Windows Updateコンポーネントを手動でリセットしてWindows Updateエージェントを最新のバージョンにする

Translate:
スポンサーリンク
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
Windows Updateコンポーネントを手動でリセットしてWindows Updateエージェントを最新のバージョンにするのアイキャッチ画像

トラブルシューティングツールをダウンロードして使用すると、自動で手軽にWindows Updateのコンポーネントのリセットする事が出来ます。

自動でWindows Updateのコンポーネントのリセットしても駄目だった場合は、今度はコマンドプロンプトからWindows Updateコンポーネントを手動でリセットしてWindows Updateエージェントを最新のバージョンにしてみましょう。

※リンクが貼られていないものに関しては準備中なのでしばらくお待ちください。

参考

トラブルシューティングツールの使い方はこちら

→「トラブルシューティングツールとは?」

コマンドプロンプトではレジストリを書き換えたりするので慎重に行っていきましょう。

※操作を誤ると深刻な問題が発生する事があるので、必ずレジストリのバックアップを取っておきましょう。

参考

レジストリについて知りたい方はこちら

→レジストリとは?

レジストリのバックアップの仕方について知りたい方はこちら

→レジストリのバックアップと復元方法

コマンドプロンプトでWindows Updateコンポーネントを手動でリセットした後、Windows Updateエージェントを最新のバージョンにするという流れになります。

専門用語が並んできますがメモ帳などにコピーしてコマンドプロンプトに貼り付けるだけなので、初心者の方でも簡単にできる作業です。焦らずゆっくり行って行きましょう。

参考

メモ帳の開き方がわからない方はこちら

→メモ帳の開き方

Windows Updateコンポーネントを手動でリセットする方法

Windows7の場合

・左下にある「スタートメニュー」を左クリックし「プログラムとファイルの検索」というボックスに「cmd」と半角で打ち込みます。

Windows7 コマンドプロンプトの開き方1 左下にあるスタートメニューを左クリックし検索窓にcmdと打ち込む

・するとプログラムの中に「cmd」というプログラムが出てくるので、「cmd」にカーソルを持っていき右クリックし「管理者として実行」を左クリックして「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可をしますか」と出てくる場合は、「はい」を左クリック

Windows7 コマンドプロンプトの開き方1 cmdと1番上に出てくるので右クリックし管理者として実行を左クリック

Windows8/8.1の場合

・左下にある「スタートメニュー」を右クリックし「コマンドプロンプト(管理者)」を左クリックすると「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可をしますか」と出てくる場合は、「はい」を左クリック

Windows8/8.1 コマンドプロンプトの開き方 左下にあるスタートメニューを右クリックしコマンドプロンプト管理者を左クリック

Windows10の場合

・左下にある「スタートメニュー」を左クリックし、「コマンドプロンプト(管理者)」を左クリックし「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可をしますか」と出てくる場合は、「はい」を左クリック

Windows10 コマンドプロンプトの開き方 左下にあるスタートメニューを右クリックしコマンドプロンプト管理者を左クリック


・真っ暗な画面が出てきて「コマンドプロンプト」の画面になります。ここにBitsサービス、Windows更新プログラムのサービス、暗号化サービス等を停止したり削除していきます。

※画像はWindows7です

コマンドプロンプトの画面

ポイント

コマンドプロンプト上では、特殊の設定をしない限りキーボートの「ctrl+c(コピー)」や「ctrl+v(ペースト)」は行えません。マウスの右クリックでコピー&ペーストを行なうかコマンドプロンプトの左上にあるアイコンを左クリックするとメニューが開くので、「編集」にカーソルを持っていくとコピーと貼り付けの項目が出てきます。

コマンドプロンプト上で左上にあるアイコンをクリックするとメニューが出てくるので編集にカーソルを持っていくと貼り付けが出来る

では早速、以下の内容をコマンドプロンプトに打ち込んでいくのですが、一つ一つコピしていきコマンドプロンプト上で貼り付けをしてEnterキーを押していきます。

パッチファイルとして全てのコマンドを一気に行う方法もありますが、Microsoftではそのような説明が無いので、面倒ですが確実に行うためこのような方法で案内しています。

①Windows Updateに関連する、BITSサービス、Windows更新プログラムサービス、暗号化サービスを停止します。

以下を一行ずつコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押していきます

net stop bits

net stop wuauserv

net stop appidsvc

net stop cryptsvc

「net stop bits」をコピーしてコマンドプロンプトに貼り付けてEnterキーを押す

net stop bitsをコマンドプロンプトに打ち込む

「net stop wuauserv」をコピーしてコマンドプロンプトに貼り付けてEnterキーを押す

net stop wuauservをコマンドプロンプトに打ち込む

このように一つ一つコピーして貼り付けていきます。

②BITSサービスのファイルを削除する

Qmgr*.dat ファイルを削除します。

以下をコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

Del”%ALLUSERSPROFILE%\ApplicationData\Microsoft\Network\Downloader\qmgr*.dat”

③Windows Updateの更新プログラムの関連するフォルダの名前を変更する

重要

今回初めてコンポーネントを手動でリセットする場合は、この項目を飛ばして「④」に進んでください。仮に、最後まで行っても駄目だった場合のみ、この項目を試してください。

Windows Updateの更新プログラムの履歴と、Windows Updateの更新プログラムなどを確認し署名を保管するフォルダの名前を変更します。

以下を一行ずつコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

Ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak

Ren %systemroot%\system32\catroot2 catroot2.bak

・BITSサービスをリセットする

一行ずつではなくて全てをコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

sc.exe sdset bits D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU)

・Windows Updateのサービスをリセットする

一行ずつではなくて全てをコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

sc.exe sdset wuauserv D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU)

④Cドライブのsystem32に移動します

以下をコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

cd /d %windir%\system32

⑤BITSファイル、Windows更新プログラムのファイルを登録します

以下を一行ずつコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押していきます。

regsvr32.exe atl.dll

regsvr32.exe urlmon.dll

regsvr32.exe mshtml.dll

regsvr32.exe shdocvw.dll

regsvr32.exe browseui.dll

regsvr32.exe jscript.dll

regsvr32.exe vbscript.dll

regsvr32.exe scrrun.dll

regsvr32.exe msxml.dll

regsvr32.exe msxml3.dll

regsvr32.exe msxml6.dll

regsvr32.exe actxprxy.dll

regsvr32.exe softpub.dll

regsvr32.exe wintrust.dll

regsvr32.exe dssenh.dll

regsvr32.exe rsaenh.dll

regsvr32.exe gpkcsp.dll

regsvr32.exe sccbase.dll

regsvr32.exe slbcsp.dll

regsvr32.exe cryptdlg.dll

regsvr32.exe oleaut32.dll

regsvr32.exe ole32.dll

regsvr32.exe shell32.dll

regsvr32.exe initpki.dll

regsvr32.exe wuapi.dll

regsvr32.exe wuaueng.dll

regsvr32.exe wuaueng1.dll

regsvr32.exe wucltui.dll

regsvr32.exe wups.dll

regsvr32.exe wups2.dll

regsvr32.exe wuweb.dll

regsvr32.exe qmgr.dll

regsvr32.exe qmgrprxy.dll

regsvr32.exe wucltux.dll

regsvr32.exe muweb.dll

regsvr32.exe wuwebv.dll

⑥Winsockをリセットします

以下をコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

netsh winsock reset

⑦プロシキをリセットします

以下をコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押します。

netsh winhttp reset proxy

⑧BITSサービス、Windows更新プログラムサービス、暗号化サービスを起動します。

「①」で停止させた上記の3つをこの時点で再起動します。

以下を一行ずつコピーして、コマンドプロンプトに貼り付けEnterキーを押していきます。

net start bits

net start wuauserv

net start appidsvc

net start cryptsvc

次はWindows Updateのエージェントを最新なバージョンにします。そのままお進みください。

Windows Updateエージェントを最新バージョンに更新する

注意点

Windows8.1及びWindows10をお使いの方は、Windows Updateのエージェント最新バージョンは更新プログラムの中に含まれているので不要です。この時点でパソコンを再起動して完了になります。

MicrosoftのHPに行きWindows Updateのエージェントの最新バージョンをインストールします

Windows Updateの最新のエージェントをダウンロードするためMicrosoftのHPに飛ぶ

・下にスクロールするとこのような画面が出てくるので、ここからご自身が使用しているOSを選びます。

下に行くとWindows Updateの最新のエージェントの項目が出てくるので自分のOSやビット数を確認してダウンロードする

参考

自分のOSとビット数が解らない方はこちら

ダウンロードの仕方が解らない方はこちら

Windows Updateエージェントを最新バージョンに更新したら、パソコンを再起動して完了です。

お疲れ様でした!参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 榛葉光記 より:

    「Windows Updateエージェントを最新バージョンに更新」まで試みましたが、事態は改善しません。他の方法があれば、よろしくご教示ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です