Windows スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、スタートアップにアプリケーションを追加して登録する方法を案内しております。

 この記事で得られること
Windowsのパソコンで、スタートアップによく使うアプリケーションを追加し登録することにより、パソコン起動時に自動的に起動することが出来る。

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」についてはOS毎に案内しております。該当するOSを下記からお選びください。

Windows7
「Windows7 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」

Windows10
「Windows10 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows7 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法前のページ

まとめ:スタートアップの各種設定方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップのフォルダ…

  2. パソコンが重い・遅い

    パーティションとは?間取り図を例にして考えてみると解りやすい

    ここではパソコンのHDDで使われる「パーティションとは?間取り図を例に…

  3. デフラグ

    デフラグで重いまたは遅いパソコンを高速化するために徹底的に追求してみる

    1.デフラグとは?デフラグとは日本語で「最適化」という意味です。…

  4. superfetch

    Windows Superfetchを無効に設定する方法

    この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Window…

  5. Windows10

    Windows10 システムの復元を行う方法

    この記事では、Windows10のパソコンでシステムの復元を行う方法を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP