Windows Update・更新プログラム

Windows Updateコンポーネントを手動でリセットしてWindows Updateエージェントを最新のバージョンにする

この記事では、Windows Updateの更新プログラムが終わらなかったり、失敗したりする場合の対処方法として「Windows Updateコンポーネントを手動でリセットしてWindows Updateエージェントを最新のバージョンにする」の案内をしております。

対象OSWindows7、Windows8/8.1、Windows10

 この記事で得られること
Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコンで「Windows Updateコンポーネントを手動でリセットする方法」と「Windows Updateエージェントを最新のバージョンにする方法」の2つを知る事が出来る。

操作の案内の前に伝えておきたいこと

トラブルシューティングツールをダウンロードして使用すると、自動でWindows Updateのコンポーネントのリセットする事が出来ます。

トラブルシューティングツールを使い自動でWindows Updateのコンポーネントのリセットしても駄目だった場合は、コマンドプロンプトからWindows Updateコンポーネントを手動でリセットした後に、Windows Updateエージェントを最新のバージョンにしてみましょう。

注意点は2つになります。

【注意点1】
Windows10では、Windows Updateエージェントを最新のバージョンは更新プログラムの中に含まれているのでダウンロード不要です。よって、コンポーネントを手動でリセットするだけになります。

【注意点2】
コマンドプロンプトではレジストリを書き換えたりするので慎重に行っていきましょう。そして、操作を誤ると深刻な問題が発生する事があるので、必ずレジストリのバックアップを取っておきましょう。

レジストリについて解らない方やバックアップの仕方について知りたい方は、下記を参照して下さい。

 

専門用語が並んできますが、メモ帳などにコピーしてコマンドプロンプトに貼り付けるだけなので、初心者の方でも簡単にできる作業です。焦らずゆっくり行って行きましょう。

メモ帳の開き方がわからない方は下記を参照して下さい。
「メモ帳の起動の仕方」

 

では案内に入りたいと思います。

Windows Updateコンポーネントを手動でリセットする方法

まずは「Windows Updateコンポーネントを手動でリセット」して行きます。コマンドプロンプトを起動しましょう。

Microsoftの記事を参考に案内しており、Microsoftの記事が読みやすいようでしたらそちらをご覧になって下さい。

コマンドプロンプトの起動の仕方が解らない方は下記を参照して下さい。
「コマンドプロンプトの起動方法」

 

・真っ暗な画面が出てきて「コマンドプロンプト」の画面になります。ここにBitsサービス、Windows更新プログラムのサービス、暗号化サービス等を停止したり削除していきます。

※画像はWindows7です

コマンドプロンプトの画面

 

・コマンドプロンプト上では、特殊の設定をしない限りキーボートの「ctrl+c(コピー)」や「ctrl+v(ペースト)」は行えません。マウスの右クリックでコピー&ペーストを行なうかコマンドプロンプトの左上にあるアイコンを左クリックするとメニューが開くので、「編集」にカーソルを持っていくとコピーと貼り付けの項目が出てきます。

コマンドプロンプト上で左上にあるアイコンをクリックするとメニューが出てくるので編集にカーソルを持っていくと貼り付けが出来る

 

では早速、これから紹介するコマンドをコマンドプロンプトに打ち込んで行きます。パッチファイルとして全てのコマンドを一気に行う方法もありますが、Microsoftではそのような説明が無いので、面倒ですが確実に行うためこのような方法で案内しています。

一気にコピーして貼り付けていく項目もありますが、基本的には一つ一つコピーしていきコマンドプロンプト上で貼り付けをしてEnterキーを押していきます。その都度説明していきます。

①Windows Updateに関連する、BITSサービス、Windows更新プログラムサービス、暗号化サービスを停止します。

以下を一気にコピーするのではなく一行ずつコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押していきます

net stop bits

net stop wuauserv

net stop appidsvc

net stop cryptsvc

 

「net stop bits」をコピーしてコマンドプロンプトに貼り付けてEnterキーを押す

net stop bitsをコマンドプロンプトに打ち込む

 

「net stop wuauserv」をコピーしてコマンドプロンプトに貼り付けてEnterキーを押す

net stop wuauservをコマンドプロンプトに打ち込む

 

このように一つ一つコピーして貼り付けていきます。

②BITSサービスのファイルを削除する

Qmgr*.dat ファイルを削除します。

以下をコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けキーボードのEnterキーを押します。

Del”%ALLUSERSPROFILE%\ApplicationData\Microsoft\Network\Downloader\qmgr*.dat”

 

③Windows Updateの更新プログラムの関連するフォルダの名前を変更する

【注意点】
今回初めてコンポーネントを手動でリセットする場合は、この項目を飛ばして「④」に進んでください。仮に、最後まで行っても駄目だった場合のみ、この項目を試してください。

Windows Updateの更新プログラムの履歴と、Windows Updateの更新プログラムなどを確認し署名を保管するフォルダの名前を変更します。

 

以下を一行ずつコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

Ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak

Ren %systemroot%\system32\catroot2 catroot2.bak

 

・BITSサービスをリセットする

一行ずつではなくて全てをコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

sc.exe sdset bits D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU)

 

・Windows Updateのサービスをリセットする

一行ずつではなくて全てをコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

sc.exe sdset wuauserv D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU)

 

④Cドライブのsystem32に移動します

「Cドライブのsystem32」に移動するため以下をコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けキーボードのEnterキーを押します。

cd /d %windir%\system32

 

⑤BITSファイル、Windows更新プログラムのファイルを登録します

以下を一行ずつコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押していきます。少し長いです。

regsvr32.exe atl.dll

regsvr32.exe urlmon.dll

regsvr32.exe mshtml.dll

regsvr32.exe shdocvw.dll

regsvr32.exe browseui.dll

regsvr32.exe jscript.dll

regsvr32.exe vbscript.dll

regsvr32.exe scrrun.dll

regsvr32.exe msxml.dll

regsvr32.exe msxml3.dll

regsvr32.exe msxml6.dll

regsvr32.exe actxprxy.dll

regsvr32.exe softpub.dll

regsvr32.exe wintrust.dll

regsvr32.exe dssenh.dll

regsvr32.exe rsaenh.dll

regsvr32.exe gpkcsp.dll

regsvr32.exe sccbase.dll

regsvr32.exe slbcsp.dll

regsvr32.exe cryptdlg.dll

regsvr32.exe oleaut32.dll

regsvr32.exe ole32.dll

regsvr32.exe shell32.dll

regsvr32.exe initpki.dll

regsvr32.exe wuapi.dll

regsvr32.exe wuaueng.dll

regsvr32.exe wuaueng1.dll

regsvr32.exe wucltui.dll

regsvr32.exe wups.dll

regsvr32.exe wups2.dll

regsvr32.exe wuweb.dll

regsvr32.exe qmgr.dll

regsvr32.exe qmgrprxy.dll

regsvr32.exe wucltux.dll

regsvr32.exe muweb.dll

regsvr32.exe wuwebv.dll

 

⑥Winsockをリセットします

以下をコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

netsh winsock reset

 

⑦プロシキをリセットします

以下をコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

netsh winhttp reset proxy

 

⑧BITSサービス、Windows更新プログラムサービス、暗号化サービスを起動します。

「①」で停止させた「BITSサービス」「Windows更新プログラムサービス」「暗号化サービス」の3つをここで再起動します。

以下を一行ずつコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押していきます。

net start bits

net start wuauserv

net start appidsvc

net start cryptsvc

 

次はWindows Updateのエージェントを最新なバージョンにします。そのままお進みください。

※Windows10をお使いの方は、Windows Updateのエージェント最新バージョンは更新プログラムの中に含まれているので不要です。この時点でパソコンを再起動して完了になります。

Windows Updateエージェントを最新バージョンに更新する

次は、Windows Updateのエージェント最新バージョンをダウンロードしていきます。

 

MicrosoftのHPに行きWindows Updateのエージェントの最新バージョンをインストールします

Windows Updateの最新のエージェントをダウンロードするためMicrosoftのHPに飛ぶ

 

・下にスクロールするとこのような画面が出てくるので、ここからご自身が使用しているOSを選びます。

※お使いになっているパソコンのビット数が解らない方は下記を参照して下さい。
「パソコンのスペック(基本情報)の確認方法と見方」

下に行くとWindows Updateの最新のエージェントの項目が出てくるので自分のOSやビット数を確認してダウンロードする

Windows Updateエージェントを最新バージョンに更新したら、パソコンを再起動して完了です。

お疲れ様でした!参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
スポンサー

関連記事

  1. Windows Update・更新プログラム

    Windows7 Windows Updateの自動更新または手動の設定の仕方

    では、設定の説明に入りたいと思います。・左下にある「ス…

  2. Windows Update・更新プログラム

    Windows8/8.1 Windows Updateの更新プログラムの確認方法

    パソコンにどのような更新プログラムがインストールされたか確認する案内に…

  3. Windows Update・更新プログラム

    トラブルシューティングツールでWindows Updateの問題を解決する

    この記事では「トラブルシューティングツールでWindows Updat…

コメント

    • 榛葉光記
    • 2016年 11月 04日

    「Windows Updateエージェントを最新バージョンに更新」まで試みましたが、事態は改善しません。他の方法があれば、よろしくご教示ください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

最近の記事

  1. Windows10 インストールしているアプリケーションの一…
  2. Windows アイコンが消えた場合などにはエクスプローラー…
  3. Windows7 アイコンが消えた場合などにはエクスプローラ…
  4. Windows デスクトップのショートカットアイコンの画像を…
  5. Windows8/8.1 アイコンが消えた場合などにはエクス…

関連記事(広告含む)

PAGE TOP