Windows10 タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にする

Windows10のパソコンで、タスクバーの通知領域にある時計にある日付を、簡単に非表示にする方法を案内しております。日付を非表示させるには「小さいタスクバーボタンを使う」をオンにする事によりできます。

 以下の方を対象としております
・デスクトップの画面の右下にある時計の日付を非表示にしたい
・タスクバーの幅を狭めたい
・アイコンのサイズを小さくしたい
・検索ボックス(Cortana)をボックスからアイコンに変更したい

対象OSWindows10

※Windows Updateの更新プログラムの状況により、内容が変更されることがありますがその際はご了承ください。

操作の案内の前に伝えておきたい事

タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にするには、「小さいタスクバーボタンを使う」をオンにするとできます。

【変更前】
Windows10 日付を表示

【変更後】
Windows10 日付を非表示

 

ただし、以下の3つの部分も変更されます。

1.タスクバーの幅が狭まる
2.アイコンが小さくなる
3.検索ボックス(Cortana)がアイコンになる

 

1.タスクバーの幅が狭まる

【変更前】
Windows10 タスクバーの幅が正常の場合

【変更後】
Windows10 タスクバーの幅が狭まる

 

2.アイコンが小さくなる

【変更前】
Windows10 アイコンのサイズが正常の場合

【変更後】
Windows10 アイコンが小さくなる

 

3.検索ボックス(Cortana)がアイコンになる

【変更前】
Windows10 検索ボックス(Cortana)が表示されている

【変更後】
Windows10 検索ボックス(Cortana)がアイコンになる

日付を非表示する以外に、上記の3つも変更されるので、変更されても問題ないのであればこのまま操作手順にお進みください。

操作手順

では「Windows10 タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にする」の案内に入りたいと思います。

「①タスクバーの何も無いところ」を右クリック「②タスクバーの設定」を左クリックします。

「①タスクバーの何も無いところ」を右クリック→「②タスクバーの設定」を左クリックします。

 

「小さいタスクバーボタンを使う」にあるツマミを左クリックで掴み右に持っていき、マウスから手を離します

「小さいタスクバーボタンを使う」にあるツマミを左クリックで掴み右に持っていき、マウスから手を離します。

 

「オン」になったことを確認します。

「オン」になったことを確認します。

 

・タスクバーの通知領域の時計にある日付を、非表示にすることができました。

タスクバーの通知領域の時計にある日付を、非表示にすることができました。

 

「Windows10 タスクバーの通知領域の時計にある日付を非表示にする」については以上になります。

参考になればよかで~す^^


 

 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 現在ログインしているアカウントがMicrosoftアカウントなのか確認する

    この記事ではWindows10のパソコンで、現在ログインしているアカウ…

  2. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 ファイルシステムの確認方法

    HDD・SSD・USBメモリーを使用する際に、フォーマットをした後に、…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows10 USBセレクティブサスペンドを無効にする

    この記事ではWindows10のパソコンで、「USBセレクティブサスペ…

  4. OneDrive

    OneDriveの使用容量と空き容量を確認する方法

    この記事では、Microsoftが提供するオンラインストレージの「On…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows ファイルやフォルダーを簡単に隠す方法

    この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Window…

  6. Windows10

    Windows10 ローカルアカウントのパスワードの設定および変更する

    この記事では、Windows10のパソコンで「1.パスワードが既に設定…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP