Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計に日付を表示させる方法

Windows8/8.1のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計に日付を、簡単に表示する方法を案内しております。日付を表示させるには「小さいタスクバーボタンを使う」をオフにする事によりできます。

 以下の方を対象としております
・デスクトップの画面の右下にある時計に、曜日を表示させたい
・日付が突然、消えてしまった
・過去に日付を非表示に変更したことがある

対象OSWindows8/8.1

操作の案内の前に伝えておきたい事

初期設定では「小さいタスクバーボタンを使う」がオフになっていますが、オンにした場合は、タスクバーの幅が変更されるに伴い、タスクバーの通知領域の時計にある「日付」が非表示になります。

【オフの場合】
Windows8/8.1 「小さいタスクバーボタンを使う」がオフの状態

【オンの場合】
Windows8/8.1 「小さいタスクバーボタンを使う」がオンの状態

上図に該当する方は、「小さいタスクバーボタンを使う」をオフにする事により日付を表示させることができます。

操作手順

では「Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計に日付を表示させる方法」の案内に入りたいと思います。

「①タスクバーの何もないところ」で右クリック「②プロパティ」を左クリックします。

「①タスクバーの何もないところ」で右クリック→「②プロパティ」を左クリックします。

 

・「タスク バーとナビゲーションのプロパティ」の画面が表示されます。

「タスク バーとナビゲーションのプロパティ」の画面が表示されます。

 

「①小さいタスクバーボタンを使う」のチェックを左クリックで外す「②適用」ボタンを左クリックします。

「①小さいタスクバーボタンを使う」のチェックを左クリックで外す→「②適用」ボタンを左クリックします。

 

・タスクバーの通知領域の時計に、日付が表示された事を確認してください。

タスクバーの通知領域の時計に、日付が表示された事を確認してください。

 

「Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計に日付を表示させる方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となるといいですね^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計を非表示にする方法前のページ

Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にする次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 拡張子の関連付けを行う方法

    Windows7のパソコンで、特定のファイルの拡張子を関連付けして、関…

  2. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 システムの復元を無効にする方法(おススメしないです)

    Windows8/8.1のパソコンで、システムの復元を無効にする方法を…

  3. Windows10

    超簡単!Windows10 タスクバーの位置を移動・固定する

    この記事では、Windows10のパソコンで誤ってタスクバーの位置を移…

  4. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 タッチパッドを有効・無効に設定する方法

    Windows8/8.1のノートパソコンで「①タッチパッドの有効・無効…

  5. Windows10

    Windows10 タスクバーの通知領域にある時計に秒数を表示する

    Windows10のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計に秒数を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP