Windows7 HDD増設後のパソコン側の詳細な設定(パーティション作成)

この記事では「Windows7 HDD増設後のパソコン側の詳細な設定(パーティション作成)」について案内しております。

対象OSWindows7


この記事で得られること

Windows10のパソコンでHDDを増設後のパソコン側の設定をし、HDDを認識させ使用できることが出来る。

内臓HDDや外付けHDDを増設後、パソコン側で下記の2つの設定を完了しないと「HDDが認識されない」といった問題が出てきます。

 

  1. パーティション形式を選ぶ(MBR形式またはGPT形式)
  2. パーティションのフォーマットを選ぶ(NTFSまたはexFAT)

 

設定自体は案内に従って行くだけなので、初めての方でも簡単に設定をすることが出来ると思います。

では案内に入りたいと思います。

 

Windows7 パーティション形式を選ぶ(MBR形式またはGPT形式)

まずは「ディスク管理」の画面を開きます。

 

・左下にある「スタート」ボタンを左クリック。

スタートボタンを左クリック

 

・右にある「コンピューター」を右クリック。

コンピューターを右クリック

 

・項目が出てくるので「管理」を左クリック。

※若干時間が掛かる場合があります。

管理を左クリック

 

・「コンピューターの管理」の画面が開きます。左の項目の下にある「ディスクの管理」を左クリック。

ディスクの管理を左クリック

 

・「ディスクの初期化」の画面が出てきて、MBR(マスターブートレコーダー)かGPT(GUIDパーティションテーブル)をどちらか選ばなければなりません。

MBR(マスターブートレコーダー)かGPT(GUIDパーティションテーブル)の画面

 

MBRとGPTの違いは以下になります。

 

MBRとGPTの違い

MBRとGPTの主な違いについては以下になります。

 

①MBR(マスターブートレコード)

  1. 2TB以下
  2. 最大4個までパーティションを分けれる
  3. 32bit環境まで
  4. どのマザーボードでも使用可能

 

②GPT(GUIDパーティションテーブル)

  1. 2TB以上(最大8.5ZB) ※1
  2. 最大128個までパーティションを分けれる
  3. 64bit環境が必要
  4. マザーボードがUEFIに対応している必要がある ※2

※1 Windows XP以前のOSでは、2TBを超えるハードディスクは4Kセクタに対応していなければ使用する事が出来ない。

※2 UEFIとは、Intel 6シリーズのマザーボードから導入されたチップセットです。


MBRとGPTの違いを踏まえて結局のところどちらを選ぶかになってきますが、上記のMBRとGPTの違いで書いたように、環境によって変わってくるという事になります。

2TB以上のHDDで4個以上のパーティション(拡張パーティションを含めない)を作成したいのであれば、GPTでそれ以外はMBRでいいと思います。

 

MBR形式とGPT形式の違い(パーティション)から抜粋

 

・MBRまたはGPTどちらか選んだら「OK」ボタンを左クリックします。

ここではMBRを選んでみたいと思います。

MBR(マスターブートレコーダー)かGPT(GUIDパーティションテーブル)の設定が終わったら、OKボタンを左クリック。

 

・下にMBRかGPTを設定した「未割り当てのディスク」が表示されます。

MBRかGPTを設定した後にディスク管理の画面に未割り当てのディスクが表示される。

 

「未割り当て」を右クリック。

未割り当てを右クリック。

 

・右クリック後、項目が出てくるので「新しいシンプルボリューム」を左クリック。

右クリック後、新しいシンプルボリュームを左クリック。

 

・「新しいシンプルボリュームウィザード」の画面が現れるので「次へ」を左クリック。

新しいシンプルボリュームウィザードの画面になるので次へを左クリック

 

・次はボリュームサイズのを決めていきます。1つのパーティションのみを作成する場合は、最大ディスク領域と同じ値を「シンプルボリュームサイズ」に入力します。

1つのパーティションのみを作成するのであれば最大ディスク領域と同じ値を入力する。

 

・2つ以上のパーティションを作成する場合は、最大ディスク領域をパーティションの数で割ります。

ここでは2つのパーティションを作成してみたいと思うので、

「239370÷2」=11969(119GB)

「119685」を入力します。

2つ以上のパーティションを作成するのであれば最大ディスクからパーティションの数で割り、値を入力する。

 

・よければ「次へ」ボタンを左クリック。

パーティションのサイズを決め終わったら次へボタンを左クリック。

 

・次はドライブ文字などを割り当てていきます。

各項目の説明は以下になります。

ドライブ文字またはパスの割り当ての各項目の説明

※文字を左クリックすると該当する項目が開き説明が出てきます。

①次のドライブ文字を割り当てる
②次の空のNTFSフォルダーにマウントする
③ドライブ文字またはドライブパスを割り当てない

 

このまま「パーティションのフォーマット形式を選ぶ(NTFSまたはexFAT)」にお進みください。

Windows7 パーティションのフォーマットを選ぶ(NTFSまたはexFAT)

 

次は「パーティションのフォーマット」を選んで行きます。

 

・各項目は以下になります。

パーティションのフォーマットの各項目の説明

※文字を左クリックすると該当する項目の説明が出てきます。

①このボリュームをフォーマットしない
②このボリュームを次の設定でフォーマットする
③ファイルシステム
④アロケーションユニットサイズ
➄ボリュームラベル
⑥クイックフォーマット
➆ファイルとフォルダの圧縮

 

・設定が終わったら「次へ」ボタンを左クリック。

パーティションのフォーマットの各項目の設定が終わったら次へボタンを左クリック。

 

「今までの設定した一覧」が表示されて確認することが出来ます。

今までの設定した一覧を確認

 

・よければ「完了」ボタンを左クリック。

今までの設定した一覧を確認しよければ完了ボタンを左クリック。

 

・さきほどの「ディスクの管理」画面に戻り「フォーマット中」と出ます。

ディスクの画面に戻りフォーマット中と表示される。

 

・時間が経つと「フォーマット中(~%)」と出るのでフォーマットが終わるまで待ちます。

少し時間が経つとフォーマット中(~%)と出るので、終わるまで待つ。

 

・フォーマットが終わると「ファイルシステムの情報」などが表示されます。

 

・残りのもう1つのパーティションはCドライブにマウントしてみました。マウントなのでドライブ文字はありません。

 

HDD増設後の設定はこれで完了です。

「Windows7 HDD増設後のパソコン側の詳細な設定(パーティション作成)」については以上になります。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. システムの復元

    Windows8/8.1 システムの復元ポイントを確認する

    この記事は「Windows8/8.1 システムの復元ポイントを確認する…

  2. タスクマネージャー

    Windows8/8.1 タスクマネージャーの開き方と見方

    ・左下にある「スタート」ボタンを右クリックし、「タスクマネージ…

  3. Windows標準搭載ツール

    Windows7 デスクトップの壁紙(背景)の変え方の設定方法

    この記事では、Windows7のパソコンでデスクトップの壁紙(背景)の…

  4. superfetch

    Windows7 superfetchを無効に設定する方法

    この記事では、Windows7のパソコンに搭載されている「superf…

  5. 不要なプログラムやファイルの削除

    Windows8/8.1 不要なプログラム(アプリケーション)の削除

    この記事では「Windows8/8.1 不要なプログラム(アプリケーシ…

  6. システムの復元

    Windows10 システムの復元ポイントを自動作成する方法

    この記事では、Windows10のパソコンで、復元ポイントを「自動作成…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows8/8.1 現在ログインしているアカウントがM…
  2. Windows10 OneDriveに関する情報を根こそぎ削…
  3. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを完全…
  4. Windows10 更新プログラム(1803)適用後の言語バ…
  5. Windows10 エクスプローラーのOneDriveを隠す…

カテゴリー

PAGE TOP