Windows標準搭載ツール

Windows10 スタートメニューにあるアイコンを変更しカスタマイズする

この記事ではWindows10のパソコンでスタートメニューにあるアイコンを変更しカスタマイズする方法を案内しております。

対象OSWindows10


この記事で得られること

Windows10のパソコンでスタートメニューにあるアイコンを変更し、カスタマイズすることが出来る。

 

操作の案内の前に伝えておきたい事

案内に入る前に5つ伝えておきたいことがあります。

 

1.スタートメニューのアイコンを変更するには管理者権限が必要

通常は触ってはいけない部分を触ることになるので、スタートメニューのアイコンを変更するには管理者権限が必要となってきます。

 

2.スタートメニューのアプリとショートカットアイコンの関係性について

スタートメニューのアイコンはアプリケーションが登録されているのではなく、アプリケーションのショートカットアイコンが登録されています。

スタートメニューにはアプリケーションが登録されているのではなく、アプリケーションのショートカットアイコンが登録されている。

 

3.スタートメニューに表示されているアイコンは「全ユーザー」と「個別ユーザー」の2つが表示されている

スタートメニューに表示されるショートカットアイコンは、「スタートメニュー」の中にある「プログラム」のフォルダーの中に保存されており、「スタートメニュー」のフォルダーは、「全ユーザー」と「個別ユーザー」の2つあります。

全ユーザーと個別のユーザーの2つがスタートメニューに登録されている。

 

例えば「Aのユーザー」と「Bのユーザー」と「全ユーザー」のアカウントがあった場合、「Aのユーザー」でスタートメニューのアイコンを変更すると「Bのユーザー」のアイコンは変更されません。

「全ユーザー」のアイコンを変更した場合は、「Aのユーザー」と「Bのユーザー」にも適用されます。

よって、変更したいアカウントでログインする必要があります。

 

「全ユーザー」と「個別ユーザー」のスタートメニューのアイコンの場所は以下になります。

 

全ユーザーのスタートメニューの場所(パス)

「PC」’「Windows(C:)」’「ProgramData」’「Microsoft」’「Windows」’「スタートメニュー」’「プログラム」

「PC」→「Windows(C:)」→「ProgramData」→「Microsoft」→「Windows」→「スタートメニュー」→「プログラム」

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\

 

個別ユーザーのスタートメニューの場所(パス)

「PC」’「Windows(C:)」’「ユーザー」’「ユーザー名」’「AppData」’「Roaming」’「Microsoft」’「Windows」’「スタートメニュー」’「プログラム」

「PC」→「Windows(C:)」→「ユーザー」→「ユーザー名」→「AppData」→「Roaming」→「Microsoft」→「Windows」→「スタートメニュー」→「プログラム」

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\

 

4.スタートメニューのフォルダーは隠しファイルとなっている

「ProgramData(全ユーザーのフォルダー)」と「AppData(個別ユーザーのフォルダー)」は、初期設定だと隠れてしまっているので「隠しファイル」にチェックを入れ、隠れているファイルやフォルダーを表示する必要があります。

隠しファイル・隠しフォルダーの表示の仕方については下記を参照してください。

「Windows10 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法」

 

5.念のためレジストリのバックアップは取っておこう

「ProgramData」と「AppData」のフォルダーは「隠れているファイル」なので、通常はこの隠れているファイルを触ることは推奨されていません。

よって、誤ってショートカットアイコンを削除してしまい新たにフォルダーに追加しても、スタートメニューが正常に表示されなかったりする場合があります。

※スタートメニューが正常に機能しないちゃんとしたデータは無いですが、過去に1度だけWindows10のパソコンで経験あり。

 

絶対では無いですが不安な方は、レジストリのバックアップは念のため取っておきましょう。

「Windows10 レジストリのバックアップと復元方法」

 

前置きが長くなりましたが案内に入りたいと思います。

操作案内

ここでは「全ユーザー(ProgramData)」に対してのアイコンの操作案内をしていきます。

「個別ユーザー(AppData)」に関しては、ProgramDataのフォルダーをAppDataのフォルダーにすり替えて考えればいいだけです。追って説明します。

 

・タスクバーにある「エクスプローラー」を左クリック。

※タスクバーにエクスプローラーが見当たらない場合

・左下にある「スタート」ボタンを右クリック→「エクスプローラー」を左クリック。

・左下にある「スタート」ボタンを左クリック→「Windowsシステムツールのフォルダー」→「エクスプローラー」を左クリック。

エクスプローラーを左クリック。

 

・次にフォルダーを全ユーザーか個別ユーザーのどちらか選びます。

 

全ユーザー向けのフォルダーの場所

「PC」→「Windows(C:)」→「ProgramData」→「Microsoft」→「Windows」→「スタートメニュー」→「プログラム」

※以下をコピーすると、瞬時にスタートメニューの中にあるフォルダーを開けるため、上記のフォルダーを一つ一つ開いていく作業の手間が省けます

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\

 

個別ユーザー向けのフォルダーの場所

「PC」→「Windows(C:)」→「ユーザー」→「ユーザー名」→「AppData」→「Roaming」→「Microsoft」→「Windows」→「スタートメニュー」→「プログラム」

※以下をコピーすると手っ取り早いですが、「ユーザー名」となっている文字は自分のユーザー名を変更する必要があります。

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\

 

 

・上のバーにある「文字の何もないところで左クリック」

※繰り返しになりますが、ここからは「全ユーザー」に対してアイコンを変更する手順となります。「個別ユーザー」に関してもフォルダーが違うだけで手順は一緒です。

上のバーにある「文字の何もないところで左クリック」。

 

・背景が青く反転されたことを確認し「右クリック→貼り付け」「キーボードの Ctrl+V」で貼り付けをします。

背景が青く反転されたことを確認し「右クリック’貼り付け」か「キーボードの Ctrl+V」で貼り付け。

 

・貼り付け後キーボードの「Enterキー」を押します。

貼り付け後キーボードの「Enterキー」を押す。

 

・すると「全ユーザーに対してのスタートメニューのアイコンが表示」されます。

全ユーザーに対してのスタートメニューのアイコンが表示される。

 

・ここでは「itunes」のアイコンを変更してみたいと思います。「itunesのフォルダーをダブルクリック」

itunesのアイコンを変更するため、itunesのフォルダーをダブルクリック。

 

「itunesのショートカットアイコンを右クリック」

itunesのショートカットアイコンを右クリック。

 

「プロパティ」を左クリック。

右クリック後、項目の中から「プロパティ」を左クリック。

 

・上のタブが「ショートカット」になっていることを確認し「アイコンの変更」を左クリック。

上のタブが「ショートカット」になっていることを確認し「アイコンの変更」を左クリック。

 

・Windowsに最初からインストールしてあるアプリケーション(IEやペイントなど)は下図のようにアイコンが表示されるので、ここから選んでもいいでしょう。また、作成したアイコンやダウンロードしたアイコンを使用する場合は、参照ボタンを押した後に保存されている場所を選びます。

元からインストールされているIEやペイントなどのソフトは、アイコンが表示されます。ここから選んでもいいでしょう。

 

「参照」ボタンを左クリック。

「参照」ボタンを左クリック。

 

・右上の検索ボックスに「shell32」と入力します。

右上の検索ボックスに「shell32」と入力。

 

・「shell32」と入力すると下に「shell32.dll」というファイルが表示されるので、左クリック。

※もしファイルが見つからない場合は、

「PC」→「Windows:C」→「Windows」→「system32」と順に開いて「shell32.dll」を検索してみてください。

「shell32」と入力すると下に「shell32.dll」というファイルが表示されるので、左クリック。

 

・この中から変更したいアイコンを選びます。

※ダウンロードしたアイコンや作成したアイコンを使用する場合は、そのアイコンをクリックすれば使用することが出来ます。

新しいアイコンが表示されます。

 

・マウスのホイールを回すか、「バーを左クリック長押しで移動」することが出来ます。

マウスのホイールを下に回すことで他のアイコンも表示できます。

 

「選びたいアイコン」が決まったら左クリックで選択し「OK」ボタンを左クリック。

アイコンが決まったらアイコンを左クリックし「ok」を左クリック。

 

「左上にあるアイコン」が変更されたことを確認して「適用」ボタンを左クリック。

左上にあるアイコンが変更されたことを確認し右下にある「適用」ボタンを左クリック。

 

「管理者の権限が必要です」という画面が出るので「続行」を左クリック。

「管理者の権限が必要です」という画面が出るので「続行」を左クリック。

 

・これでショートカットアイコンを変更することが出来ました。

ショートカットアイコンを変更後、3つの場所のアイコンが変更されます。

 

①ショートカットアイコンを変更後のスタートとメニューのフォルダー

①ショートカットアイコンを変更後のスタートとメニューのフォルダー

 

②スタートメニューにあるアイコン

②スタートメニューにあるアイコン

 

③アプリケーションを起動したときのタスクバーのアイコン

③アプリケーションを起動したときのタスクバーのアイコン

 

最後に

一通りの作業を終えたら、誤ってファイルやフォルダーを変更しパソコンの調子が悪くならないように、冒頭で説明した「隠しファイル」は非表示に戻しておきましょう。

「Windows10 隠しファイル・フォルダーを表示または非表示にする方法」

 

変更したアイコンをタスクバーに追加するには、別記事にまとめているので下記を参照して下さい。

「Windows10 タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する」

 

「Windows10 スタートメニューにあるアイコンを変更する方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日となりますように^^


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
スポンサー

関連記事

  1. chkdsk(チェックディスク)

    chkdsk(チェックディスク)機能を使ってHDDのエラーをチェックして修復する

    パソコンが重い、または遅い場合、chkdsk(チェックディスク)でHD…

  2. ファイル復元・データ復旧

    Windows10 削除してしまったファイルをシャドウコピーで復元する方法

    この記事では「Windows10 削除してしまったファイルをシャドウコ…

  3. Windows標準搭載ツール

    トラブルシューティングツールとは?

    トラブルシューティングツールとは、何かパソコンに問題があった時に、手軽…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows10 コマンドプロンプトの起動方法

    この記事では「Windows10 コマンドプロンプトの起動方法」につい…

  5. Windows標準搭載ツール

    Windows タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

    この記事では、Windowsのパソコンで「タスクバーを隠す方法」と「小…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows デスクトップのショートカットアイコンの画像を…
  2. Windows8/8.1 アイコンが消えた場合などにはエクス…
  3. Windows10 アイコンが消えた場合などにはエクスプロー…
  4. Windows 現在ログインしているユーザー名を確認する
  5. Windows8/8.1 現在ログインしているユーザー名を確…

関連記事(広告含む)

PAGE TOP