Windows7 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く

この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップのフォルダの場所について手っ取り早く開く案内しております。

 この記事で得られること
Windows7のパソコンで、スタートアップのフォルダの場所を知る事によりアプリケーションの追加や削除を行うことが出来る。

対象OSWindows7

操作の案内の前に伝えておきたいこと

スタートアップのフォルダには3種類あり、それぞれのフォルダの場所は違ってきます。

  1. 現在ログインしているユーザー
  2. 全ユーザー共通
  3. 現在ログインしている以外のユーザー

開き方は様々ありますが、ここでは手っ取り早く開く方法を案内していきます。

操作手順

では、Windows7 スタートアップのフォルダを手っ取り早く開く操作手順に入りたいと思います。

 

・左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→以下の「②赤い文字」をコピペする。

左下にある「①スタート」ボタンを左クリック’以下の「②赤い文字」をコピペする。

【現在ログインしているユーザー】
shell:startup
【全ユーザー共通】
shell:common startup

【現在ログインしている以外のユーザー】
現在ログインしている以外のユーザーの場合、フォルダーの場所を開くにはエクスプローラーから開く必要があります。
「エクスプローラー」を左クリック。
「エクスプローラー」を左クリック。
・下記のパスをコピペします。ユーザー名のみご自身のユーザー名に変更します。
C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
下記のパスをコピペします。ユーザー名のみご自身のユーザー名に変更します。 C:\Users\「ユーザー名」\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

 

・ここでは「全ユーザー共通」のスタートアップのフォルダーの場所を開いてみたいと思います。

「shell:common startup」と入力した後に、上に「shell:common startup」のフォルダーが表示されるので左クリック。

「shell:common startup」と入力した後に、上に「shell:common startup」のフォルダーが表示されるので左クリック。

 

・スタートアップにアプリケーションのショートカットアイコンを登録したい場合は、ショートカットアイコンをフォルダー内に引っ張ってくるか、コピーする事が出来ます。

※追加する際は、アプリケーションの本体ではなくショートカットアイコンになるので注意が必要です。

スタートアップにアプリケーションのショートカットアイコンを登録したい場合は、ショートカットアイコンをフォルダー内に引っ張ってくるか、コピーする事が出来ます。

 

「Windows7 スタートアップのフォルダの場所を手っ取り早く開く」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日でありますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. システムの復元

    Windows システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する

    この記事では「Windows システムの保護を有効にし復元ポイントを手…

  2. システムの復元

    Windows7 システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する

    この記事は「Windows7 システムの保護を有効にし復元ポイントを手…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows7 デスクトップの壁紙(背景)の変え方の設定方法

    この記事では、Windows7のパソコンでデスクトップの壁紙(背景)の…

  4. タスクマネージャー

    Windows8/8.1 タスクマネージャーのパフォーマンス画面を徹底的に追及する

    タスクマネージャーのパフォーマンス画面では様々な情報が記載されています…

  5. デフラグ

    デフラグで重いまたは遅いパソコンを高速化するために徹底的に追求してみる

    1.デフラグとは?デフラグとは日本語で「最適化」という意味です。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP