Windows10 位置情報をオン/オフに設定しちゃう

Windows10のパソコンで、位置情報をオンまたはオフに設定する方法を案内しちゃいます。位置情報に関連するアプリを使用していない場合は、オフにしちゃいましょう。理由は記事内で説明しています。

 以下の方を対象としております
・位置情報のオンとオフの設定方法を知りたい
・位置情報の詳細設定がよくわからない

対象OSWindows10

※Windows Updateの最新の更新プログラムにより内容が変更する事がありますが、その際はご了承ください。

操作案内の前に伝えておきたいこと

Windows10のパソコンに標準搭載されている位置情報。この位置情報でよく言われる個人情報の漏洩ですが、個人情報の漏洩を気にしている方はオフにしましょう。

しかし、アプリによっては、位置情報をオンにする事で様々な支援が受けられる場合があり、例えば「天気アプリ」や「マップ」を使用したいのであれば位置情報をオンにして取得する必要があります。

ここでは「1.位置情報のオン/オフの設定」と「2.位置情報の詳細設定について」の2つに分けて案内していきます。

Windows10 位置情報をオン/オフに設定しちゃう操作手順

では操作手順に入りたいと思います。「Windowsの設定」から開きます。

1.位置情報のオン/オフの設定
2.位置情報の詳細設定について

1.位置情報のオン/オフの設定

1.左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②設定」のアイコンを左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②設定」のアイコンを左クリックします。

 

2.「Windowsの設定」が起動したら、「下にスクロール」していきます。

「Windowsの設定」が起動したら、「下にスクロール」していきます。

 

3.「プライバシー」を左クリックします。

「プライバシー」を左クリックします。

 

4.左の項目にある「位置情報」を左クリックします。

左の項目にある「位置情報」を左クリックします。

 

5.「このデバイスの位置情報はオンになっています」と表示されている場合は、オンになっています。「このデバイスの位置情報はオフになっています」と表示されている場合は、オフになっています。

【オンの状態】
このデバイスの位置情報はオンになっていますの画面

【オフの状態】
このデバイスの位置情報はオフになっていますの画面

 

6.位置情報のオン/オフの切り替え設定は「変更」を左クリックします。

位置情報のオン/オフの切り替え設定は「変更」を左クリックします。

 

7.ポップアップ画面が開き「このデバイスの位置情報へのアクセス」の下にある「ボタン」を左クリックして切り替えます。

ップアップ画面が開き「このデバイスの位置情報へのアクセス」の下にある「ボタン」を左クリックして切り替えます。

 

8.「何処でもいいので一度、左クリック」してポップアップの画面を閉じます

「何処でもいいので一度、左クリック」してポップアップの画面を閉じます。

位置情報のオン/オフの切り替え設定は、以上になります。ここからは、その他の詳細設定について説明していきます。

 

2.位置情報の詳細設定について

ここからは位置情報の以下の5つの項目の詳細設定について、1つ1つかみ砕いて初心者の方にも伝わるように説明していきます。

①アプリが位置情報にアクセスできるようにする
②既定の場所
③場所の履歴
④詳しい位置情報にアクセスできるアプリを選ぶ
➄ジオフェンス

①アプリが位置情報にアクセスできるようにする

①アプリが位置情報にアクセスできるようにする

長々と書かれていますが、要約すると例えば「天気のアプリ」を使用する際に、自分の住んでいる場所の天気情報を取得したいのであれば、この位置情報の全体的な設定を「オン」にして、各アプリに対しても「オン」にする必要があります。

ここでの各アプリに関しての説明の詳細は省きますが、「天気のアプリ」を例に簡単に説明していきます。

1.「オン」になっている事を確認します。

「オン」になっている事を確認します。

 

2.下にスクロールしていくと「詳しい位置情報にアクセスできるアプリを選ぶ」の項目が表示されるので、天気の「ボタン」を左クリックして「オン」にします

下にスクロールしていくと「詳しい位置情報にアクセスできるアプリを選ぶ」の項目が表示されるので、天気の「ボタン」を左クリックして「オン」にします。

 

3.これで「天気のアプリ」を開き、設定から「常に現在地を検出する」にチェックを入れると、現在地の天気用の情報が表示されます。

これで「天気のアプリ」を開き、設定から「常に現在地を検出する」にチェックを入れると、現在地の天気用の情報が表示されます。

 

②既定の場所

②既定の場所

インターネットが繋がらなかったりする場合、既定の位置を設定しておくことで、パソコンやアプリなどは指定した場所(住所)からサービスを提供します。

1.「既定値に設定」を左クリックすると、「マップのアプリ」が起動します。

「既定値に設定」を左クリックすると、「マップのアプリ」が起動します。

 

2.ここで「既定の位置の設定」を左クリックする事で、場所を指定する事ができます。

ここで「既定の位置の設定」を左クリックする事で、場所を指定する事ができます。

 

③場所の履歴

③場所の履歴

例えば「天気アプリ」で言えば、インターネットが繋がらなかったとしても、今までの位置情報の履歴からパソコンが推測してその場所の天気予報を伝えてくれます。

アプリの位置情報がうまく動作しなかったりする場合は、「クリア」を左クリックして履歴をクリアしてみましょう。Webブラウザーで言えば履歴の削除と一緒です。

アプリの位置情報がうまく動作しなかったりする場合は、「クリア」を左クリックして履歴をクリアしてみましょう。Webブラウザーで言えば履歴の削除と一緒です。

 

④詳しい位置情報にアクセスできるアプリを選ぶ

④詳しい位置情報にアクセスできるアプリを選ぶ

位置情報がオンになっている場合は、アプリごとの位置情報を選ぶ事ができます。

逆を言えばアプリのために位置情報をオンにした場合は、こちらのアプリもオンにする必要があります。

位置情報をオンにしたいアプリの「ボタン」を左クリックする事により、オン/オフの設定を行えます。

位置情報をオンにしたいアプリの「ボタン」を左クリックする事により、オン/オフの設定を行えます。

 

➄ジオフェンス

➄ジオフェンス

ジオフェンスとは、例えば行きつけの美容室に行くときに、その美容室だったり周りにある美容関係の情報(クーポンやセール情報など)をパソコンに送ってくれる機能です。

現在は、ほとんどのアプリは対応しておらず、どちらかと言うとGPSが搭載されているスマートフォンに適している機能になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的な考えとして、冒頭でもお伝えしましたが、アプリで位置情報が必要ない場合は個人情報の漏洩を防ぐため「オフ」にして、必要であれば「オン」にしちゃいましょう。

以上になります。

おつかれちゃんでした^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows10 ブルーライトをカットする夜間モードのオン/オフの設定前のページ

Windows10 天気アプリで地域の変更を設定しちゃう次のページ

関連記事

  1. Windows標準搭載ツール

    Windows タスクスケジューラの起動方法

    Windows7、Windows8/8.1、Windows10のパソコ…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows タスクバーを好みの色に変更する方法

    この記事では、Windows7、Windows8/8.1、Window…

  3. Windows10

    Windows10 ローカルアカウントのパスワードの設定および変更する

    この記事では、Windows10のパソコンで「1.パスワードが既に設定…

  4. Windows7

    Windows7 デスクトップにショートカットアイコンを作成する

    この記事では、Windows7のパソコンでデスクトップにショートカット…

  5. Windows10

    Windows10 拡張子を非表示にする方法

    Windows10のパソコンで、拡張子を非表示にする方法を案内しており…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP