Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にする

Windows8/8.1のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計にある日付を、簡単に非表示にする方法を案内しております。日付を非表示させるには「小さいタスクバーボタンを使う」をオンにする事によりできます。

 以下の方を対象としております
・デスクトップの画面の右下にある時計の日付を非表示にしたい
・タスクバーの幅を狭めたい
・アイコンのサイズを小さくしたい

対象OSWindows8/8.1

操作の案内の前に伝えておきたい事

タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にするには、「小さいタスクバーボタンを使う」にチェックを入れることで出来ます。

【変更前】
Windows8/8.1 変更前

【変更後】
Windows8/8.1 変更後

ただし、以下の2つの部分も変更されます。

1.タスクバーの幅が狭まる
2.アイコンが小さくなる

 

1.タスクバーの幅が狭まる

【変更前】
Windows8/8.1タスクバーの幅が狭まる 変更前 

【変更後】
Windows8/8.1タスクバーの幅が狭まる 変更後

 

2.アイコンが小さくなる

【変更前】
Windows8/8.1 アイコンが小さくなる 変更前

【変更後】
Windows8/8.1 アイコンが小さくなる 変更後

日付を非表示する以外に、上記の2つも変更されるので、変更されても問題ないのであればこのまま操作手順にお進みください。

操作手順

では「Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にする」の案内に入りたいと思います。

「①タスクバーの何もないところ」で右クリック「②プロパティ」を左クリックします。

「①タスクバーの何もないところ」で右クリック→「②プロパティ」を左クリックします。

 

・「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」画面が表示されます。

「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」画面が表示されます。

 

「①小さいタスクバーボタンを使う」に左クリックでチェックを入れる「②適用」ボタンを左クリックします。

「①小さいタスクバーボタンを使う」に左クリックでチェックを入れる→「②適用」ボタンを左クリックします。

 

・タスクバーの通知領域の時計にある日付が、非表示になったことを確認してください。

タスクバーの通知領域の時計にある日付が、非表示になったことを確認してください。

 

「Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にする」については以上になります。

参考になればよかでーす^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows8/8.1 タスクバーの通知領域の時計に日付を表示させる方法前のページ

Windows8/8.1 タスクバーにあるアイコンのサイズを小さく変更する方法次のページ

関連記事

  1. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 パソコン起動後に表示される拡大鏡を解除(オフ)する

    Windows8.8.1のパソコンを起動すると、勝手に起動してくる拡大…

  2. Windows10

    Windows10 タスクトレイにアイコンを表示する設定方法

    この記事では、Windows10 タスクトレイにアイコンを表示する設定…

  3. Windows10

    Windows10 クリップボードの履歴を有効(オン)無効(オフ)に設定する

    Windows10のパソコンで、クリップボードの履歴を有効(オン)、無…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows 拡張子を非表示にする方法

    この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Window…

  5. Windows10

    Windows10 メールアプリで受信したメールの通知のオン/オフの設定

    Windows10のパソコンに標準搭載されているメールアプリで、受信し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP