Windows8/8.1 サクッとスクリーンセーバーを解除する方法

Windows8/8.1のパソコンで、スクリーンセーバーを解除する方法を案内しております。スクリーンセーバーを解除する事で得られるメリットは、記事内で説明しています。

 以下の方を対象としております
・スクリーンセーバーを解除する方法を知りたい

対象OSWindows8/8.1

操作案内の前に伝えておきたいこと

スクリーンセーバーは、ディスプレイがブラウン管だった時代、画面の焼き付きを防ぐために開発された機能になります。

スクリーンセーバーを解除することで得られるメリットは、以下になります。

  1. ノートパソコンではバッテリーの持ちがよくなる
  2. パソコンが軽くなる事がある(低スペックのパソコンのみ)

ここではこのスクリーンセーバーの解除について案内していきます。

操作手順

では「Windows8/8.1 スクリーンセーバーを解除する方法」の操作手順に入りたいと思います。

1.左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②コントローパネル」を左クリックします。

1.左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②コントローパネル」を左クリックします。

 

2.右上にある表示方法が「①カテゴリ」になっていることを確認「②デスクトップのカスタマイズ」を左クリックします。

2.右上にある表示方法が「①カテゴリ」になっていることを確認→「②デスクトップのカスタマイズ」を左クリックします。

 

3.「スクリーンセーバーの変更」を左クリックします。

3.「スクリーンセーバーの変更」を左クリックします。

 

4.表示されている「①文字」を左クリック→項目の一覧が表示されるので「②なし」を左クリックします。

4.表示されている「①文字」を左クリック→項目の一覧が表示されるので「②なし」を左クリックします。

 

5.文字が「①なし」になった事を確認「②OK」ボタンを左クリックして完了です。

5.文字が「①なし」になった事を確認→「②OK」ボタンを左クリックして完了です。

数分待ってみて、スクリーンセーバーが起動してこないことを確認してください。スクリーンセーバーが起動してしまう場合は、パソコンを再起動してみてください。

「Windows8/8.1 スクリーンセーバーを解除する方法」について以上になります。

参考になれば幸いです^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 ファイルシステムの確認方法

    HDD・SSD・USBメモリーを使用する際に、フォーマットをした後に、…

  2. Windows7

    Windows7 デスクトップアイコンを非表示にする方法

    この記事ではWindows7のパソコンで、デスクトップアイコンを非表示…

  3. Windows10

    Windows10 タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

    この記事では、Windows10のパソコンでタスクバーを隠す方法と、小…

  4. Windows10

    Windows10 タスクスケジューラの3つの起動方法

    Windows10のパソコンで、タスクスケジューラの3つの起動方法を案…

  5. Windows7

    Windows7 現在ログインしているユーザー名と管理者なのかどうか確認する

    Windows7のパソコンで、現在ログインしているユーザー名(アカウン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP