Windows8/8.1 パソコン起動後に表示される拡大鏡を解除(オフ)する

Windows8.8.1のパソコンを起動すると、勝手に起動してくる拡大鏡を起動しないように解除する方法を案内しております。拡大鏡を解除するには、「コントロールパネル」から行うことができます。

 以下の方を対象としております
・パソコンの電源を入れると、拡大鏡のパネルがデスクトップに常に表示されて邪魔なので解除したい。

対象OSWindows8/8.1

スポンサーリンク

操作の案内の前に伝えておきたいこと

拡大鏡は小さい文字が見づらい時に、文字を拡大することで見えやすくすることができるWindowsのパソコンに標準で付いている機能です。

Windows8/8.1では拡大鏡の操作パネルが表示された後に、一定の時間が経つと虫眼鏡になります。

【拡大鏡の操作パネル】
Windows8/8.1 拡大鏡の操作パネル

【拡大鏡の虫眼鏡】
Windows8/8.1 拡大鏡の虫眼鏡

ここではこの「拡大鏡のパネル」または「虫眼鏡」を無効にする方法を案内していきます。

スポンサーリンク

操作手順

では「Windows8/8.1 パソコン起動後に表示される拡大鏡を解除(オフ)する」方法の操作手順に入りたいと思います。

・左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②コントロールパネル」を左クリックします。

左下にある「①スタート」ボタンを左クリック→「②コントロールパネル」を左クリックします。

 

・右上にある表示方法が「①カテゴリ」になっていることを確認「②視覚ディスプレイの最適化」を左クリックします。

右上にある表示方法が「①カテゴリ」になっていることを確認→「②視覚ディスプレイの最適化」を左クリックします。

 

・下にスクロールしていくと「①拡大鏡を有効にします」という項目があるので、左クリックでチェックを外す「②OK」ボタンを左クリックして完了です。

下にスクロールしていくと「①拡大鏡を有効にします」という項目があるので、左クリックでチェックを外す→「②OK」ボタンを左クリックして完了です。

 

パソコンを再起動して拡大鏡が無効になったかどうか確認してみましょう。

「Windows8/8.1 パソコン起動後に表示される拡大鏡を解除(オフ)する」方法については以上になります。

参考になればよかでーす^^


スポンサーリンク
 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows パソコン起動後に拡大鏡を常に起動するように設定する前のページ

Windows10 タスクバーの設定とカスタマイズ方法次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 ディスプレイ(画面)の解像度を変更する

    この記事では、Windows7のパソコンでディスプレイ(画面)の解像度…

  2. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする

    この記事では、Windows8/8.1のパソコンで、スタートアップ(自…

  3. Windows8/8.1

    Windows8/8.1 消えたタスクバーをサクッと元に戻す方法

    この記事ではWindows8/8.1のパソコンで消えたタスクバーをサク…

  4. Windows7

    Windows7 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

    この記事では、Windows7のパソコンで特定のフォルダーをタスクバー…

  5. Windows10

    Windows10 メールアプリでiCloudアカウントが最新ではありませんと表示された場合

    Windows10のパソコンで、標準メールアプリにiCloudの設定を…

  6. Windows10

    Windows10 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

    この記事では、Windows10のパソコンで特定のフォルダーをタスクバ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク

カテゴリー

PAGE TOP