Windows スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、スタートアップにアプリケーションを追加して登録する方法を案内しております。

 この記事で得られること
Windowsのパソコンで、スタートアップによく使うアプリケーションを追加し登録することにより、パソコン起動時に自動的に起動することが出来る。

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」についてはOS毎に案内しております。該当するOSを下記からお選びください。

Windows7
「Windows7 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」

Windows10
「Windows10 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows7 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法前のページ

まとめ:スタートアップの各種設定方法次のページ

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    セーフモードでパソコン(Windows)を起動する方法

    セーフモードでパソコン(Windows)を起動する方法を画像を使って、…

  2. Windows10

    Windows10 不要なプログラム(アプリケーション)の削除

    この記事では「Windows10 不要なプログラム(アプリケーション)…

  3. Windows7

    Windows7 システムの復元を行う方法

    この記事では、Windows7のパソコンでシステムの復元を行う方法を案…

  4. Windows7

    Windows7 HDD増設後のパソコン側の詳細な設定(パーティション作成)

    この記事では「Windows7 HDD増設後のパソコン側の詳細な設定(…

  5. Windows7

    Windows7 システムの復元ポイントの容量を減らす方法

    この記事では、Windows7のパソコンで、システムの復元ポイントの容…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP