Windows10 タスクバーを隠す方法と幅を小さくする方法

この記事では、Windows10のパソコンでタスクバーを隠す方法と、小さくする方法について案内しております。

対象OSWindows10


 

この記事で得られること
  1. Windows10のパソコンでタスクバーを隠すことが出来る。
  2. Windows10のパソコンでタスクバー事態を小さくすることが出来る。

 

案内に入る前に伝えておきたいこと

設定の案内に入る前に、タスクバーを隠している状態と小さくした状態のデスクトップの画面をお見せします。

 

 

タスクバーを表示している時とタスクバーを隠した時の比較

タスクバーを隠すことにより、デスクトップの画面が全画面で表示されるため、広い画面で使いたい方などには最適です。

 

タスクバーを表示している場合

タスクバーを表示している場合

 

タスクバーを隠している場合

タスクバーを隠している場合

 

 

タスクバーを小さくしたときのデスクトップの画面

タスクバーは隠さずに画面を広げたい方は、タスクバーを小さくする事により、若干画面を広げることが出来ます。

 

通常のタスクバーのサイズと小さくしたときのサイズの比較

通常のタスクバーのサイズと小さくしたときのサイズの比較

※左が通常で右が小さくしたときになります。

 

では設定の案内に入ります。

 

Windows10 タスクバーを隠す方法

 

・カーソルをタスクバーに持っていきます。

カーソルをタスクバーに持っていく

 

「タスクバー上で右クリック」します。

タスクバーの上で右クリック

 

・項目の一覧が出てくるので「タスクバーの設定」を左クリック。

項目の中から「タスクバーの設定」を左クリック

 

「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」「オフ」になっているので、左クリック長押しで「オン」にします。

「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」を左クリック長押しでオンにする

 

「オン」になったことを確認。

「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」がオンになった事を確認

 

・デスクトップ画面に戻り、タスクバーが隠れているかカーソルを動かして確認してみましょう。

タスクバーが隠れている状態

 

これでタスクバーを隠す設定は終わりです。

次は、タスクバーを小さくする方法の案内に入ります。

 

Windows10 タスクバーを小さくする方法

 

・先程と同じように「タスクバーの設定」画面を開きます。カーソルをタスクバーまで持っていきます。

既に、設定の画面を開いている方はこちらをクリックしてください(記事内にジャンプします)。

カーソルをタスクバーに持っていく

 

「タスクバー上で右クリック」します。

タスクバーの上で右クリック

 

・一覧が出てくるので「タスクバーの設定」を左クリック。

タスクバーの設定を左クリック

 

「小さいタスクバーボタン」「オフ」になっているので、これを左クリック長押しで「オン」にします。

「小さいタスクバーボタン」をオンにする

 

「オン」になった事を確認。

「小さいタスクバーボタン」がオンになった事を確認

 

・これでタスクバーを小さくすることが出来ました。

タスクバーが小さくなったことを確認

 

ちなみに、タスクバーを隠す方法と小さくする方法の2種類を組み合わせて、「タスクバーを隠しながらも小さくする」事もできます。

「Windows10 タスクバーを隠す方法と小さくする方法」については以上になります。

参考になれば幸いです。


スポンサーリンク
関連記事(スポンサー含む)
  • コメント: 0
スポンサー

関連記事

  1. タスクマネージャー

    Windows10 タスクマネージャーの起動方法

    この記事ではWindows10のパソコンでの「タスクマネージャーの起動…

  2. Windows標準搭載ツール

    Windows インストールしているアプリケーションの一覧を確認する

    この記事では、ごみ箱やコンピューターのアイコンが消えた時の対処方法の案…

  3. レジストリ

    超簡単!レジストリのバックアップと復元方法

    Windows標準搭載されている「レジストエディター」というツールを使…

  4. Windows標準搭載ツール

    シャットダウンと休止状態とスタンバイ(スリープ)状態の違いとメリットデメリット

    この記事ではWindowsのパソコンで、シャットダウンと休止状態とスタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサー

カテゴリー

PAGE TOP