Windows7 タスクマネージャーの開き方と見方


デスクトップの1番下にあるスタートボタンやブラウザが並んでいる場所を「タスクバー」といいます。カーソルを「タスクバー」に持っていき何も無いところで右クリックすると小窓が出るので「タスクマネージャーの起動」を左クリック

デスクトップ→タスクバー→タスクマネージャーの起動

タスクマネージャーが開くので上のタブの「パフォーマンス」を左クリックしCPUとメモリがどのぐらい使われているのか確認してみましょう。

タスクマネージャー

上の部分がCPU・・・2%の使用

下の部分がメモリ・・・1.55GBの使用

 

この表示をしているときはインターネットの「Chrome」のブラウザを立ち上げ3個webページを表示していて、メモ帳を2個開いている状態です。このぐらいだったら全然快適に使えますね。

試しに「イラストレーター」と「I-tunes」を立ち上げてみたいともいます。

タスクマネージャー2

上の部分がCPU・・・22%の使用

下の部分がメモリ・・・1.88GBの使用

 

少し使用量が増してきました。このように何かプログラムやアプリケーションソフトを立ち上げて一つ一つ確認してみることをおすすめします。

仮にある特定のプログラムやアプリケーションソフトを立ち上げてCPUやメモリの使用率が高くなるようであれば、そのプログラムやアプリケーションソフトが重い原因だという事がわかります。普段良く使うプログラムやアプリケーションソフトを起動してみましょう。

 

※タスクマネージャの項目の詳細について知りたい片は、「Windows7 タスクマネージャーのパフォーマンス画面を徹底的に追及する」を参照してみてください。

 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows8/8.1 不要なプログラム(アプリケーション)の削除前のページ

Windows8/8.1 タスクマネージャーの開き方と見方次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 システムの復元を無効にする方法(おススメしないです)

    Windows10のパソコンで、システムの復元を無効にする方法を案内し…

  2. Windows7

    Windows7 拡張子を表示させる方法

    Windows7のパソコンで、拡張子を表示させる方法を案内しております…

  3. Windows7

    Windows7 システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する

    この記事は「Windows7 システムの保護を有効にし復元ポイントを手…

  4. システムの復元

    Windows システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する

    この記事では「Windows システムの保護を有効にし復元ポイントを手…

  5. Windows10

    Windows10 スタートアップに登録されているアプリを削除する

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップに登録され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP