Windows10 スクリーンセーバーのショートカットを作成する方法

Windows10のパソコンで、スクリーンセーバーのショートカットを作成する方法を案内しています。パソコンを離席する時や、スクリーンセーバーをすぐに楽しんだり確認する時など便利です。そして、作成したショートカットにショートカットキーを割り当てる方法も案内しています。

 以下の方を対象としております
・すぐにスクリーンセーバーを起動したい

対象OSWindows10

※Windows Updateの最新の更新プログラムにより内容が変更する事がありますが、その際はご了承ください。

操作案内の前に伝えておきたいこと

スクリーンセーバーを起動する条件は、スクリーンセーバーを有効にして、設定した時間が来た時に起動します。

スクリーンセーバーの時間

人によっては離席をしたり、すぐにスクリーンセーバーを確認したい場合などに、すぐにスクリーンセーバーを起動したい方もいるかと思います。

そういった場合は、スクリーンセーバーのショートカットをデスクトップに作成して、ダブルクリックすればすぐにスクリーンセーバーを起動する事が出来ます。

スクリーンセーバーのショートカットキー

ここではこのショートカットアイコンの作成と、キーボードでスクリーンセーバーを起動するショートカットキーを作成する方法を案内していきます。

Windows10 スクリーンセーバーのショートカットを作成する方法の操作手順

では操作手順に入りたいと思います。

1.スクリーンセーバーのファイルを探す
2.ショートカットアイコンを作成する
3.ショートカットキーを割り当てる

1.スクリーンセーバーのファイルを探す

まずは、スクリーンセーバーのファイルをエクスプローラーから探します。

1.「エクスプローラー」をクリックします。

1.「エクスプローラー」をクリックします。

 

2.ここから「C:\Windows\System32」の中にある「.scr」形式のファイルを探します。

まずは下記のパスをコピーします。

C:\Windows\System32

次にコピーしたパスを、エクスプローラーに貼り付けをしてキーボードの「Enterキー」を押します。

2.次にコピーしたパスを、エクスプローラーに貼り付けをしてキーボードの「Enterキー」を押します。

 

3.次に「System32」の中から「.scr」ファイルを探します。

下記の文字をコピーします。

*.scr

コピーした文字を、右上にある「検索窓」に貼り付けてキーボードの「Enterキー」を押します。

※少し時間が掛かる場合もあるので待ちます。

3.コピーした文字を、右上にある「検索窓」に貼り付けてキーボードの「Enterキー」を押します。

 

4.検索が終了すると、下にスクリーンセーバーのファイルが表示されます。

4.検索が終了すると、下にスクリーンセーバーのファイルが表示されます。

スクリーンセーバーの種類はWindows標準のものでは全部で6つあり、スクリーンセーバーの設定にあるものと一緒です。

ここからスクリーンセーバーの種類について紹介していきます。

左の文字がスクリーンセーバーを設定する時の名前で、カッコ内はアルファベットである先ほど検索したものになります。設定したいスクリーンセーバーを確認してください。

3Dテキスト(ssText3d)

テキストを表示する事が出来ます。設定では時計も表示できます。

テキストから時計に変更するにはスクリーンセーバーの設定から行えます。

「Windows10 スクリーンセーバーを時計表示に設定する方法」

 

バブル(Bubbles)

泡が縦横無尽に駆け巡ります。

バブルだけの話になりますが、先ほど検索したファイルを開いたり、ショートカットアイコンから開くと、背景が黒くならず何故かデスクトップ上にバブルが表示されます。他のパソコンでも試してみましたが仕様の様です。

よって、離席の際に人に画面を見られたくない場合は、バブルの選択はやめておいた方がいいかと思います。

 

ブランク(scmsave)

真っ黒な画面になり何も表示されません。

 

ラインアウト(Mystify)

ラインを描いて近代的な未来を演出させます。

 

リボン(Ribbons)

ラインアウトと似ており、近代的な未来を演出させます。

 

写真(PhotoScreensaver)

指定したフォルダーの中にある画像や写真を表示させます。

画像や写真を表示させたい場合は、下記の記事を参照してください。

「Windows10 スクリーンセーバーで写真や画像のスライドショーを設定する方法」

 

2.ショートカットアイコンを作成する

スクリーンセーバーの種類が決まれば、次はショートカットアイコンを作成します。

1.作成したい「①スクリーンセーバー」を右クリック「②ショートカットの作成」を左クリックします。

1.作成したい「①スクリーンセーバー」を右クリック→「②ショートカットの作成」を左クリックします。

 

2.「ここにショートカットを作成することはできません。デスクトップ上に作成しますか?」とメッセージが流れるので「はい」をクリックします。

2.「ここにショートカットを作成することはできません。デスクトップ上に作成しますか?」とメッセージが流れるので「はい」をクリックします。

 

3.するとショートカットアイコンがデスクトップに作成する事が出来たので、ショートカットアイコンをダブルクリックするとスクリーンセーバーが起動します。

3.するとショートカットアイコンがデスクトップに作成する事が出来たので、ショートカットアイコンをダブルクリックするとスクリーンセーバーが起動します。

 

3.ショートカットキーを割り当てる

デスクトップにある「ショートカットアイコン」ではなく、キーボードで操作できる「ショートカットキー」でスクリーンセーバーを起動したい方もいるかと思います。ちなみにショートカットアイコンはスタートメニューやタスクバーに置くことはできません。

実際に行ってみましょう。

1.デスクトップに作成した「①ショートカットアイコン」を右クリック「②プロパティ」を左クリックします。

1.デスクトップに作成した「①ショートカットアイコン」を右クリック→「②プロパティ」を左クリックします。

 

2.「ショートカットキー」の「なし」と書いてる場所に、割り当てたいショートカットキーを入力します。

2.「ショートカットキー」の「なし」と書いてる場所に、割り当てたいショートカットキーを入力します。

 

3.おすすめのショートカットキーですが、Windowsの初期設定だと「Windowsロゴ」を押しながら「L」を押すとパソコンのロック画面に行きます。

この似たようなショートカットキーを割り当てる方が覚えやすいかと思うので、おすすめは「Ctrl」+「Alt」+「L」になります。

3.おすすめは「Ctrl」+「Alt」+「L」になります。

 

4.実際に入力してみましょう。

「ショートカットキー」の「なし」の部分を一度クリックします。

4.「ショートカットキー」の「なし」の部分を一度クリックします。

 

4.次にキーボードの「L」を押すと、下図のように「①Ctrl+Alt+L」と表示されるので、最後に「②適用」ボタンまたは「②OKボタン」をクリックして、スクリーンセーバーのショートカットキーを割り当てる方法は完了です。

4.次にキーボードの「L」を押すと、下図のように「①Ctrl+Alt+L」と表示されるので、最後に「②適用」ボタンまたは「②OKボタン」をクリック

ショートカットアイコンを削除するとショートカットキーも削除される?
はい。ショートカットのアイコンを削除すると割り当てたショートカットキー「Ctrl+Alt+L」も削除されます。よって、ショートカットアイコンを削除するとショートカットキーは機能しなくなります。

以上になります。お疲れ様でした!

関連記事

「Windows10 スクリーンセーバーをオン・オフに設定する」

「Windows10 スクリーンセーバーで写真や画像のスライドショーを設定する方法」

 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows10 スクリーンセーバーをオン・オフに設定する前のページ

Windows10 スクリーンセーバーを時計表示に設定する方法次のページ

関連記事

  1. Windows10

    超簡単!Windows10 タスクバーの位置を移動・固定する

    この記事では、Windows10のパソコンで誤ってタスクバーの位置を移…

  2. Windows10

    Windows10 最近使ったもの(ジャンプリスト)を非表示に設定する

    Windows10のパソコンで、タスクバーやスタートメニューのアイコン…

  3. Windows10

    Windows10 メールアプリで受信したメールを削除する方法

    Windows10のパソコンに標準搭載されている「メールアプリ」で、受…

  4. Windows標準搭載ツール

    Windows コマンドプロンプトの起動方法

    この記事は「コマンドプロンプトの起動方法」についてWindows7、W…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP