Windows スタートアップに登録されているアプリを削除する

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、スタートアップに登録されているアプリケーション(プログラム)を削除する方法を案内しております。

 メリットとデメリット
【メリット】
・パソコンの起動時間の短縮
・無効ではなく削除出来るのでスッキリする
・スタートアップに登録されていないアプリを削除できる
・微量にHDD・SSDの空き容量が増える
【デメリット】
・レジストリをいじるので操作を誤ると、パソコンの不具合が生じる

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「スタートアップに登録されているアプリを削除する」についての案内は、OS毎に案内しております。該当するOSを下記からお選びください。

Windows7
「Windows7 スタートアップに登録されているアプリを削除する」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 スタートアップに登録されているアプリを削除する」

Windows10
「Windows10 スタートアップに登録されているアプリを削除する」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows8/8.1 スタートアップに登録されているアプリを削除する前のページ

Windows8/8.1 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする次のページ

関連記事

  1. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 タスクマネージャーのパフォーマンス画面を徹底的に追及する

    タスクマネージャーのパフォーマンス画面では様々な情報が記載されています…

  2. Windows7

    Windows7 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップ(自動起動)…

  3. パソコンが重い・遅い

    Windows レジストリエディターの開き方

    この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Window…

  4. Windows7

    Windows7 スタートアップに登録されているアプリを削除する

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップに登録されて…

  5. Windows10

    Windows10 システムの復元ポイントを確認する

    この記事では「Windows10 システムの復元ポイントを確認する」に…

  6. Windows7

    Windows7 システムの復元ポイントの容量を減らす方法

    この記事では、Windows7のパソコンで、システムの復元ポイントの容…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP