Windows スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く

この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで、スタートアップのフォルダの場所について手っ取り早く開く案内しております。

 この記事で得られること
Windowsのパソコンで、スタートアップのフォルダの場所を知る事によりアプリケーションの追加や削除を行うことが出来る。

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

OSを選択

「スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法」についてはOS毎に案内しております。該当するOSを下記からお選びください。

Windows7
「Windows7 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く」

Windows8/8.1
「Windows8/8.1 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く」

Windows10
「Windows10 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く」


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows8/8.1 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く前のページ

Windows8/8.1 スタートアップにアプリケーションを追加し登録する方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    Windows10 HDD増設後のパソコン側の詳細な設定(パーティション作成)

    この記事では「Windows10 HDD増設後のパソコン側の詳細な設定…

  2. chkdsk(チェックディスク)

    chkdsk(チェックディスク)機能を使ってHDDのエラーをチェックして修復する

    パソコンが重い、または遅い場合、chkdsk(チェックディスク)でHD…

  3. Windows10

    Windows10 システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する

    この記事では「Windows10 システムの保護を有効にし復元ポイント…

  4. Windows7

    超簡単!Windows7 レジストリのバックアップと復元方法

    ここではWindows標準搭載されている「レジストリエディタ」…

  5. Windows7

    Windows7 システムの復元ポイントの容量を減らす方法

    この記事では、Windows7のパソコンで、システムの復元ポイントの容…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP