Windows スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、スタートアップにアプリケーションを追加して登録する方法を案内しております。

 この記事で得られること
Windowsのパソコンで、スタートアップによく使うアプリケーションを追加し登録することにより、パソコン起動時に自動的に起動することが出来る。

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」についてはOS毎に案内しております。該当するOSを下記からお選びください。

Windows7
「Windows7 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」

Windows10
「Windows10 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    低スペックの重いパソコンでは視覚効果の設定を見直してみる

    ここでは「視覚効果の設定」について案内しています。…

  2. chkdsk(チェックディスク)

    chkdsk(チェックディスク)機能を使ってHDDのエラーをチェックして修復する

    パソコンが重い、または遅い場合、chkdsk(チェックディスク)でHD…

  3. デフラグ

    デフラグで重いまたは遅いパソコンを高速化するために徹底的に追求してみる

    1.デフラグとは?デフラグとは日本語で「最適化」という意味です。…

  4. Windows7

    Windows7 システムの復元を行う方法

    この記事では、Windows7のパソコンでシステムの復元を行う方法を案…

  5. Windows7

    Windows7 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップ(自動起動)…

  6. パソコンが重い・遅い

    仮想メモリ(ページファイリング)を正しく設定してパソコンを最適化する

    仮想メモリ(ページファイリング)を正しく設定することでパソコンを高速化…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP