Windows スタートアップに登録されているアプリを削除する

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、スタートアップに登録されているアプリケーション(プログラム)を削除する方法を案内しております。

 この記事で得られること
Windowsのパソコンで、スタートアップに登録されているアプリケーションを削除する出来る。
メリットとデメリットは以下になります。
【メリット】
・パソコンの起動時間の短縮
・無効ではなく削除出来るのでスッキリする
・スタートアップに登録されていないアプリを削除できる
・微量にHDD・SSDの空き容量が増える
【デメリット】
・レジストリをいじるので操作を誤ると、パソコンの不具合が生じる

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「スタートアップに登録されているアプリを削除する」についての案内は、OS毎に案内しております。該当するOSを下記からお選びください。

Windows7
「Windows7 スタートアップに登録されているアプリを削除する」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 スタートアップに登録されているアプリを削除する」

Windows10
「Windows10 スタートアップに登録されているアプリを削除する」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows8/8.1 スタートアップに登録されているアプリを削除する前のページ

Windows8/8.1 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする次のページ

関連記事

  1. パソコンが重い・遅い

    視覚効果の有効と無効の時のパフォーマンスを比較

    ここでは「視覚効果の有効と無効ではどの程度パフォー…

  2. セーフモード

    セーフモードとは?

    セーフモードとは、必要最小限の構成でパソコン(windows)を立ち上…

  3. Windows7

    Windows7 ディスククリーンアップのやり方の手順

    注意事項等、書いてあるので読んでいない方は下記を一読することをおすすめ…

  4. Windows10

    Windows10 スタートアップに登録されているアプリを削除する

    この記事では、Windows10のパソコンで、スタートアップに登録され…

  5. Windows7

    Windows7 システムの復元ポイントを自動作成する方法

    この記事では、Windows7のパソコンで、復元ポイントを「自動作成し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP