Windows スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、スタートアップにアプリケーションを追加して登録する方法を案内しております。

 この記事で得られること
Windowsのパソコンで、スタートアップによく使うアプリケーションを追加し登録することにより、パソコン起動時に自動的に起動することが出来る。

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」についてはOS毎に案内しております。該当するOSを下記からお選びください。

Windows7
「Windows7 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」

Windows10
「Windows10 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows7 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法前のページ

まとめ:スタートアップの各種設定方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップ(自動起動…

  2. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 ディスククリーンアップのやり方の手順

    注意事項等、書いてあるので読んでいない方は「ディスククリーンアップとシ…

  3. Windows10

    Windows10 バックグラウンドアプリ不要なものはどれなのか?

    Windows10のパソコンで、バックグラウンドアプリの不要なものはど…

  4. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 システムファイルのクリーンアップのやり方の手順

    システムファイルのクリーンアップには、 ディスククリーンアッ…

  5. Windows10

    Windows10 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップのフォルダ…

  6. Windows7

    Windows7 セーフモードを解除する方法

    Windows7のパソコンで、パソコンを起動したときに通常モードではな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP