Windows7 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法

この記事では、Windows7のパソコンで特定のフォルダーをタスクバーに追加する案内をしております。

対象OSWindows7


この記事で得られること

Windows7のパソコンでタスクバーによく使うフォルダーを追加する事により、1クリックでフォルダーを開けるため操作が楽になる。

 

 

※この記事では「フォルダー」をタスクバーに追加する方法の記事のため、「アプリ」の追加については案内しておりません。アプリをタスクバーに追加する方法を知りたい方は、下記をクリックしてください。

「Windows7 タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する」

 

操作案内の前に伝えておきたいこと

フォルダーをタスクバーに追加する場合は、アイコン(アプリ)を追加する方法では追加することが出来ません。

フォルダーを直接タスクバーに持っていこうとすると、下図のように「エクスプローラーに表示する」と表示されてしまい、タスクバーに追加されずエクスプローラーに追加されてしまいます。

タスクバーにアイコンを追加しようとするとエクスプローラーに保存されてしまう。

 

フォルダーはタスクバーに追加されず、タスクバーにあるエクスプローラーに追加されてしまうため、「①エクスプローラーを右クリック」「②特定のフォルダを左クリック」という手順を踏まなければなりません。

2クリックが必要となってきます。

「①エクスプローラーを右クリック」→「②特定のフォルダを左クリック」の2クリック必要となってくる。

 

ただし、フォルダーをエクスプローラーに保存するのはアイコン1つ分を節約できるので、タスクバーを整理したい時は便利です。

特にタブレットやノートパソコンを使用している方は良いと思います。

 

繰り返しになりますが、フォルダーをタスクバーに追加したい場合はフォルダーのアイコンをそのままタスクバーに持っていけば追加する事ができます。

 

では案内に入りたいと思います。

 

操作手順

「Windows7 よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法」の操作手順になります。

ここではデスクトップにある「A」というフォルダーをタスクバーに追加してみたいと思います。

 

「フォルダーを右クリック」

フォルダーを右クリック。

 

「ショートカットの作成」を左クリック

項目が出てくるので「ショートカットの作成」を左クリック。

 

「作成されたショートカットのアイコンを右クリック」

作成されたショートカットのアイコンを右クリック。

 

「プロパティ」を左クリック。

項目の中から「プロパティ」を左クリック。

 

・左上のタブが「ショートカット」になっている事を確認し「リンク先の名前を変更」します。

左上のタブが「ショートカット」になっている事を確認し「リンク先の名前を変更」する。

 

・リンク先の名前が「C\Users\All\Desktop\A」となっているので「C」の前に「explorer.exe」を追加し「explorer.exe C\Users\All\Desktop\A」と入力します。

※「explorer.exe」と「C」の間には必ず半角スペースを入力してください。

「explorer.exe」を追加し「explorer.exe C\Users\All\Desktop\A」と入力する。「explorer.exe」と「C」の間は必ず半角スペースを入れる。

 

・入力し終えたら右下にある「適用」ボタンを左クリック。

右下にある「適用」ボタンを左クリック。

 

・ショートカットのアイコンが変更されたか確認してみましょう。

変更前

ショートカットのアイコンの変更前

変更後

ショートカットのアイコンの変更後

 

「変更されたショートカットのアイコンを左クリック長押しで掴みます」(掴んだ際は手のひらのアイコンは表示されません)。

変更されたショートカットのアイコンを左クリック長押しで掴む。

 

・何もない所のタスクバーまで持って行き「タスクバーに表示する」が表示されたらマウスから手を離します

何もない所のタスクバーまで持って行き「タスクバーに表示する」が表示されたらマウスから手を離す。

 

・タスクバーにフォルダーのアイコンを追加する事が出来ました。

タスクバーにフォルダーのアイコンが追加された事を確認。

 

最後にタスクバーに追加したフォルダー(アイコン)を移動する方法と、削除する方法を案内していきます。

 

フォルダー(アイコン)を移動する方法

「フォルダーを左クリック長押しで掴みます」

フォルダーを移動するため左クリック長押しでフォルダーを掴む。

 

「左クリック長押ししたまま、移動したい場所までフォルダーを持って行きます」

左クリック長押ししたまま、移動したい場所までフォルダーを持って行く。

 

・移動したい場所まで持って行き「マウスから手を離せば」移動完了です。

移動した場所まで持って行きマウスから手を離す。

 

 

アイコン(フォルダー)を削除する方法

「削除したいフォルダーを右クリック」

削除したいフォルダーを右クリック。

 

「タスクバーにこのプログラムを表示しない」を左クリック。

項目の中から「タスクバーにこのプログラムを表示しない」を左クリック。

 

・フォルダーを削除する事が出来ました。

フォルダーのアイコンが削除された事を確認。

 

 

「Windows7 特定のフォルダー(ショートカット)をタスクバーに追加する方法」については以上になります。

今日も明日もあなたにとって良き1日でありますように^^


 
関連記事(スポンサー含む)
 
  • コメント: 0

Windows タスクバーにアイコンを追加して1クリックでアプリを起動する・削除する前のページ

Windows よく使うフォルダーをタスクバーに追加する方法次のページ

関連記事

  1. Windows7

    Windows7 デスクトップアイコンを表示する方法

    Windows7のパソコンで、デスクトップにアイコンを表示する方法を案…

  2. Windows7

    Windows7 スタートアップにあるアプリを停止(無効)にする

    この記事では、Windows7のパソコンで、スタートアップ(自動起動)…

  3. Windows10

    Windows10 USBメモリをフォーマットをして使用できるようにする

    この記事では、Windows10のパソコンで、USBメモリをフォーマッ…

  4. Windows7

    Windows7 コントロールパネルの開き方 3つの方法

    Windows7のパソコンで、コントロールパネルの開き方について案内し…

  5. Windows標準搭載ツール

    仮想ドライブとは?13インチ以下のノートパソコンには必見!

    仮想ドライブとはドライブを仮想化する事を言います。仮想化と聞く…

  6. Windows標準搭載ツール

    フォーマットをする意味とは?

    USBメモリーやHDD・SSDなどの記憶装置をパソコンに初めて接続した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP