Windows8/8.1 グラフィックボードとディスプレイの確認方法

Translate:
スポンサーリンク

windows8/8.1ではグラフィックボード(ビデオカード)およびディスプレイ(モニター)の確認方法はいくつかありますが、ここではWindows標準搭載の「DirectX診断ツール」を使って手っ取り早く確認することが出来る方法を紹介していきます。

早速案内に入りたいと思います。


簡易案内

「スタートボタン右クリック」→「ファイル名を指定して実行」→「半角でdxdiagと入力しEnterキーを押す」→「DirectX診断ツールが立ち上がるのでディスプレイのタブを選択」

左下にある「スタート」ボタンを右クリック。

スタートボタンを左クリック

一覧が出てくるので「ファイル名を指定して実行」を左クリック。

ファイル名を指定して実行を左クリック

窓のところに半角で「dxdiag」と入力しEnterキーを押す。

dxdiagと半角で入力しEnterキーを押す

「DirectX診断ツール」が立ち上がります。

windows8/8.1 DirectX診断ツールの画面

グラフィックボード(ビデオカード)を調べるには、上のタブの「ディスプレイ」を左クリック。

上のタブのディスプレイを左クリック

ディスプレイの画面に切り替わります。

ディスプレイの画面に切り替わる

「名前」「チップ」から現在使われているグラフィックボード(ビデオカード)を確認する事が出来ます。

私のWindows8/8.1のパソコンでは

  • 名前:Intel(R) HD Graphics
  • チップ:Intel(R) HD Graphics

となっております。

名前とチップの種類からグラフィックカード(ビデオカード)を確認する事が出来る

DirectX診断ツールでは、現在接続されているディスプレイ(モニター)も確認する事が出来ます。

私のWindows8/8.1のパソコンでは

  • モニター:Generic PnP Monitor

となっております。

モニターの項目から現在接続されているモニターを確認することが出来る

参考

デスクトップのパソコンを使用している場合は、外部モニターを繋いでいるのでモニターの項目は「Generic PnP Monitor」では無く、メーカ名と型番が表示されます。

例:BenQ GL2460

ノートパソコンでは「Generic PnP Monitor」もしくは「汎用 PnP Monitor」となっていることがほとんどです。

「Windows8/8.1 グラフィックボードとディスプレイの確認方法」については以上になります。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です