…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP