Windows10 システムの復元を行う方法

この記事では、Windows10のパソコンでシステムの復元を行う方法を案内しております。

 この記事で得られること
Windows10のパソコンで、システムの復元を行う際の9つの注意点と方法を知ることが出来る。

対象OSWindows10

操作の案内の前に伝えておきたいこと

システムの復元とは、パソコンを正常だった状態に戻す機能の事を言います。

システムの復元は操作自体は簡単ですが、システムの復元を行う事によりどのような問題が発生するのか把握しておく必要があります。

システムの復元を行う際にチェックしておくべき9つの事

  1. 時間に余裕があるときに行う
  2. ノートパソコンを使用している場合はACアダプターを接続する
  3. 実行中の全てのアプリケーションは終了させておく
  4. 管理者のアカウントで行う
  5. HDD・SSDの容量が128GB未満の場合、システムの復元が出来ない場合がある
  6. 復元ポイントが作成されていない場合、システムの復元を実行することは出来ない
  7. データは復元・復旧出来ない
  8. インストールしたアプリケーションやドライバーは、再インストールが必要となる場合がある
  9. バックアップは必ずではないが念のためバックアップはとっておく

操作手順

では、Windows10 システムの復元を行う操作手順に入ります。

 

・左下にある検索ボックスに「システムの復元」と入力します。

検索ボックスに「システムの復元」と入力。

 

「システムの復元」と入力し終えたら上に「復元ポイントの作成」と表示されるので左クリックします。

「復元ポイントの作成」を左クリック。

 

・「システムのプロパティ」の画面になるので「システムの復元」のボタンを左クリックします。

「システムの復元」を左クリック。

 

・右下にある「次へ」ボタンを左クリック。

「次へ」ボタンを左クリック。

 

・この画面で「復元ポイント」が表示されます。

復元ポイントを確認する画面

 

・左下にある「他の復元ポイントを表示する」に左クリックでチェックを入れると、「他の復元ポイント」表示されます。

「他の復元ポイントを表示する」にチェックを入れるとその他の復元ポイントが表示される。

【復元ポイントが無い場合】
「他の復元ポイントを表示する」にチェックを入れ復元ポイントが無い場合は、残念ながらシステムの復元を行うことが出来ません。
復元ポイントが無い理由は「システムの保護」が有効になっておらず「復元ポイントが作成されていない」ためです。
今回はシステムの復元を行う事は出来ないですが、もしものために復元ポイントを作成するため設定する事をおすすめします。

復元ポイントがよくわからない方は下記を参照してください。
「復元ポイントとは?」
復元ポイントの設定の仕方については下記を参照してください。
「Windows システムの保護を有効にし復元ポイントを手動で作成する」

 

・ここでは、Windows10のパソコンを6日前の10月30日に戻してみたいと思います。

「復元ポイント」を左クリックで選択後、インストールしたアプリケーションやドライバーが削除されるかどうか確認するため「影響を受けるプログラムの検出」を左クリックします。

※画像を取り忘れてしまい、復元ポイントの日時が若干違うものもありますがご了承ください。

復元ポイントを選択後「影響を受けるプログラムの検出」を左クリック。

【システムの復元の時間について】
復元ポイントの期間が遠ければ遠いほど時間が掛かり、システムの復元が失敗する確率が高くなります。
あくまで目安ですが、1週間以内の復元ポイントであれば10分程度で終わり、2か月以降の復元ポイントになってくると1時間以上かかる場合もあります。

 

・上には「削除されるプログラムとドライバー、下には「削除されるかどうか解らないプログラムとドライバー」が表示されます。

「削除されるプログラムとドライバー」と「復元が見込まれるプログラムとドライバー」が表示される。

【影響を受けるプログラムの検出について】
上図で言えば、10月30日から11月5日の今の時刻の間にインストールしたアプリケーション(プログラム)やドライバーが上下に表示されます。
「上に表示されているプログラムとドライバー」は、ほぼ削除されると思った方がいいでしょう。
「下に表示されているプログラムとドライバー」は、システムの復元後、復元されるアプリケーションとドライバーが表示されます。
アプリケーションによっては、再インストールする際にCDやDVD、インストールファイルやプロダクトキーなど必要となって来るので注意が必要です。

 

・確認したら「閉じる」ボタンを左クリックで閉じます。

影響を受けるプログラムとドライバーを確認し終えたら「閉じる」ボタンを左クリック。

 

・先程の画面に戻るのでよければ右下にある「次へ」ボタンを左クリック。

これでよければ「次へ」ボタンを左クリック。

 

・システムの復元が始まると中断出来ないので、最後に念のため「時刻などの内容を確認」しておき、現在開いているアプリケーションはすべて閉じましょう。

よければ「完了」ボタンを左クリック。

これでよければ「完了」を左クリック。

 

・「システムの復元を開始したら中断できません」と表示されるので、よければ「はい」を左クリック。

よければ「はい」を左クリック。

 

・システムの復元の準備が始まるので待ちます。

システムの復元の準備が始まる。

 

・パソコンから自動的にログアウトし、システムの復元が始まるので待ちます。

システムの復元が開始したので終わるまで待つ。

 

・パソコンが再起動し、ログイン画面になったらログインします。デスクトップの画面になったら完了です。

 

「Windows10 システムの復元を行う方法」については以上になります。

参考になれば幸いです。

 

【関連記事】


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. パソコンが重い・遅い

    視覚効果の有効と無効の時のパフォーマンスを比較

    ここでは「視覚効果の有効と無効ではどの程度パフォー…

  2. Windows10

    Windows10 パソコンのスペック(基本情報)の確認方法と見方

    この記事は「Windows10 パソコンのスペック(基本情報)の確認方…

  3. Windows10

    Windows10 デバイスドライバーを更新して問題を改善する

    この記事では、Windows10のパソコンで「デバイスマネージャーから…

  4. Windows10

    Windows10 セーフモードの起動方法

    この記事では「Windows10 セーフモードの起動方法」についての案…

  5. Windows10

    Windows10 視覚効果の設定の仕方

    この記事は、Windows10の視覚効果の設定の案内になります。…

  6. パソコンが重い・遅い

    仮想メモリ(ページファイリング)を正しく設定してパソコンを最適化する

    仮想メモリ(ページファイリング)を正しく設定することでパソコンを高速化…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP